スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Christine Perfect / same ('70)

Christine Perfect

後にフリートウッド・マックのメンバーとして脚光を浴びることととなるクリスティン・マクヴィー … なんて書きながら、1970年後半にビッグ・ヒットを飛ばしている頃のマックでさえまともに聴いてなかったし、彼女の本名はクリスティン・パーフェクトと言い 1960年代後半にはチキン・シャックのメンバだった。ジョン・メイオール&ブルースブレイカーズ~フリートウッド・マックに在籍していたジョン・マクヴィーと結婚した後、クリスティン・マクヴィーと姓を変えた … ということも、この 1st ソロ『クリスティン・パーフェクト』を手にして初めて知ったほどなのです。

イギリスで起きたブルース・ムーヴメントについては疎いわたしですが、このアルバムを手にしたきっかけは、聞きかじった『ファンタスティック・マック』('75)や『噂』('77)の中では、「Say You Love Me」「You Make Loving Fun」といったクリスティンの曲が印象に残っていたから... 美しいジャケットに目を惹かれたから... (後者が本音)

初めて聴くアルバムの1曲目というのはとても大切で、それが驚くような名曲である必要はなく、すっと体が受け付けるかどうかが アルバム全体を聴き通そうとするか、しないか … 感情の分かれ道。昔はそれほどでもありませんでしたが、音楽が氾濫気味でお手軽になってしまったデジタル時代では、そんな気分もなおさらです。

果たして聴いてみると … 無機質に思えるリズム・セクションをバックに、ジャケットに写るクリスティンの表情そのものの 物憂げな歌声が聞こえてきました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Lambert & Nuttycombe / At Home ('70)

At Home

「犬ジャケに外れなし」と良く言われますが、エミット・ローズジャック・ブルース、そしてこの ランバート&ナッティカム 『アット・ホーム』 と "窓ジャケ" にも外れは無いようです (このジャケット撮影はビートルズ『Let It Be』も手がけたという Ethan Russell なる人物)

聞こえてくるのは、デニス・ランバートとクレイグ・ナッティカム … 2人のハーモニーと 2台のアコースティック・ギターによるアンサンブル … それだけというシンプルさ。

それらの音が幾重にも折り重なる様は、淡い色の桜の花びらが 穏やかに晴れた空にはらはらと舞う光景に似ています (ランバートが桜... ナッティカムが空...)

歌がとても上手です …というわけではなく、アコギのテクニックも はっと驚くようなところはありません。ただただ、朴訥として、暖かく澄み渡っているだけ。

誰でもコピーできそうだけど、この雰囲気だけは絶対に真似できないでしょう。そういうことこそが個性というものなのかもしれません。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Billy Preston / Encouraging Words ('70)

Encouraging Words

「似顔絵ロック ~ Portrait in Rock」の yu-shio さんが ここで 紹介されていた、ビリー・プレストン 『エンカリッジング・ワーズ』

A&M に移籍してからのヒット曲「Nothing From Nothing」「Will It Go Round In Circles」や、数多くのセッションでのキーボード・プレイは断片的に聴いていましたが、アルバム単位で聴くのは今回が初めて。機会を与えてくれた yu-shio さんに感謝です。

「楽器の音色はそれを弾く人の性格を表す」とは良く言ったもので、「Little Girl」あたりの柔らかいタッチで華のあるプレイを聴いていると、あぁ... ビリーは全くその通りの人なんだろうな … と思ってしまいます。

いつも柔和な表情をたたえながら、ひとたびキーボードを弾き出せば熱のこもった演奏ぶり。何処へ行っても人気者で存在感たっぷり。そんな人物像が浮かんできます。

このアルバム中「Little Girl」とともに僕が選んだベスト・トラックは、1965年頃から3年近くも活動を共にしていたというレイ・チャールズを思わせる「The Same Thing Play」 ビリーの熱唱と熱いキーボード・プレイを堪能することができます。

ロック人脈からその名を知ったビリーですが、思えばもとはゴスペル、R&B のフィールドで活躍していた人ですもの。そうした楽曲で持ち味が発揮されるのは当たり前のことですね。

そうは言うものの、気になるロック人脈は...

