スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Live】 Queen+Paul Rogers 2005

日付:2005年10月30日 / 場所:横浜アリーナ

クイーン+ポール・ロジャース
いや、僕にとってはポール・ロジャース+クイーンかな。

ここは一つ、長年のポール・ファンとしてポールの側に立ったライヴ・レポにしようと思います。

初めてポール・ロジャースのライブを見たのは1993年の神奈川県民ホール。元ジャーニーのニール・ショーン(g)を従えての来日でした。その後が1996年のクラブチッタ川崎。その翌年1997年、クラブチッタ川崎でのライブが最後なので、今回で8年ぶりの再会でした。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

【Live】 Tom Scott & The L.A.Express at Blue Note Tokyo

行って参りました。トム・スコット&ザ・L.A.エクスプレス。

ファンキーなんだけどメロディアス。ジャズよりもロック的なフュージョン・サウンド。俺が俺がと吹きまくるのではなく、楽曲全体のバランスを考えメンバーの持ち味を引き出す親分肌。そんなトム・スコットがサックス・プレイヤーの中では一番好きでした。

今日のステージも描いていたイメージと同様。自分がソロをとるときはどっしりとステージ中央に構え、メンバーのソロになると後ろに引っ込み、リズムをとりながらそれを楽しそうに見つめている姿にますます惚れました。

セット・リストは Blue Note Tokyo のページに書かれているとおり。

以下、感想などを...

続きを読む

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

Jo Mama / Jo Mama ('70)

Jo Mama

ジェイムス・テイラーとの、フライング・マシーン。キャロル・キングとのザ・シティを経て、ダニー・クーチが中心となり結成した、ジョー・ママのファースト・アルバム『ジョー・ママ』
James Taylor And The Original Flying Machine ザ・シティ / 夢語り

ジェイムス・テイラーが『Mud Slide Slim』('71)でカヴァーした「Machine Gun Kelly」の作者ヴァージョンは、この『Jo Mama』に収録。ダニーのナチュラルなトーンのギター・カッティングとソロが実に心地良い仕上がりになっています。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Simon & Garfunkel / Bridge Over Troubled Water ('70)

Bridge Over Troubled Water

サイモン&ガーファンクルのラスト・アルバム 『明日に架ける橋』

中学1年生の時、3年生を送り出す卒業式のテーマ・ソングが「明日に架ける橋」。3年生の二人組(その内の一人は『Deja Vu』を借りた友人のお兄さんでした)がステージの上で演奏していた曲が「The Boxer」と、このアルバムを聴くとあの時のしめやかな雰囲気と晴れやかな光景を思い出します。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

John Lennon / Plastic Ono Band ('70)

Plastic Ono Band

ジョン・レノン 『ジョンの魂』

音と音の隙間に凄みを感じ、それぞれの曲間で余韻に浸る音楽というものを、これより他に聴いたことがありません。

歌詞、サウンド。全てにおいて極限までそぎ落としたようなシンプルさ。

ちょっとしんどい今の僕の胸に突き刺さります。

久しぶりにこのアルバムを聴いて、何かもっと気の利いたことを書こうとしたのですが、すっかり言葉を失ってしまいました。

Hold On Ocean

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

The Beatles / Let It Be ('70)

Let It Be

始まりがあれば終わりもある。ビートルズのラスト・アルバム『レット・イット・ビー』

まだビートルズの存在を知らなかった頃のこと。このアルバムのジャケットがテレビ画面に映し出され、そこに流れた曲は「LP~ LP~ LP~ LP~」と繰り返し歌っているように聞こえました。「誰かのレコードのコマーシャルなのだろうか?」と思った記憶があります。

録音日付上のラストは『Abbey Road』であることは良く知られた事実ですが、こちらの方により強く終わることの寂しさを感じます。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Neil Young / After The Gold Rush ('70)

After The Gold Rush

ニール・ヤング 『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』

このアルバムからは「After The Gold Rush」(リンダ・ロンシュタット、ヴァレリー・カーター)、「Birds」(リンダ・ロンシュタット、ヴァレリー・カーター)、「I Believe I You」(リタ・クーリッジ、リンダ・ロンシュタット)と、数多くのカヴァー名唄が生まれています。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Crosby, Stills, Nash & Young / Deja Vu ('70)

Deja Vu

サンタナに続き、これまた『Woodstock』に出演したクロスビー・スティルス&ナッシュに、ニール・ヤングが加わったクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング。
Woodstock: Music from the Original Soundtrack and More Crosby, Stills & Nash ('69)

そして、このアルバム『デジャ・ヴ』の1曲目「Carry On」もまた、新しい時代が来たことを思い起こさせる曲。この曲を聴くまでは、ビートルズに始まりどちらかというとブリティッシュ寄りの音楽を好んでいたのですが、これをきっかけに興味の対象が一気にアメリカへ。ダイナミックなアコギのストローク。一糸乱れぬコーラス・ワーク。どれもこれもが鮮烈でした。

また、それぞれのメンバーが曲を持ち寄りメンバー全員がリード・ヴォーカルを取り合うというスタイルにも共感を覚えました。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Santana / Santana Abraxas ('70)

Santana Abraxas

こちらも『ウッドストック』に出演。「Soul Sacrifice」で観衆を熱狂の渦に陥れたサンタナの 2nd 『天の守護神』

1970年~1971年にかけて、1960年代に活躍したバンドが解散したり、またそのバンドに在籍していたメンバーがソロ活動を開始し個の表現を始めたり。1960年代を疾風のように駆け抜けたミュージシャンが命をなくしたり、新しい息吹を感じさせるアーティストがデビューを果たしたりと、「旧」と「新」が移り変わる時代だったんですね。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

John B. Sebastian / same ('70)

John B.Sebastian

ラヴィン・スプーンフルを脱退しソロになった頃、クロスビー・スティルス&ナッシュに加入するという噂もあったジョン・セバスチャン。初のソロ・アルバム『ジョン・セバスチャン・デビュー』です。このアルバムにはステファン・スティルスと並び演奏をしている様子やクロスビー&ナッシュと談笑をしている様子の写真が載っています。

ジョン・セバスチャンの音楽は、やはりこのアルバムに写る演奏中の表情豊かな彼の顔を見ていると何となく想像できるのではないでしょうか。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
09≪│2005/10│≫11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。