スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Doobie Brothers / same ('71)

The Doobie Brothers

『ファースト』が続きます … ドゥービー・ブラザーズ

ドゥービーを語るときに忘れられがちなアルバムですが、後に聴かれる豪快なサウンドとはまた違った、アコースティックでレアな感覚が心地良く味わい深い 1枚。

だからといって Folk Rock 的かと思えばそうではなく、トム・ジョンストンの Funky な歌声がそうさせるのか、他のバンドとは ちょっと別物という雰囲気を漂わせています。


もし ドゥービーの Best 盤を作るとしたら、アコギのカッティングとナチュラルなトーンのギター・ソロが気持ちいい「Nobody」と、パット・シモンズのフィンガー・ピッキングが素敵な「Slippery St.Paul」の 2曲は ここから絶対に選びたい。「Listen To The Music」の原型みたいな「Feelin' Down Farther」も捨てがたい。もちろん それぞれの曲でハーモニーも冴え渡っています。

好きになったアーティストのアルバムを遡って行き デビュー・アルバムに辿り着いたとき、それが好きになれるかなれないかで その他のアルバムの受け止め方が違ってくるような... そんな気がします。

■ songs
Beehive State (Randy Newman)

■ member
Tom Johnston (g,vo)
Patrick Simmons (g,vo)
Dave Shogren (b,vo)
John Hartman (ds)

■ produce
Ted Templeman
Lenny Waronker

■ 過去記事
【DVD】 Live In Concert From Hawaii


Moby Grape / Wow ('68)
ワウ

ドラマーのジョン・ハートマンはモビー・グレープのメンバー:スキップ・スペンスに紹介されてドゥービーに加入。『One Step Closer』('80)に参加したコーネリアス・バンプスは元モビー・グレープ … と、ドゥービーと何かと関連があるバンド:モビー・グレープの『ワウ』('68) バッファロー・スプリングフィールドと同様、繰り返し聴いていると いつの間にか引き込まれてしまう不思議なサウンドです。


▼ Peter Lewis / same ('97)
Peter Lewis
モビー・グレープのメンバーであり 『Wow』で謎めいた美しさが印象的だった「He」の作者:ピーター・ルイス。ジョン・マクフィー、キース・ヌードセン、コーネリアス・バンプスのドゥービー勢の他、イーグルスのランディ・マイズナー等をゲストに迎え、突如 1997年に Kaigan Records から発売されたファースト・アルバム。行きつけのショップの店長に「これ … きっとあんた向きだよ」と薦められ聴いたらドンピシャ。「He」の延長線上にあるサウンドと幻想的なコーラスに痺れました。
写真の国内盤は廃盤の模様。発売元の Taxim Records で試聴・購入することができます。

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカ西海岸サイケバンド MOBY GRAPE \"WOW\"

ワウ1968年さて、今回は文句なし・・・ご機嫌なアルバム。LOVE & PEACE よろしく 60年代アメリカ西海岸サンフランシスコを代表するバンド、モビー・グレープです。67年デヴューです。このアルバムは、2枚目で彼らの代表作とされています。当時のシスコでは、絶大なる

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱり、どのアーティストもファーストは重要ですよね。最初が肝心とはよくいったものです。
そこに後々に繋がる要素が実は詰まってるのですね。僕は最近FREEのファーストを入手して、改めてそう思いましたね。ドゥービーのファーストは聴いたことが無いので、いずれ聴いてみたいですね。

ファースト、はいいですね。

どのバンドもファーストアルバムには運命が詰まってます。Doobieもしっかりと詰まってますね。

▼おかぴーさん
>フリーのファースト
荒々しくてエネルギッシュで … 原点ですね♪

▼ フレさん
>運命
先日 フレさんのところで話題になったツェッペリンもそうですものね♪

へええ

ドゥービーズとモビーグレープってそういうつながり
があったのですか!勉強になりました。フィーツもドゥービーも1STは存在が薄くなりがちですが、侮れませんな。

ち~旦さん ♪

ほんとですよね~ ジャケットも地味で見過ごしやすいですが、きちんと受け止めてあげたいと思います♪

解りました!その意味が!

スキップ・スペンス氏と、ドゥービーはこういうつながりなんですね!わかりました。さすがですね~。恐るべし!OCEAN!TBします。記事入れときます、当然です!それにしても、やっぱり、そそっかしいですね、私ほどじゃないけど(笑)

もう1回!

すみません。よーく考えたら、OCEANさんのこの記事読んで、いつかモビー書こうと思ったのでした!相変わらず、自分がやってらんない!(笑)最近、物忘れひどすぎ!

evergreen さん♪

アルツの仲間が増えて安心しました♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。