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

The London Howlin' Wolf Sessions - Deluxe Edition ('03)

The London Howlin' Wolf Sesions

これは、以前 melonpan さんに教えていただき購入した、ハウリン・ウルフの『ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッションズ~デラックス・エディション』 Disc1 に1971年リリースの Original Mix が、その Alternate Mix が Disc2 に収録された2枚組 CD です。

「ロック好きの行き着く先は…」のフレさんが ここで 取り上げられていたのを拝見し、紹介漏れしていたことに気がつきました。

ライナーによると、ハウリン・ウルフは「イギリスの若僧にまともなブルースの演奏なんてできるはずがない」と思っていたようですが、逆にイギリス勢は、ハウリンがロンドンにやってきたっ … と大騒ぎ。スタジオには下記メンバーの他、ミック・ジャガーやリンゴ・スター以外のビートルズのメンバー、アラン・ホワイトなども顔を出すほどだったとか。

それでも当初、ハウリンは不機嫌そうで、体調の方もトイレで倒れるほど思わしくなかったのですが、徐々にメンバーと打ち解けて(Disc1 の「The Red Rooster」、Disc2 の「Who's Been Talking?」では、ハウリンからギターやリズムについて教えを乞いながら、それを必至に習得しようとするメンバーの様子が録音されています)セッションを終えると充実感に浸っていたようです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

The Who / Live At Leeds - 25th Anniversary Edition ('95)

Live At Leeds

前回で 1971年のアルバムは終了。1972年へと移る前に、これまでに取り上げ忘れた... 買い足したアルバムを数枚紹介することにします。

まずは、ザ・フー 『ライヴ・アット・リーズ~25周年エディション』 (オリジナル・リリースは1970年)

「LONG LIVE ROCK」の kita さんが、以前 ここで 取り上げていらっしゃったのを拝見して「よしっ」と その気になっていたところ、運良く中古屋さんで見かけたので get。

聞かず嫌いというやつでしょうか... 洋楽を聴きだしてから ずいぶん時間が経ってしまいましたが、今頃になって やっと耳にしました。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

遠藤賢司 / 満足できるかな ('71)

満足できるかな

猫... カレーライス... ミルクティー... 僕の大好きなものが題材になっている(酒を飲まない僕にとって「雪見酒」は無縁の世界ですが...)、遠藤賢司の 2nd アルバム 『満足できるかな』

「カレーライス」の一節

 僕は寝ころんでテレビを見てる
 誰かがお腹を切っちゃったって
 う~ん とっても痛いだろうにねえ
 はは~ん … カレーライス

は、井上陽水の「傘がない」

 都会では自殺する若者が増えている
 今朝来た新聞の片隅に書いていた
 だけども問題は今日の雨 … 傘がない

というくだりと良く似たニュアンスを感じます。

世の中で起きている出来事に興味はあるけれど、自分にとって今大切なことは「カレーライス」であったり「傘」であったり...

このアルバムがリリースされた1971年、「傘がない」が収録されている『断絶』の1972年といえば、僕は小学4~5年生。当時の僕にとっても、学校や遊びの帰り道に家から漂ってくる「カレーライス」の香りの方に数段興味がありました。

改めて考えてみると、今の僕も 昔とそう変わらない考え方をしているな... と反省してみたり、呆れてみたり。

当時、若者と呼ばれていた世代の方達は、これらの曲をどのように受け止めていたのでしょうか? (満足できるかな? … の答えは、I can't get no Satisfaction だったのでしょうか...)

