スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emerson, Lake & Palmer / Pictures At An Exhibition ('72)

Pictures At An Exhibition

エマーソン・レイク&パーマー(ELP) 『展覧会の絵』

先日、東京都現代美術館で行われたディズニー・アート展を見に行きました。と言っても自分の意志で行ったのではなく、連れて行かれたのですが... たかがディズニーとたかをくくっていたら、入場まで1時間待ちの大行列。その人気の高さを思い知らされました。展示された数々の絵画を見て、さらに思い知らされたのは、そのこだわりようと完成度の高さ。気がついたら夢中で見入っていました。

そう言えば … と思いだしたのが、子供の頃 見に行ったディズニー映画:クラシック音楽のメロディーと、そのイメージに合わせて作り出されたアニメーションとが見事に融合した『ファンタジア』。最も強く印象に残っているのは、ミッキーが箒に魔法をかけ水くみをやらせたところ、箒達はバケツの水を部屋にまき散らしはじめて家の中が洪水になってしまうというシーン。この時 使われていクラシック音楽がムソルグスキー「禿山の一夜」でした。

「禿山の一夜」とラヴェル「ボレロ」がカップリングされたレコードを父親が所有していたこともあり、映画を見る以前から曲の存在は知っていましたが、その奇々怪々たるメロディと一体となった『ファンタジア』の映像は強烈なインパクトがあり、子供心に恐ろしさを感じたものです。
ファンタジア

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Deep Purple / Live In Japan ('72)

Live In Japan

ディープ・パープルで一番好きなのはトミー・ボーリンがいた4期で、その次がイアン・ギランの抜けた3期 … という僕ですが、そうは言っても2期メンバーによる 『ライヴ・イン・ジャパン』 は忘れられない1枚です。

音楽を聴き始めた頃、フォーク・ソングに夢中だった僕は、なにやら騒々しそうなハード・ロックという類の音楽は一生聴かないだろう … と本気で思っていました。

ビートルズやエリック・クラプトン~クリームを通じて、ロックに対する許容範囲は広がっていきましたが、それでも依然として、ビートルズ「Revolution」あたりの歪んだギター・サウンドには閉口気味でしたし、クリームで一番好きだった曲は pop で catchy な「Badge」だったりしたものです。

ですが、ロックな友人達がこぞって弾いていた「Smoke On The Water」のリフを耳にするうち徐々に心惹かれはじめ、パープル本家の演奏はろくに知らぬまま それをアコギでなぞったりしている僕に、まぁ聞いてみなよ … と友人が手渡してくれたのがこのアルバムでした。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Wishbone Ash / Argus ('72)

Argus

ウィッシュボーン・アッシュ 『百眼の巨人アーガス』

ウィッシュボーン・アッシュの代名詞にもなっているツイン・リードギター … それも、ここでは少し控えめ。1st『Wishbone Ash』や2nd『Pilgrimage』を聴いた後では物足りなさを感じます。

「いつか世界は(Sometime World)」「木の葉と小川(Leaf And Stream)」など、このアルバムで聴くことのできるギター・ソロはスリリングかつ美しく叙情的であることに間違いありませんが、「剣を棄てろ(Throw Down The Sword)」の後半で流麗にメロディックに絡み合う2本のギターもアンディ・パウエルが弾いたソロの多重録音だったり... ツイン・リードを堪能したければ 2ndを、そして1stを選んだ方が良さそうです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Fleetwood Mac / Bare Trees ('72)

Bare Trees

フリートウッド・マック 『枯れ木』

まずは、この前作『Future Games』('71)を聴き、たいそう気に入ってしまったダニー・カーワン。

ギター・インスト「天国の光(Sunny Side Of Heaven)」… この淡く儚い雰囲気がたまりません。クラプトンが弾きそうなロマンティックなメロディだけど、クラプトンだったらもっとメリハリ付けてしまうんだろうな。でもメリハリ無くても良いっ。ダニーのモワモワ感が良いっ。そして「土埃(Dust)」… 3分弱という短い曲ながら、切ないメロディー・ラインと少し陰のあるダニーの歌声が染みます。この時間がもっと続けば良いのに … と思っていると何やらおしゃべりが聞こえてくる... このおしゃべりの分「土埃」の演奏時間を延ばしてくれたら … なんて言ったら Mrs.Scarrot に失礼かしらん。

