スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Judee Shill / same ('71)

Judee Sill

タートルズが歌う「Lady-O」で名前を知ったジュディ・シル … そのデビュー・アルバム 『ジュディ・シル』

ジョニ・ミッチェルやローラ・ニーロと比較されることの多いジュディですが、感情の赴くままに … という表現はジュディには似つかわしくありません。どこか悟っているような雰囲気さえ漂わせ、穏やかな表情をみせるのです。

歌声はもちろんのこと、ギターやピアノ、後ろに聞こえる管弦楽器やハーモニーなど。スピーカーから伝わってくる音の全てが優しく、柔らかく感じるアルバムというのも珍しいのではないでしょうか。これを聴いていると、背中に真綿のような羽根が生えてきて何処かへ飛んでいってしまいそうな気分にさえなってきます。

少女時代に劣悪な家庭環境で育ったというジュディから、これほどにも無垢な音が溢れてくるとは... ジュディを変えたものは一体何だったのでしょうか。それこそが音楽の持つ力だった … そう思わざるを得ないのです。


ひたすら美しいギターの音色とオーケストレーションをバックに歌われる「Crayon Angels」「Lopin' Along Thru The Cosmos」

起伏が多いメロディーながら尖った雰囲気は全く感じられない「Jesus Was A Cross Maker」… この1曲だけはグラハム・ナッシュがプロデュースを務めています。

ジュディに寄り添うようなコーラスも素晴らしい「My Man On Love」

この曲だけがゴスペルっぽい雰囲気を受ける「Enchanted Sky Machines」は、アルバム中異色のナンバー。

一つ一つの言葉を、ラズベリーを口に含んだときのようにゆっくりと味わってもらえますように … ジュディの言葉より。

それぞれの曲は見事に韻を踏んでいます。ただし、感受性の足りない僕には謎めいた内容の歌詞を充分に理解することができない... それが歯がゆい。

■ member
Judde Sill (g,vo)

Rita Coolidge (vo)
Venetta Fields (vo)
Clydie King (vo)

* スワンプ系のミュージシャンから引っ張りだこの3人。ヴェネッタ・フィールズとクライディ・キングはスティーリー・ダンのアルバムでもお馴染み。ここでは、ふんわりとジュディを包み込むようにハモってます。

■ produce
Henry Lewy
John Beck
Jim Pons
Graham William Nash

■ Photography
Henry Diltz

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

これ買ったなぁ。うん、いいアルバムだった。

ネオンパークさん ♪

思い出していただけたことが嬉しいです♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。