続きを読む

テーマ : 邦楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Emerson, Lake & Palmer / Tarkus ('71)

Tarkus

2nd アルバム『タルカス』作成にあたり、エマーソン・レイク&パーマーは一瞬 バンド崩壊の危機に直面していたようです。

ことの経緯は、デビュー・アルバムに収録された「Lucky Man」。ELP は楽器中心のバンドだ … と思っていたキースにとって、グレッグが歌う美しいヴォーカル・ナンバーが ELP の代表曲として取り扱われることに納得がいかなかったようです。

2nd アルバム作成時「演奏面を強調したい」と思ったキースは、カールと共に「Tarkus」の5/4という変拍子に乗せたリフを考えたのですが、それを聞いたグレッグは「それは君のソロアルバムに入れた方が良いよ」と答えた。

変拍子の繰り返しは、シンガーであるグレッグから考えると建設的ではない。アルマジロの戦車というコンセプトも馬鹿げている … と思ったグレッグは、本気でバンドを脱退することを考えた...

【DVD】 Beyond The Beginning の Disc2 に収録されている、メンバーと関係者のインタビューによるドキュメンタリー映像を見て、そんないきさつを知ったとき、このアルバム(特にA面「Tarkus」)で、グレッグの歌声にどことなく醒めた印象を受けた理由が、少しわかったような気がしました。

逆に、息を凝らして聴ききってしまう緊迫感も、バンド間で起こっていた緊張からきたものだったのでしょう。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Wishbone Ash / Pilgrimage ('71)

Pilgrimage

ベーシストも歌えば、リード・ギターの2人も歌っている。

だけど、それ以上に楽器が歌っているウィッシュボーン・アッシュ … 2作目となる 『巡礼の旅』 では、彼らの持ち味であるツイン・リードを主としたインスト・パートを前面に押し出しています。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Mountain / Nantucket Sleighride ('71)

Nantucket Sleighride

歌うギタリスト:レスリー・ウエストと、歌うベーシスト:フェリックス・パパラルディの持ち歌が交互に並んだ、マウンテンの3作目 『ナンタケット・スレイライド』

ギタリストとベーシストがリード・ヴォーカルをつとめるロック・バンドというのも、そう多く存在しなかったのでは。

しかも wild なレスリー... gentle なフェリックスと、個性溢れるいずれの歌声も魅力的。その上、2人とも抜群の演奏力。それらはぶつかり合うことなく見事なまでにブレンドされ、ロックの美しさを体現してくれたのでありました。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Jack Bruce / Harmony Row ('71)

Harmony Row

ジャック・ブルース 『ハーモニー・ロウ』

会社の先輩に、五つの赤い風船が3位になったときのポプコンに出場した … という方がいらっしゃいます。リード・ヴォーカル兼ベース担当だったという先輩に、審査員から「ベースを弾きながら歌を歌うと、リズムが狂うからやめた方が良い」という評が下され、結果は予選落ちだったそうですが...

ポール・マッカートニー、ジャック・ブルース、ジョン・ウェットン... 歌うベーシストと言えば、まずは3人の名前が思い浮かびます。彼らが弾くベースは 単にリズム・セクションとしての役割を超え、メロディー、ソロをも司る重要なパートを担っていたことが印象に残っています。

そしてもちろん、彼らはヴォーカリストとしても魅力的な存在。

1992年にサイモン・フィリップス(ds)を従えて来日したジャック・ブルースのステージを見た僕は、ベース・プレイ以上に その声の存在感に圧倒されたものでした。「Sunshine Of Your Love」を歌うクラプトンに Cream は感じられませんが ♪ It's gettin' near down ... と、ジャックが一節唸っただけで、その場所が colorful な光景に変わったのでありました。

ピアノの弾き語り「Can You Follow?」で静かに幕を開ける このアルバムは、ジャックにとってソロ3作目。ジャックのベースとピアノの他、クリス・スペディング(b)、ジョン・マーシャル(ds)というシンプルなバンド構成のもと、壮絶なライブとは裏腹に、緻密にコントロールされたスタジオ盤で魅せてくれたクリームの側面に近いサウンドを聴かせてくれます。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Rory Gallagher / same - Deuce ('71)

