スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Carole King / Music ('71)

Music

1971年のキャロル・キングには『つづれおり』という、これを聴くたびに違う曲が好きになるアルバムがあります。今日は、思いのほか黒っぽいフィーリングの「Way Over Younder」と、微妙な転調が心地良いタイトル・ソング「Tapestry」で耳が留まりました。
Tapestry

だけど、だけど。キャロルはこの年、もう1枚素晴らしいアルバムを発表していることをお忘れ無きよう … 『ミュージック』です。

キャロル自ら友人達にアルバムを配って歩いた … というほど惚れ込んだダニー・ハサウェイから受けたと思われる影響をキャロル流に披露しています。『つづれおり』がどちらかというと作品集といった感じだったのに対して、このアルバムには流れるように聴き終える統一感があります。


「Brother, Brother」では、ダニー・ハサウェイ『Live』('71)と同じ、グラグラと揺れるようなビブラートのかかったキーボードの音色が聞こえてきます。クレジットにはキャロルの使用楽器に"Electric Celeste" という記載がありますが、これはフェンダー・ローズと同種のものなのでしょうか。
Donny Hathaway / Live

「It's Going To Take Some Time」を聴いていると、ジャケットの色と同じ光景が目の前に浮かんでくるよう。

「Sweet Seasons」は 1972年3月に9位まで上がったヒット曲。

『カーネギー・ホール・コンサート』では気負いの見えた「Carry You Load」「Song Of Long Ago」なども、ここではゆったりと自然すぎるくらい自然に歌っているのが印象的。

全般的に明るい曲調が多く ♪ Music is playing inside my head over and over and over again. There's no end to the music... 音楽と触れ合っていることへの喜びが伝わってくるアルバムです。

■ member
Carole King (key,vo)

Danny Kootch (g,per,vo)
James Taylor (g,vo)
Ralph Schuchett (key)
Charles Larkey (b)
Joel O'Brien (ds)
Russ Kunkel (ds)
Abigale Haness (vo)
Merry Clayton (vo)

『つづれおり』とほぼ同じ陣容。ジョー・ママのメンバーが全面的にバックアップ。ジェイムス・テイラーは「Song Of Long Ago」で、すぐにそれとわかるハーモニーを付けています。

■ produce
Lou Adler

■ 過去記事
The Carnegie Hall Concert ('97)

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Carole King - Tapestry

 世の中の名盤ながらもあまりマジメに聴いたことのないアルバムっつうのがいくつもあって、何をロック好きのマニアぶっているのかと思われる方も多いのかもしれんが、まぁ、それはそれで。哀しいかな音楽っつうのは聴か

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしいアルバムですね。
大好きです。

Brother, Brotherが流れてくるたびに、その時代背景的なものにも思いをはせてしまいます。

k-hiko さん♪

だから逆に「明日に架ける橋」や「きみの友だち」みたいな曲が求められたのでしょうね。
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。