スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mud Acres / Music Among Friends ('72)



マッド・エイカーズ『ミュージック・アマング・フレンズ』

ハッピー&アーティ・トラウムが、ウッドストックに住むミュージシャン達に声をかけ、彼らと共にトラディショナルなフォーク、カントリー、ブルーグラス、ブルース・ナンバーを気ままに演奏した瞬間を収めた『Music Among Friends』。バンド名は、マッド・エイカーズ(直訳すれば … ぬかるんだ土地)と名付けられました。

これは [ 似顔絵ロック ~ Portrait in Rock ] の yu-shio さんによる 【こちら】 の記事を拝見して思い出した1枚。

よし。これを取り上げよう … と思っていたら、またまた 【yu-shio さんのところ】 で 『小さな町の小さなライブハウスから』という本が紹介されているのに目がとまり、それを見た瞬間そそられ、即購入することと相成りました。

届いた本の頁を丁寧に捲り始めてみると、ウッドストックに3年間、実際に住んでいたという片山 明さんの、ウッドストックの町並み... ウッドストックに関わりの深いミュージシャン達... そして、そこに住む一般の人達やライブハウスを経営する方に対する、愛情に満ち溢れた言葉が懇々と綴られていました。【片山明/小さな町の小さなライブハウスから】これを読みながら『Music Among Friends』を聴いていると、まるで、僕自身もウッドストックの住人の1人であるような気さえしてきて、その町へのつのる想いが一段と強まる結果となりました。

主な登場人物は、ボブ・ディラン、ザ・バンドジョン・セバスチャンマリア・マルダー、ロリー・ブロック等々。彼らへのインタビュー記事を中心に、それにまつわるこぼれ話や、関連ミュージシャンの詳細にまで内容は及んでいるので、読み応え十分。1度ならずとも 2度 3度と読み返したいものです。

さらに、その本からは、ザ・バンドや、エリック・カズボビー・チャールズだけがウッドストックじゃないんだよ … そんなこともを教わり、今さらながらに、そうだったんだよな … と思い知ることとなりました。若かりし頃に聴いてピンと来ず手放してしまった、ハッピー&アーティ・トラウムや、ジョン・ヘラルドのアルバムを、今の心境でもう一度聴き直したくなってきました。

さて。この『Music Among Friends』は、先に述べたように、アーティ・トラウム作の「Mud Acres」を除いて、トラッド・ソングのカヴァーを集めたものです。オリジナルは全く聴いたことの無い曲ばかりですが、そのどれもが、何時聴いても僕の耳には新鮮に飛び込んできます。

それはきっと、ここに参加したミュージシャン達の、先人達に対する敬意と愛情がそうさせたのではないかと思います。1980年代初頭におけるケイト・ウルフのように、1972年という時代に、こうした音楽を演っていた連中が居たということに驚きを隠せません。

Going down to old old woodstock to feel the cool night breeze ... by Van Morrison

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

The Band / Cahoots ('71)

Cahoots

… となると、これも、きちんと記事にしなければ... ザ・バンド 『カフーツ』

『Stage Fright』('70)とともに、何故『Cahoots』を 1970年~1971年通過時点で取り上げなかったのかと問われれば、好きな曲はあるのに『The Band』('69)で感じた "自然さ" が足りなかったから... 人工的なサウンド作りのように感じられてしまったから... その辺りに戸惑いを感じながら、ついつい次へ次へと進んでしまったという訳なのです。

ですが、このアルバムには、ヴァン・モリソンとロビー・ロバートソン共作による、ヴァンとリチャード・マニュエルのデュエット曲「4% Pantomime」が収録されているので、ここでやらなきゃ何時やるんだ … みたいな勢いで、久しぶりで『Cahoots』を聴き込むことにしました。

その「4% Pantomime」では、「Oh, Richard」「Oh, Belfast Cowboy」(ヴァンは、北アイルランドのベルファスト生まれ)と互いを呼び合いながら、どうやら二人はポーカー・ゲームに興じているようです。エンディングでは、片手にウイスキーのボトルを持ち、もう一方の手で互いの肩をがっしり組んで La La La La La La ~♪ と、スキャットしている姿が目に浮かぶようです。

《The Last Walts》を見た感じでは、二人とも同じくらい(少し低め)の身長でしょうか。さぞかし微笑ましいレコーディング風景だったことでしょう。(Richard Manuel died on March 4, 1986 in Winter Park, Florida... R.I.P.)


