スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jesse Davis / same ('70)

Jesse Davis

ジェシ・デイヴィス 1st ソロ・アルバム 『ジェシ・デイヴィスの世界』

これは、ベン・シドラン『夢の世界:Feel Your Groove』 ('71) の記事を書いたとき、[ ホーム&ヒューマン・ナビ ] の white さんから、『夢の世界』にゲスト参加していたジェシとベンとの接点や、逆にベンが『Jesse Davis』に参加していることなど、色々と教えていただいたことをきっかけに、手にすることとなりました。

お好きな皆様は、今さらジェシか … と思われるでしょう。ですが、僕にとっての初ジェシは、この『Jesse Davis』ではなく、ずいぶん前に 3rd『Keep On Comin'』('73)を聴いたことがありました。しかしその時は、ジェシのギター・プレイ云々以前に、ジェシの "ほにゃらか" した歌声に馴染めず、結局手放すことになってしまったのです。

また、ジェシ・プロデュースによる名作3部作と呼ばれた、ジーン・クラーク『Gene Clark』('71)、ロジャー・ティリソン『Roger Tillison's Album』('71)、ジム・パルト『Out The Window』('72)も聴きました。しかしこれらも、ピンと来ず... 濃すぎ... 薄すぎ... と、僕の好みには合わず、全て放出。

時は流れて、マーク・ベノマリア・マルダー、エイモス・ギャレット、ライ・クーダーといった "ほにゃらか" 系シンガーおよびギタリストに馴染み始めた僕は、エリック・クラプトンが参加していることも気になっていたことだし、white さんの強力なお薦めもあったことだし、、今だったら大丈夫だろう … と、意を決し中古ショップへ行けば、これまた好運なことに "J" コーナー には『Jesse Davis』が 2枚並んでおり、安いプライスが付いている方を(この辺りがしょぼい)むんずと手に取り、レジに向かったのでありました。

聴いてみれば、これがバッチリ体に合う。なんでもっと早く聴かなかったのだろう … ではなく、今だからこそ聴いて良かった。ちょっとタイミングがずれて薦められていたなら、もしかすると嫌悪感が湧いてしまったかも知れません。

こうした "縁" と "運" によって、僕の音楽生活は続いていくのです。

white さんの good timing な お薦め。どうも有難うございました。僕の中で、上記の 4人にジェシを加えた "ほにゃらか 5人衆" が結成することと相成りました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Ry Cooder / Boomer's Story ('72)

Boomer's Story

ライ・クーダー 『流れ者の物語』

前作『紫の峡谷』と同年リリースの 3rd アルバム。

全10曲中、クリームが演奏した「I'm So Glad」の作者として知られる、スキップ・ジェイムスの「Cherry Ball Blues」。ブラジル先住民の酋長の息子兄弟だというギター・デュオ:ロス・インディオス・タバハラスの穏やかなラテン・ムード溢れる「Maria Elena」。ダン・ペン/チップ・モーマン作のサザン・ソウル・クラシック「Dark End Of The Street」… と 3曲が歌無しで、多少インスト面に比重がかけられていることが特徴と言えるでしょう。
Fresh Cream ('66) Goodbye Cream ('69) Eric Clapton / Another Ticket Eric Clapton / Money and Cigarettes
また、スキップ・ジェイムスの他、エリック・クラプトンが『Another Ticket』('81)で「Floating Bridge」を、『Money And Cigarettes』('83:これには、ライがゲスト参加)で「Everybody Oughta Make A Change」をカヴァーしたことで知られる(というか、本人バージョンは聴いたことがない...)スリーピー・ジョン・エスティスの作品が2曲、古くからアメリカに伝わるトラディショナル・ソングが3曲取り上げられており、ブルースやルーツ・ミュージックを深掘りすると同時に、それらをライ・クーダーというフィルターを通しながら、現代にも通用する音楽に仕立て上げている点が見逃せないアルバムだと思います。

それでは、早速...

