スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emitt Rhodes / same ('70)

Emitt Rhodes

エミット・ローズ 『エミット・ローズ』

メロディーはもとより、コーラスの入り方からピアノのフレーズ、ベースラインまでがビートルズ。

「Martha My Dear」そっくりの「She's Such A Beauty」とか、『Abbey Road』('69)のオリジナル未発表曲と言ってもおかしくないような「Long Time No See」などは、思わずにやついてしまうほどなんです。

特にポール・マッカートニーのメランコリックな部分をギュッと凝縮したようなサウンド … と例えたらわかっていただけるでしょうか。


全てエミットの自作曲。そして全ての楽器とハーモニーをエミットがこなし多重録音したという徹底ぶりから『McCartney』('70)を思い起こしてしまいます。エミットの作り出したサウンドが、この時期のポール本人以上にポールらしく聞こえてしまうというのも、面白いというか皮肉というか...

さぞかしこのアルバムが、ビートルズ解散後にビートルズらしいものを探していた音楽ファンの耳の届いただろうと思ったのですが、ここからのシングル・カット「Fresh As A Daisy」が全米54位まで昇っただけで、アルバム・セールスは芳しくなかったようです。

一般的な評判はさておき、この瑞々しく溌剌としたサウンドは僕にとって とても貴重。出会えてほんとうに良かったと思う1枚です。

■ member
Emitt Rhodes (Multi Instruments, vo)

■ produce
Emitt Rhodes
Harvey Bruce

■ mix down engineer
Keith Olsen
Curt Boettcher


Elliott Smith / Figure 8 ('00)
フィギュア8

近年、最もビートルズの香りを感じた SSW:エリオット・スミス。はらはらと崩れ落ちんばかりの美しいメロディーと奥行きの深いサウンドには心打たれました。エリオットは 2003年10月21日に34才という若さでこの世を去ってしまい、これが最後のオリジナル・アルバムとなってしまったのが残念でたまりません。付け加えますと、国内盤のみエリオットの一人多重ハーモニーによるビートルズ「Because」のカヴァーが収録されています。

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Emitt Rhodes 「Emitt Rhodes」(1970)

ちょっと前にオフで「名盤の殿堂」の帯が付いたアルバムが500円で売られてました。今まで聴いたことのないアーチストだったのですが、その帯には『「新しいポール・マッカートニー」と絶賛された・・・』とか『ブリリアントなポップ名盤』『エンジニアはカート・ベッチャ?...

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

エミット・ローズ、好きです☆
窓からのぞく顔が、これまた母性本能をくすぐる顔で・・・(笑)
出身はブライアン・ウィルソンと同じカリフォルニア州のホーソンだそうですね!
ホーソンって才能ある人を生み出す土地がらなのでしょうか?(^_^)

えーと、実は少し前からoceanさまのブログ、リンクを貼らせていただいてました・・・。
ご挨拶おくれてゴメンナサイm(__)m
ポール・ウィリアムスのこと書かれていた人は、いろんな所をめぐりましたが、oceanさんしか見たことがないです!
嬉しかったデス☆
よろしくお願いいたしますm(__)m

ルルさん ♪

はじめまして。コメントをありがとうございました。

>エミット・ローズ
確かに、声もルックスもくすぐり系ですね。原田真二あたりも思い出すところです。Candy I love you ~♪

ポール・ウィリアムスもお好きでしたか?今日みたいな寒いに聴くと暖まりますよね~

こちらからもルルさんのBlogをリンクさせていただきました。今後ともどうぞよろしくお願いします♪

おはようございます

過去記事にTBさせて頂きました。
全くノーマークだったエミットローズ。最近聴く機会があり初めて聴きましたがいいですね。個人的にはポールというか、エリック・カルメン(ラズベリーズ)っぽいなあと。
(記事更新は未だですか(笑))

Re: おはようございます

240さん
ご無沙汰しております。しかも、すっかり返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
実は私、エリック・カルメンの声が苦手であまり聴いておらず比較ができませぬ...
しかし、甘ったるいだけのポップスではないことは間違いありませんね。
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
12≪│2017/03│≫10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。