Rory Gallagher _ Deuce

ギタリストの中でも "歌うギタリスト" が大好きです。

3人挙げよ … と問われれば...
・ ロリー・ギャラガー
・ レス・デューデック
・ ロベン・フォード

アコースティックな分野では...
・ ジェイムス・テイラー
・ ポール・サイモン
・ ブルース・コバーン

ギター、ヴォーカルのどちらかだけが突出して上手い … ということではなく、歌って... 弾いて... 双方の一体感に魅力を感じるのです。

ロリーを『Live! In Europe』('72)で初めて聴いたときは、外しまくっているのに それをものともせず猛烈な疾走感で弾きまくる演奏ぶりと、熱情的な歌声に ただただ圧倒されました。

ところが、この 1st ソロ『ロリー・ギャラガー』や 2nd『デュース』と遡るにつれて、ライヴだからミス・トーンが多かったと思っていたそのギター・プレイは、外しているのではなく、もともと外れていた … つまり、他のギタリストが使っていない音階を多用したフレージングだったのです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

The Rolling Stones / Sticky Fingers ('71)

Sticky Fingers

先日、とある中古CDショップにて。ロリー・ギャラガーのリマスターCDを物色中、やはり「ロ」の棚の前に居た50歳前後とお見受けした男性から「お兄さん ローリング・ストーンズ詳しい?」と尋ねられました。

「初期の代表曲くらいしか知らないのですが...」と答えると「曲の感じは掴めているんだけど、曲名がわからなくて...」と男性は続けて歌い出す「♪ タラタタタタタタタタ タッタ~ というイントロで、ホーンが入ってるんだよ」

「あっ それだったら、え~っと... (ごそごそ) このアルバムに入ってますよっ」と 『スティッキー・フィンガーズ』 を差し出したら、その男性は僕に何遍もお礼を言い、嬉しそうな顔をしてレジに向かったのでありました。

僕が持っているストーンズのアルバムは、これとベスト盤の『Hot Rocks』だけ。けっして嫌いではなく、ミック・テイラーが参加しているアルバムには興味を持って一通りチェックしたのですが、手元に残ったのオリジナル・アルバムはこれだけ。

男性から尋ねられた曲が たまたまこれに入っていたので、多少なりともお役に立つことができて 僕自身もちょっぴり嬉しい気分でした。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Cat Stevens / Teaser And The Firecat ('71)

Teaser And The Firecat

イントロのピアノ演奏が印象的な曲を3曲... みなさんだったら、何を選びますか?

僕はベタですが、サイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」、エルトン・ジョン「君の歌は僕の歌」、そして今回取り上げるキャット・スティーヴンス 『ティーザー・アンド・ファイアキャット』 に収録されている「雨にぬれた朝」の3曲でしょうか。

ラリー・ネクテルが弾く「明日に架ける橋」は、曲の持つ神々しい雰囲気をさらに盛り上げるゴスペル・タッチの演奏ぶりが印象的。エルトン自身が弾く「君の歌は僕の歌」は、短いながらも歌へスムースに移るために必要最低限の役割を充分に果たしています。

そしてリック・ウェイクマンが弾く「雨にぬれた朝」は ♪ アダムが裸足で歩いたという雨に濡れた庭の優しさをたたえよ … という歌詞の如く、芝生にキラキラと輝く露のような眩さと厳かな雰囲気を醸し出しているのです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

【Live】 Tower Of Power @ Blue Note Tokyo

エルトン・ジョンの『Caribou』('74)や、ロッド・スチュワート『A Night On The Town』('76)に、ホーン・セクションがゲスト参加したこともあるタワー・オブ・パワー。

