スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The London Howlin' Wolf Sessions - Deluxe Edition ('03)

The London Howlin' Wolf Sesions

これは、以前 melonpan さんに教えていただき購入した、ハウリン・ウルフの『ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッションズ~デラックス・エディション』 Disc1 に1971年リリースの Original Mix が、その Alternate Mix が Disc2 に収録された2枚組 CD です。

「ロック好きの行き着く先は…」のフレさんが ここで 取り上げられていたのを拝見し、紹介漏れしていたことに気がつきました。

ライナーによると、ハウリン・ウルフは「イギリスの若僧にまともなブルースの演奏なんてできるはずがない」と思っていたようですが、逆にイギリス勢は、ハウリンがロンドンにやってきたっ … と大騒ぎ。スタジオには下記メンバーの他、ミック・ジャガーやリンゴ・スター以外のビートルズのメンバー、アラン・ホワイトなども顔を出すほどだったとか。

それでも当初、ハウリンは不機嫌そうで、体調の方もトイレで倒れるほど思わしくなかったのですが、徐々にメンバーと打ち解けて(Disc1 の「The Red Rooster」、Disc2 の「Who's Been Talking?」では、ハウリンからギターやリズムについて教えを乞いながら、それを必至に習得しようとするメンバーの様子が録音されています)セッションを終えると充実感に浸っていたようです。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Freddie King / Getting Ready... ('71)

Getting Ready...

フレディ・キング 『ゲッティング・レディ』

フレディの曲は断片的には聴いていたのですが、アルバム単位でまとめて聴いたことが無く「そろそろ…」と思い物色していたら、エリック・クラプトン関連で馴染みのある曲が含まれたこのアルバムを見つけ、昨年だったか... 入手しました。

開けてみて吃驚。参加ミュージシャンに、レオン・ラッセル、ドナルド"ダック"ダン、ドン・プレストンなど。プロデューサーとしてレオンとドン・ニックスが。さらにドンは「Same Old Blues」「Going Down」「Living On The Highway」(レオンとの共作)「Palace Of The King」(レオン&"ダック"ダンとの共作)と4曲も楽曲提供。

恐るべしスワンプ・ファミリー。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。