タイトル・ナンバー「枯れ木(Bare Trees)」もダニー作品。ギター・カッティングやリフは funky なのに、ひとたびダニーが歌い出せばガラリと soft な雰囲気に変わるところが、らしい。そのダニーも、このアルバムを最後にマックを脱退してしまうんですね。1stソロ『Second Chapter』('75)は仕入れ済みですが、これはまたの機会に。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Jethro Tull / Thick As A Brick ('72)

Thick As A Brick

ジェスロ・タル 『ジェラルドの汚れなき世界』

曲紹介をしようにも、レコードA,B面ともに曲名は「ジェラルドの汚れなき世界」。トータル約44分で1曲。しかもA面ラストとB面の出だしは同じテーマが使われているという手の込みよう。このアルバムを紹介するには、何分何秒あたりのメロディーがどうだとか、演奏がああだとか書かなくてはならないからたいへんです。しかも、秒刻みで目まぐるしく展開していく構成がそれさえも困難にします (ですので、細かいことは省略)

だからといって大袈裟で難解なのかというと全くそんなことはなく、込み入った変拍子があるわけでもなく、いくつかのシンプルな基本メロディーがあり、それらが次々と姿を変えながら演奏されているだけ。クラシックならば変奏曲とでも言うのでしょうか。

と、口で言うのは簡単ですが、これだけの構成を考える方は さぞかしたいへんだったでしょう。しかも、ステージでは寸劇仕立てで演奏されていたというのですから、何をか言わんやです。

わかりやすい反面、聞くたびに新鮮な発見のある44分間。すっかりやられてしまいました。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Free / Free At Last ('72)

Free At Last

前作『Highway』('70)リリース後の1971年。ツアー中に解散を決めたフリーのメンバー達は、それぞれのバンド活動をスタートさせるものの、どれも大きな成果を上げることができず失意の中にいました。唯一、商業ベースに乗せることができたのは『Kossoff Kirke Tetsu Rabbit』('72)のみで、そのポール・コソフでさえフリーをやめた後の孤独感から、ドラッグを多用するようになってしまうという状態だったようです。

再集結の気運が高まったのは必然の結果だったのかもしれませんが、『The Free Story』('73)のライナーには その理由の1つとして、アンディ・フレイザーのこんな言葉が記されています。

コソフの笑顔を見るために、もう一度集まるべきだ。フリーこそがコソフの居場所だし、彼が抱えている問題を全て解決できるのがフリーなんだ。

Free / Highway Kossoff Kirke Tetsu Rabbit The Free Story

そしてリリースされたのが、この 『フリー・アット・ラスト』

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Chicken Shack / Imagination Lady ('72)

Imagination Lady

チキン・シャック 『イマジネイション・レイディ』

コージー・パウエル、カーマイン・アピスとツー・バスの使い手が続きましたが、チキン・シャックのドラマー:ポール・ハンコックスも、なかなか気持ち良くパタパタとキックしています (「Telling Your Fortune」ではドラム・ソロも披露)

1960年代後半にイギリスで巻き起こったというブルース・ロック・ムーヴメントについては全く疎く、クリスティン・パーフェクトがいた これ以前のチキン・シャックはもとより、ピーター・グリーン在籍時のフリートウッド・マックまでも、ほとんど聞いたことのない僕ですが、ジャケットの美しさと、ティム・ハーディン「If I Were A Carpenter」、ドン・ニックス「Going Down」と 2曲のカバーに惹かれ、このアルバムを手にしました。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Cactus / same ('70)

Cactus

これを忘れていましたっ。順当に行けば、第2期ジェフ・ベック・グループ同様、このバンドも存在しなかったのでしょうか... 歴史の綾を感じます。カクタス 『ファースト・アルバム』

このアルバムを聴いてしまうと、ベック・ボガート&アピス(BBA)が(特にスタジオ盤の方は)たまらなく sweet に感じてしまうほど loud で heavy なサウンド。僕が持っているハード・ロック・アルバムの中では、最もやかましい部類に入りますが、それを突き抜けた痛快さ・爽快さが体に残る1枚。

ティム・ボガートの歪みまくり動きまくりのベース・プレイや、何個ものドラム缶を一気にひっくり返したようなカーマイン・アピスのドラミングはもちろんのこと、テンション上がりっぱなしのラスティ・デイ(vo)、キレっぱなしのジム・マッカーティ(g)と、それぞれが細かい計算を一切せず、本能の赴くままに暴れまくる破壊的な演奏ぶりに、ただただ圧倒されるのみなのです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
08≪│2006/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。