先週土曜日 2/25。その来日公演@Blue Note Tokyo へ行って参りました。

その時の模様は、すでに「フィル通信」のフィルさんがここで書いていらっしゃるとおり、素晴らしいっ としか言いようのないものでした。

彼らのステージを初めて見たのが『T.O.P.』('93)リリース後の1994年。その後 '95, '98, '02(Mt. Fuji Jazz Festival), '04, '05 そして今年と、これで7回目になります。その間、メンバー・チェンジがあったものの、彼らの根幹である「ファンを楽しませる」そして「自分たちも演奏を楽しむ」というスタイルに全く変わりはありません。

デビューから36年経った今でも、年間100回... いや200回を超えるステージをこなしているでしょうか。もう10,000回近く演奏している曲もあろうと思われるのに、マンネリも何もありません。いつ見に行っても、全力で演奏する彼らの姿には感動を通り越して言葉もないほど。

What Is Hip ? … その答えを知りたいと思ったら、ぜひ一度 彼らのステージを体験して欲しいと思います。歌って踊って演奏して... あの熱狂ぶりに圧倒されるはずです。

さて。引き続きここでは、タワー・オブ・パワーのメンバー達のソロ活動にスポットを当ててみたいと思います。

続きを読む

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

Rod Stewart / Every Picture Tells A Story ('71)

Every Picture Tells A Story

ロッド・スチュワート 『エヴリー・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー』

ジャケットに描かれている、マイクスタンドを握りしめて熱唱するロッドの姿には惚れ惚れしました。

ロッドのことを初めて知ったのは、このアルバム収録の「Maggie May」でした。何故かしら日本語読みすれば同じ "マギーさん" のことを歌ったジャニス・ジョプリンの「Me And Bobby McGee」を連想します。しゃがれた歌声、アコースティックなサウンドが良く似ていたからかもしれません。

曲の導入部には、シングル・ヴァージョンでは聴くことのできない、ちょっとしたアコギの間奏が入っており、これが効果的なアクセントになっています。エンディングのマンドリンの音色が、そのまま次曲の これまた名曲「Mandolin Wind」へとスムースに架け渡す役割を持っていて、曲の配置もお見事。

「Sailing」のせいか、人の曲を歌って有名になったイメージのあるロッド(確かにカバー曲が多い)ですが、アルバム1曲目の「Every Picture Tells A Story」も含めて これらの自作曲を聴いていると、もっともっと自分で曲を作れば良かったのにな … と思ってしまうほど、ロッドが優れたソングライターであることも証明しています。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Elton John / Madman Across The Water ('71)

Madman Across The Water

エルトン・ジョン 『マッドマン』

映画 《あの頃ペニー・レインと》 の1シーン。ロック・バンドのメンバー間で険悪なムードが漂い始めた頃、ツアー移動中のバスでエルトンの「Tiny Dancer」が流れる...

♪ ブルー・ジーンみたいなあの子
  ロスアンジェリスの彼女
  バンドの継ぎ目を縫い合わせる仕立屋みたいだ
  可愛い瞳 心奪われる笑顔
  彼女は music man と結婚するだろう

主人公のペニー・レインを思い浮かべながら、誰とはなくその曲を歌い始めると、徐々にメンバー達が声を重ね合わせ 最後は大合唱。次の遠征地でのステージは、息を合わせ熱のこもった演奏を繰り広げる...

「Tiny Dancer」を聴くと、バンドの重要な転機となった光景を思い出します。

学校の遠足やキャンプで、クラス・メイト達と歌を歌った思い出と比べる良し悪しは別にしても、人の気持ちをぐっと一まとめにしてしまう、歌が持つ力の大きさ... みんなで気持ちを一つにして歌うという行為の素晴らしさ... 改めて感じ入ったのでありました。

そういう意味でジョン・レノン「Imagine」が自然発生的に歌われること自体は、好意的に受け止めているつもりです。

あの頃ペニー・レインと
あの頃ペニー・レインと

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
02≪│2006/03│≫04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。