1曲目「Life Is A Carnival」は、『Rock Of Ages』('72)のライヴ・ヴァージョンの方が体に馴染んでいる分、好きかな。お次は、ボブ・ディランの「傑作をかく時」か … ということで、早速...

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Orleans / Dancin' In The Moonlight ('06)

Dancin' In The Moonlight

オーリアンズ 『ダンシング・イン・ザ・ムーンライト』

【前回】にて 1972年代は一段落。これから 1973年代に移っていきますが、その前に... ここ数ヶ月の間に入手した新譜や、皆様から教えていただき、すっかり僕のお気に入りとなった CD を何枚か取り上げていきたいと思います。

まずは、『Ride』('96)以来 10年ぶりとなるオーリアンズの New CD 『Dancin' In The Moonlight』。これは昨年リリースされたもので、僕が持っている輸入盤よりも収録曲数が2曲多い国内盤は【Dreamsville Records から発売】されました。
Orleans / Ride ('96)
『Dancin' In The Moonlight』を初めて聴いたとき、耳馴染みのある曲が … と思っていたら、やはりそうでした。『Ride』収録曲のリメイクが --- いかにもオーリアンズなハーモニー・ワークと、ジョン・ホールの伸びやかなギター・ソロが聞き物の「Heaven」。見ること聞くことがショッキングなことばかりの現代から逃げ去って、過ぎ去りし良き時代に戻ってみたい … とラリー・ホッペンが語りかける「Yestertime」。アコースティック・サウンドに乗せた、ランス・ホッペンの真摯な歌声が胸に染み入る「In My Dream」。ジョン、ラリー、ランス 3人の歌い回しがスライ風で滅茶格好良いファンク・チューン「Get A Life」(『Ride』には Our mucical inspiration was Tower Of Power … と嬉しいコメントが)。ラリーの朗々とした歌声に聞き惚れる「Love's Not Just For Other People」 --- 5曲収められています。

『Ride』に比べると、丸みのあるサウンドに仕上がっていますが、アレンジはシンプルそのもの。弾力のある演奏ぶりも素晴らしいハーモニーも、昔のまんまそのまんま。『Ride』をお持ちの方は聴き比べを楽しんで... お持ちでない方が初めてそれらの曲を聴いても、きっとご満足いただけることでしょう。

...と言うことで【お気に入りの3曲】は、その5曲以外から...

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Geoff & Maria Muldaur / Sweet Potatoes ('72)

Sweet Potatoes

ジェフ&マリア・マルダー 『スウィート・ポテト』

喉が強そうな人だ … というのが、ジェフ・マルダーの歌声を初めて聴いたときの第一印象。野球の世界では、体全体を使わなくても腕の振りだけで、早く遠くにボールを投げられる人のことを「地肩が強い」なんて表現しますが、ジェフの場合は「地声が強い」とでも申しましょうか。それも硬質な強さではなく、バネのある強さ。

そんなジェフには惚れ惚れした僕ですが、マリア・マルダーのふにゃりとした歌声にはなかなか馴染めず。その良さがわかってきたのは、ビリー・ホリデイなどの女性ジャズ・ヴォーカルを聞くようになってからでしたし、エイモス・ギャレットが弾くフレーズも、当初は体が受け付けませんでした。なんだかハワイアン・ギターを聞いているようで... 「真夜中のオアシス」を聞いたときも、今ひとつピンと来なかったのです。
Billie Holiday / 奇妙な果実 Maria Muldaur

そんな僕が、2人を見直すきっかけとなったのが、このアルバム収録の「Lazybones」「Lover Man」でした。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

The Fabulous Rhinestones / same ('72)

The Fabulous Rhinestones

ファビュラス・ラインストーンズ 『ファビュラス・ラインストーンズ』

このバンドの中心人物であるハーヴェイ・ブルックス(b)の名前を初めて見たのは、マイク・ブルームフィールド、アル・クーパー、ステファン・スティルスによる『Super Session』('68)だったと記憶しています。そのセッションへの思い出を曲にしたという、ハーヴェイ作インスト・ナンバー「Harvey's Tune」が、アルバムのラストを飾っていましたね。

