スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kate Taylor / Sister Kate ('71)

Sister Kate

ケイト・テイラーのデビュー・アルバム 『シスター・ケイト』

けっして特徴があるとは言えませんが、ジャケットに写るケイトが着ているジージャンのように、洗いざらし感覚の気取りのない歌声が魅力的。ゆったりと落ち着いて聴くことができます。

取り上げられているのは、兄弟のジェイムス、リヴィングストンやゲスト参加しているキャロル・キングの作品の他、「名高き盗賊の伝説」、ロッド・スチュワートも歌った「カントリー・コンフォート」とエルトン・ジョン『Tumbleweed Connection』 ('70)収録曲が2曲。それとやはりロッドで有名なマイケル・ダボ作「ハンドバッグとグラッドラグス」などイギリス勢の曲が12曲中5曲も占めています。これらは 1968年頃 ジェイムスと一緒にロンドンへ渡った時 ケイトが聴いたお気に入りの曲だったのかな。
Elton John / Tumbleweed Connection


子供の頃、兄弟達と一緒にソウル・ナンバーを良く歌っていたというケイトらしく、アルバム全体にそこはかとなく黒っぽいフィーリングを感じます。

特に、曲の途中でゴスペルっぽい雰囲気に転調する「ハンドバッグとグラッドラグス」や、もともとゴスペルを感じるジェイムスの「見よ、こはそも如何に」(後にドゥービー・ブラザーズもカヴァーしたバーズ「Jesus Is Just All Right」を曲間に挿入するアレンジも面白い )の堂々とした歌いっぷりはお見事。このあたりは、ケイトの太く低めの歌声ととても良くマッチしています

バック・メンバーはダニー・クーチが中心になり、ザ・セクションのリー・スクラー&ラス・カンケル、ジョー・ママのチャールズ・ラーキー&ジョエル・オブライエンというリズムセクションを曲によって使い分ける... または入り乱れるという贅沢ぶり。

特にクーチが大活躍で、「名高き盗賊の伝説」でのワウを使ったプレイ。マシンガンのような早弾きを連発する「Sweet Honesty」(スクラーのベースプレイにも注目)は、彼の名演と言えるでしょう。

■ member
Kate Taylor (vo)

Danny Kootch (g,per)
James Taylor (g)
Bernie Leadon (g)
John David Souther (g,vo)
Carole King (p,vo)
Ralph Schuchett (key)
Charles Larkey (b)
Lee Sklar (b)
Joel O'Brien (ds)
Russ Kunkel (ds)
Merry Clayton (vo)
Linda Ronstadt (vo)
Peter Asher (vo)
Wayne Jackson (horns)
Andrew Love (horns)

ソロ・デビュー前のJ.D.サウザーが参加していますね。また「カントリー・コンフォート」ではリンダ・ロンシュタットのコーラスをはっきりと聴き取ることができます。

■ produce
Peter Asher

■ songs
・ You Can Close Your Eyes (James Taylor)
・ Lo And Behold (James Taylor)
・ Be That Way (Livingston Taylor)
・ Home Again (Carole King)
・ Where You Lead (Carole King)
・ Ballad Of A Well Known Gun (Elton John / B.Taupin)
・ Country Comfort (Elton John / B.Taupin)
・ Handbags And Gladrags (Michael D'Abo)

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[今日聴いたもの]ケイト・テイラー

asin:B0000087KY:image ■Sister Kate / Kate Taylor テイラー一家の長女、ケイトのデビュー作は、71年、Atlantic傘下のCotilionからリリースされた。prodは兄ジェームズとの仕事で知られる、ピーター・アッシャーでかなり豪華なゲスト陣。バックは、ダニー・クーチ(g)、

コメントの投稿

非公開コメント

これは明日

とりあげようかと思ってました(英米日の順で回ってますので)。久しぶりに針を落としてみようかなと思ってます。それにしても反応したものばかりでうれしい悲鳴です(^^)

フィニルさん ♪

>英米日
そういう回しでしたかっ!こちらは'70-'71-'72という回しです♪ んがっ なかなか先に進みません...
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。