スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Live】 Nikolai Aleksandrovich Tokarev

Nikolai Aleksandrovich Tokarev
日付:2007年7月2日
場所:東京オペラシティ コンサートホール (渋谷区初台)

ミシェル・カミロを一緒に見に行った友人から「このピアニストも素晴らしいから」と誘われたものの「クラシックかよ...」と、さすがにためらいながら【チケット申し込みページ】を眺めてみると、今回の主役:ニコライ・トカレフは、どうやらロシアの若き天才ピアニストと呼ばれているらしいことがわかりました。

初めは気乗りしなかったものの、演奏曲目の中に【ここで】も書いたとおり、僕の好きなムソグルスキー「禿山の一夜」が入っている。料金もロックや Blue Note に比べたら格安だ。向学のために見に行ってみるか … と、お誘いに乗りました。

ちなみに、その友人。幼少から高校までの間、先生について基礎からみっちり猛特訓をした … というわりに、ピアノの展示コーナーなどで「ちょっと弾いてみな」と言っても「もう指が動かない」とかなんとか口実をつけて、絶対に僕の見ている前では弾いたことがありません。それで僕は、その友人のことを "エセ・ピアノ師" と呼んでいます。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

【Live】 Michel Camilo ”Sprit Of The Moment" with Charles Flores and Dafnis Prieto

Michel Camilo
日付:2007年6月29日 2nd show
場所:Blue Note TOKYO

昨年、車の中に流す BGM として、ジャズ・ピアノを好んで聴いていた時期があり、そんな僕に「こんなの聴いてみる?」と友人が貸してくれた CD が、ミシェル・カミロ 『ミシェル・カミロ』('88)でした。
Michel Camilo

いつものように、カー・オーディオにセットして車を走らせ始めると、パーカッシヴでアタックの強いタッチ... アクセントの利いたフレーズ... ラテン風味のリズミカルなプレイ... に、耳をとられてしまい、BGM どころではなく、真正面に向かって真剣に聴く羽目になってしまいました。

プロフィールを調べてみると、ドミニカ出身のピアニストなんだとか。この世に生まれた瞬間から体に宿している感覚自体に違いがあるんだろうな … などと感心しつつ、これは生演奏を体験してみたいと思っていたら、タイミング良く来日が決定。CD を貸してくれた友人と連れだって、昨日行って参りました Blue Note Tokyo。

Blue Note のアーティスト紹介ページは【こちら】

続きを読む

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

【Live】 Fourplay

日付:2007年1月13日 1st show / 場所:Blue Note TOKYO

Blue Note TOKYO の Fourplay 紹介ページ

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

【Live】 Eric Clapton 2006

日付:2006年11月23日 / 場所:日本武道館





■ 過去のライヴ情報
【1981年】【1985年】【1987年】【1988年】【1990年】【1991年】【1993年】【1995年】【1997年】【1999年】【2001年】【2003年】

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

【Live】 UDO MUSIC FESTIVAL 2006 @ Fuji Speedway

UDO MUSIC FESTIVAL 2006

もう1ヶ月が経ってしまいました... 今さらですが 7月22日(土) 富士スピードウェイで行われた UDO MUSIC FESTIVAL 2006 の模様を。

当日は 4つのステージに分かれ、計30のミュージシャン達が出演するという構成でした。(タイム・テーブルの詳細は こちら

会場へ向かう途中のバイパスで事故渋滞にはまってしまい、バディ・ガイの公演開始時間には間に合わず。会場に着いた途端、遠くから聞こえてきたバディの唸り声と、ぐいぐいっとチョーキングするギターの音色に歩を進めるピッチを上げましたが、ステージが見えてきたとき、すでにバディの姿は見えず... ラスト・ナンバーが終わったばかりでした。生のブルースには触れたことがなかったので、この機会に … と楽しみにしていたのですが残念。

しょうがない、まずは腹ごしらえをしよう … と、出店で食べ物とドリンクを買い込み、ヌーノ・ベッテンコートを遠目に眺めながら食す。この人、エクストリームというバンドのギタリストだそうですが、名前を見るのも聞くのも初めてで、音の方も僕の体には合わず。見ることよりも食べる方に夢中でした。

プリテンダーズの演奏が始まった頃、良いポジションでチャーを見たいね … と、チャーが出演するSQUAREステージへと早めに移動。すると間もなく、ベン・リーの演奏が始まりました。この人も初めての人でしたが、Pop なメロディーに乗せた歌声と folky なサウンドは耳馴染みが良く、なかなか楽しむことができました。家に帰り調べてみたら 1995年にソロ・デビューし、すでに5枚のアルバムを出していたんですね。落ち着いたステージ・パフォーマンスぶりの理由がわかりました。

続きを読む

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

GW with My Old Friends

皆さん、ゴールデン・ウィークはいかがお過ごしでしたか。

僕は大好きな温泉三昧するなど、すっかり連休を満喫しましたが、中でも嬉し楽しかったのは旧友との再会。一緒にビートルズを聴きまくった友人達と、こんなコースで一日を過ごしました。

続きを読む

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

【Event】 The Silver Crickets ~Lost & Found~

23日(日) UPLINK X にて行われた、The Silver Crickets のお二人:天辰保文さんと北中正和さんによる ROCK 談義 ~ Lost & Found ~ を聞きに行ってきました。

ちなみに The Silver Crickets とは … ビートルズの前身:シルヴァー・ビートルズと、バディ・ホリーのバックバンド名:クリケッツをかけあわせたもの … なのだそうです。

今回のテーマは、同会場にて上映中の「いとしのレイラをミックスした男」にちなんで、トム・ダウドが関わったアーティストについて。

お二人がセレクトした曲・映像は下記の通りでした。

続きを読む

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。