ハーヴェィは、ボブ・ディラン『追憶のハイウェイ61』('65)にクレジットされていた Harvey Goldstein と同一人物であるとか... 1960年代後半、ジョン・ホール、ウェルズ・ケリー(オーリアンズ)、ポール・ハリス(ジョン・セバスチャンピーター・ゴールウェイなどのバックをつとめ、後にマナサスのメンバーとなるキーボーディスト)とともに、サンダーフロッグなるセッション・ユニットを組んでいた... だなんて知ったのは、ジョン・ホールの1stソロ『Action』('70)を手にしてからのことでした。
Mike Bloomfield, Al Kooper, Steve Stills / Super SessionBob Dylan / Highway 61 RevisitedJohn Hall / Action
また、ハーヴェイはマイルス・デイヴィスのアルバムにも参加しているようです。ハーヴェイがそこでどんなプレイをしていたのか … ご存じの方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。

そして、もう一人の中心人物:カル・デヴィッド(g,vo)がイリノイ・スピード・プレス(ポール・コットンがポコ加入以前に在籍していたというバンド)のメンバーだったとは露知らず。これは、ちょっとした驚きでした。

ハーヴェィのことも良く知らず、イリノイも未聴。他のメンバーに至っては全く初めて見る名前ばかりでしたが、「ウッドストック産」「ポール・バターフィールド参加」という謳い文句に誘われてしまいました。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

The Band / Rock Of Ages ('72)

Rock Of Ages

僕が初めて買った ザ・バンドのアルバム … 『ロック・オブ・エイジズ』

1曲目「Don't Do It」のイントロで、リック・ダンコの粘っこいベース音が聞こえてくると、さぁいよいよ始まるぞ … と、今でも胸がわくわくしてきます。ホーン・セクションもその気にさせますね。

レヴォン・ヘルムの "ぺたっぺたっ" というスネアの音も大好き。僕の中で "歌うドラマー" No.1。いやいや... 単に "ドラマー" としても、指折り数える中に入るかもしれません。声が出なくなってしまった … と聞きましたが、その後 経過はどうなんでしょう。「もしそうなっても、俺はドラムを叩き続けるさ」と、泣かせるコメントをしていたようですが...

エリック・クラプトンが『Music From Big Pink』('68)を聞いて衝撃を受けた… という話を聞き、友人宅へ遊びに行くと『The Band』('69)があったので、それを借りたのが ザ・バンドとの出逢い。
The Band
The Band


ビートルズやクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング、ポコ系のハーモニーに慣れ親しんでいたので、それぞれが勝手に歌っているだけのようなハーモニーには面食らいましたが、素朴で温かみのある歌声とサウンドは、僕が住む家の回りに見える田畑の風景とイメージがぴったり。すっかり気に入った僕は、代表曲がセレクトされたライヴ盤『Rock Of Ages』を手にしたというわけです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Ohio Knox / same ('71)

Ohio Knox

ピーター・ゴールウェイがフィフス・アヴェニュー・バンド(FAB)解散後に結成したオハイオ・ノックス

ジェイムス・テイラー... ジョン・セバスチャン... そしてピーター・ゴールウェイ... この3人には同じ匂いがします。

1960年代の後半に、彼らが在籍していたバンド … フライング・マシーンラヴィン・スプーンフル、FAB が演奏を繰り広げ、互いに刺激を与え影響を受け合った場所 … ニューヨークは Greenwich Village(グリニッジ・ヴィレッジ)にあるというナイト・アウル・カフェとは、どんなこところなのだろう。

アルコールよりも、口に含むと甘い薫りが鼻から抜けて、舌にほんの少しだけ酸味が残るコーヒーの方が似合いそうな場所。ちょっとインテリだけど、音楽の話題になると途端に人なつっこい笑顔を見せて話が止まらない人達が集まる場所。

ブルース、ジャズ、ソウル、カントリーなどのいわゆるルーツ・ミュージックが絶妙にブレンドされ、それが洗練された形で聞こえてくる。今はサウンドや歌っている内容から想像することしかできませんが、いつか必ず訪れてみたいな … その時は足を伸ばしてウッドストックにも...

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。