スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bread /Manna ('71)

Manna

ブレッド 『紙の糧』

ブレッドといえばシングルヒットした「二人の架け橋」や、このアルバムに収録されている「If」など、どちらかというとデヴィッド・ゲイツが歌う甘くソフトな曲の方に焦点が集まりがちで、同年代に活躍したカーペンターズと並び評されることが多いようですが、アルバムを聴いてみると、ジェイムズ・グリフィンが歌う男っぽくソリッドなナンバーの格好良さにも気がつくはずです。

カーペンターズというよりも、ビートルズ(グリフィンがジョン・レノンでゲイツがポール)... それは大袈裟にしても、ホリーズ(グリフィンがアラン・クラークでゲイツがグラハム・ナッシュ)と聴き比べる方が面白いような気がします。

どの曲も2~3分という簡潔さと、曲やコーラス、アレンジなどから受ける印象は、リバプール・サウンドと良く似た雰囲気を感じます。また、もともとセッション・ミュージシャンの経験を持つメンバー全員の演奏能力も高く、誰か一人が主導権を握ってサウンド作りをしたのではなく、しっかりとバンドの音になっているところから、そんな風に考えてみました。

どちらか一方が … ということではなく、グリフィンとゲイツ双方の個性が絶妙にブレンドされたバランスの良さが、ブレッドの魅力だったのではないかと思うのです。


歯切れの良いギター・カッティングが心地良い「Let Your Love Go」では、ハープシコードを隠し味に使っていることにセンスの良さを感じます。これに続く「Take Comfort」もビートの利いた力強いナンバーですが、曲の出だしとは全く異なる柔らかいメロディーを中間部とエンディングにうまく繋ぎ合わせており、これで3分台の曲ですから見事な構成力というしかありません。

ふわふわと体が浮き上がるようなワウ・ギターが印象的な「If」 この幸せな時間がもっと続いてくれないか … と思ってしまうほど短い曲ですが、さっと終わるところが潔い。

ジャジーでタイトなリズムにソウル風味の利いた「Be Kind To Me」 潔感溢れるハーモニーが、それをほどよいものにしています。

『Abbey Road』B面の雰囲気を漂わせる「He's A Good Lad」「She Was My Lady」は、ブレッドの隠れ名曲と言って良いでしょう。

切々とうったえかけるグリフィンのバラード「Live In Your Love」「I Say Again」も素晴らしい出来栄え。

曲の導入部からサビへの展開、そしてエンディングと1点の抜かりもない「What A Change」。「I Say Again」での不安定なエンディングの余韻を残しながら、不協和音をうまく紡ぎ合わせたピアノと変拍子が印象的な「Come Again」と素晴らしいナンバーが続々と登場。

ブレッドの素晴らしさは、けっしてヒット曲だけでは伝えきれません。

■ member
David Gates (g,key,vo)
James Griffin (g,key,vo)
Robb Royer (b)
Michael Botts (ds)
* ブレッド結成前に、ゲイツが生まれ故郷のオクラホマ州タルサで所属していたバンドにはレオン・ラッセルもいて、チャック・ベリーやカール・パーキンスがタルサに来ると、そのバックを務めていたようです。そんな経歴を読んでいると、ブレッドでのゲイツの洗練ぶりがちょっと信じられません。逆に南部のミュージシャン達は、音楽的にかなり器用だったんだろうな … と感心しました。

■ produce
David Gates
James Griffin
Robb Royer

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ブレッドの甘美な音楽は今でも普遍だと思います。女性向けTVドラマの挿入歌として今でも十分に通用すると思います。

Cottonwoodhill さん♪

普遍的であることがまた素晴らしいですよね~ CM等でも'70年代の曲が多く使われているので、そろそろブレッドの曲も採用されるかもしれませんね♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。