スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Who / Live At Leeds - 25th Anniversary Edition ('95)

Live At Leeds

前回で 1971年のアルバムは終了。1972年へと移る前に、これまでに取り上げ忘れた... 買い足したアルバムを数枚紹介することにします。

まずは、ザ・フー 『ライヴ・アット・リーズ~25周年エディション』 (オリジナル・リリースは1970年)

「LONG LIVE ROCK」の kita さんが、以前 ここで 取り上げていらっしゃったのを拝見して「よしっ」と その気になっていたところ、運良く中古屋さんで見かけたので get。

聞かず嫌いというやつでしょうか... 洋楽を聴きだしてから ずいぶん時間が経ってしまいましたが、今頃になって やっと耳にしました。


キース・ムーン … この生々しいドラムの音色は『ジョンの魂』でのリンゴ・スターを思い出します。定型的なビートにとらわれることのない自由な発想を見せるドラミング。ハイハットやスネアよりも、シンバルやタムを多用したドラマティックな展開は、オーケストラのティンパニ奏者のよう。一聴すると wild に聞こえて、実は正確にリズムを刻んでいます。これほど意識してドラムを聞いたのも久しぶりのことです。

ジョン・エントウィッスルのベース・ラインは、ギタリストがメロディーの合間に入れるオリブガードの役目を果たし、逆にピート・タウンゼンドが弾く重いコードはキースの叩き出すリズムをきっちり受け止めている。曲の合間に聞こえてくるピートの透明感溢れるアルペジオも素晴らしい音色です。

そして、ロジャー・ダルトリーの若々しい躍動感に満ちた歌声。

「恋のピンチヒッター」から「Happy Jack」「I'm A Boy」へと続くシングル・ヒット・メドレーの甘酸っぱい感覚っ 「Young Man Blues」の格好良さよっ 「My Generation」が圧巻っ

これを聴くきっかけを僕に与えてくれた kita さんに感謝。次は『Who's Next』 … 聴いてみようかな。

■ member
Roger Daltrey (vo)
Pete Townshend (g,vo)
John Entwistle (b,vo)
Keith Moon (ds)

■ produce
Jon Astley

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

The Who - Live At Leeds

 レッド・ツェッペリンに対抗できるもう一つのバンドとしてはザ・フーを於いて他にはないでしょ。スタジオワークに於ける完璧さの追求はジミー・ペイジもピート・タウンジェンド

コメントの投稿

非公開コメント

昔、子供バンドがサマータイムブルースをやっていて、WHOのサマータイムブルースに行き着きました。
彼らの若々しい勢いを感じる最高のライブアルバムですね。音もかなり生々しく、ロックのライブアルバムでも、やっぱりかなり傑作の一枚だと思います!

絶対必須の名盤!

年代順だとなかなか行き着かないアルバムがありますよね。で、コイツは絶対名盤の傑作ライブ!これを聴かずして云々ですね♪

気に入っていただけたようで嬉しいです(^_^)
ボク自身、これの25周年エディションを聴くまではライブアルバムがあんまり好きじゃなかったんですが、そんな考えを覆してくれた想い出深い一枚です。
4つの楽器(Vo.含)が何とも云えないバランスで融合した、如何にも「ライヴ!」な感じが大好きです♪

……で自分の方は最近、散財三昧で未だにポコが聴けてなかったりします(>_<)

▼ おかぴーさん
あんたはまだまだ子供だよっ … どうすりゃ良いのさ サマタイムブルース … でしたね。懐かしいな~♪

▼ フレさん
今さら聴いて感激してるんですから... やはり名盤と呼ばれる類は、一度は聴かなくちゃですね♪

▼ kita さん
>4つの楽器(Vo.含)が何とも云えないバランスで融合
それぞれが勝手に演奏しているようでいて、実はピタっとはまってました。この面子でなければ … と思う瞬間ですね♪ 重ね重ねありがとうございました!
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
12≪│2017/03│≫10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。