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Ry Cooder / Into The Purple Valley ('72)

Into The Purple Valley

ライ・クーダー 『紫の峡谷』

ライ・クーダーを教えてくれたのは、高校時代の友人 K くん。アメリカ西海岸方面に興味を持っていた僕に「スマートな音楽ばかり聴いてないで、たまにはこういうのも聴けよ。心の肥やしになるぜ」と、ライだけではなく、ウッドストックがあぁだ、ベアズヴィルがこうだ … と宣っていました。そう言えば、エリック・カズを教えてもらったのも K くんからでした。

そんな K くん。ある日のこと突然に「お前ジェイムス・テイラー持ってるか?」というので、いつものお礼代わりにと、僕の好きな曲を集めて編集したカセット・テープを手渡しました。すると K くん「やっぱりメジャーなミュージシャンは違うな。なんたって歌が上手い!でも、上手すぎてつまらない。俺はやっぱりこっちだな」と、またしてもルーツ系の音楽の話をしだす始末。よほど、そっち方面が好きだったのですね。

それで、僕の方はどうかと言えば、ライのギタープレイには大いに興味を持ったのですが、"ほにゃらか"した歌声には、がくんと力が抜けてしまいました。ですが、なるほど K くんにとっては、この"ほにゃらか感"がさぞかし心地良いのだろうな … という点については妙に納得したのです。

そして僕も、ライだの誰だのを聴き進めるうち、いつしか"ほにゃらか"に馴染んでいったのでありました。

今では、年に1回会うか会わないかの間柄になってしまいましたが、素敵な音楽を紹介してくれた K くんには、今でもとても感謝しています。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Roy Buchanan / same ('72)

Roy Buchanan

ロイ・ブキャナン 『ロイ・ブキャナン』

クラプトン、デュエイン、ディッキー、ジミ、ロリーと来てロイ … 僕が聞いた順にポリドール所属のギタリストを並べたらロイは6番目の男。錚々たる面々の中においても、ジェフ・ベック『Blow By Blow』('75)収録「哀しみの恋人達」に dedicated to Roy Buchanan とクレジットされるまでは地味な存在だったかもしれません (その翌年、ロイは『A Street Called Straight』で「My Friend Jeff」と返礼)
Jeff Beck / Blow by Blow

ですが、その異彩の放ちかたはジミヘンと同等かそれ以上のトップ・クラス。ポリドールのカタログにはショッキング・ブルーなんてバンドも載っていましたが、風貌からは全く想像できないロイのデリケートかつアグレッシヴなギター・プレイはショッキング・ブルースでした。

当初、この1stアルバムは日本では発売されず、『Second Album』('73)の方が先に『伝説のギタリスト ロイ・ブキャナン登場』という邦題で発売されました。僕が初めて手にしたロイのアルバムは またその次。ジミヘンに捧げた「Hey Joe」が収録されている『That's What I Am Here For』('74)でしたが、これはいずれまた。

ロイは、ロニー・ホーキンスのバンド:ホークスに短期間在籍していたこともあり、ロイが抜けた後のホークスに加入したのがロビー・ロバートソン。初めてロイの演奏を見たとき「今までで最も驚いた」と感想を漏らしたロビーは、ロイから実際にギターの手ほどきを受けているようなので、ロビーのピッキング・ハーモニクス奏法は、ロイから譲り受けたものなのかもしれません。

また、ロリー・ギャラガーがミック・テイラーの後任としてローリング・ストーンズから誘いを受けていたことは有名ですが、それより以前、ロイはブライアン・ジョーンズの代役として誘われており、同時期にはジョン・レノンもロイに興味を持ち、プラスティック・オノ・バンドの臨時メンバーとして考えていたという話も残っています。ロイがプラスティック・オノ・バンドに加入したら、アバンギャルド性が増して物凄いバンドになっていたかもしれませんね。ヨーコのスクリーミングをロイがバイオリン奏法で煽りまくる … 想像してみるとなかなか面白い図です。
The Plastic Ono Band / Live Peace in Toronto, 1969

一般の音楽ファンには馴染みの薄かったロイ・ブキャナンも、ミュージシャン達の間では徐々にその名が広まり、クラプトンなどはブートも含めてレコードを買いあさっていたとか。

そうこうするうち1971年。ロイはテレビで「世界最高の無名ギタリスト」と紹介され、その翌年 この『Roy Buchanan』でソロ・デビューを飾ったのです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Rory Gallagher / Live In Europe ('72)

Live ! In Europe

ロリー・ギャラガー 『ライヴ・イン・ヨーロッパ』

今となっては昔の話ですが、父親の勤めていた会社がポリドールの株主だったようで、年に数回行われる社販を利用すると、ポリドール配給のレコードを2割引程度で購入することができました。

井上陽水、エリック・クラプトン、オールマン・ブラザーズ・バンド、ジミ・ヘンドリックスなど、音楽を聞き始めた頃に興味を持ったミュージシャン達が たまたまポリドールに所属していたことは、自由に使えるお金の少なかった学生時代にレコードを買い集める上で幸運でしたし、それ以上に、愚息の道楽のために … と、せっせと社販カタログを持ってきてくれた父親には今でもとても感謝しています。

そのあたりを一通り聴き進めた後、カタログを眺めながら次を探していたときに目が止まったのがロリー・ギャラガー。

ロリーがソロ活動を開始する前に在籍していたバンド:テイストが"第2のクリーム"と呼ばれていたとか、何やらの人気投票でギタリスト部門の1位になった(2位がクラプトン)とかの讃辞が並べられていたので、これは聞かなくちゃ … と手にしたのが、この『Live In Europe』だったのです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Dave Mason / Headkeeper ('72)

Headkeeper

デイヴ・メイスン 『ヘッドキーパー』。昨年めでたく『Alone Together』との 2on1 CD という形で発売されました。

リタ・クーリッジと「いとしのレイラ」ピアノ・パートの件で melonpanさんからフォローいただき、レココレ2000年8月号のドミノス特集を読み直していたら、デイヴ・メイスンに関する記事も掲載されており目が止まりました。
『Alone Together』は、クラプトンの1stソロより録音は早かったものの、発売がそれより遅れたため、イギリスでは二番煎じという評価しか得られなかった。さらには『Headkeeper』発売をめぐって、デイヴが当時所属していた Blue Thumb レーベルとの間でいざこざがあった(欄外★)。この2つの出来事が、デイヴのキャリアに傷をつけることになってしまった。
なかなかどうして... うまく行かないときは うまく行かないものです。こうした事も、デイヴに対する評価が今一つ上がらなかった要因なのかしらん。

だけど、それはそれ。過ぎてしまったことに もしもはありませんから、今はこうしてデイヴが残してくれた音源を聞いてきちんと評価しましょう。なんてちょっと大袈裟ですが... 理屈抜きに僕はデイブが大好き。トレンドをキャッチする才能があり、ツボを押さえたギター・プレイだけではなく、ヴォーカリスト、コンポーザーとしても有能な人だと信じている僕としては、今後もデイヴのアルバムをきっちり取り上げていくつもりですっ。

なんだか出だしからまとめに入ってしまいましたが、レコードでは A面がスタジオ録音、B面がライブという構成だった このアルバムの紹介を...

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Al Anderson / same ('72)

Al Anderson

"ビッグ"アル こと、NRBQのギタリスト:アル・アンダーソンのソロ・アルバム『アル・アンダーソン』

アルは、1993年の Musician Magazine 主催「20世紀のギタリストTOP100」に選ばれているそうです。

とは言うものの、他にどんなギタリストが選ばれているかも知りませんし、これがどの程度 名誉あることなのかは良くわかりませんが、確かにそのユニークなギター・プレイは、一度聞けば強く記憶に留まります。僕の好きなギタリストの中から思い浮かべてみると、カントリー・スタイルを基本としながら幅広い素地を持っている、ジェフ・バクスターあたりと近い存在。

そのユニークさはNRBQ『Scraps』('72)の「Scraps」や、このアルバムでは「I Haven't Got The Strength To Carry On」でのスライド・プレイで顕著に表れて、指向する音楽性こそ違いますが、それはスライドを弾くときのジェフ・ベックのフレーズにも良く似ています (逆に、ジェフはカントリー系ギタリストのスライド・プレイを参考にしているのではないか … と思ってみたり)

だからといって、ギンギンに弾きまくるアルをこのアルバムで聞けるわけではなく、ギターは添える程度。アルのソング・ライティングと味わい深い歌声を楽しみたい1枚なのです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。