スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The London Howlin' Wolf Sessions - Deluxe Edition ('03)

The London Howlin' Wolf Sesions

これは、以前 melonpan さんに教えていただき購入した、ハウリン・ウルフの『ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッションズ~デラックス・エディション』 Disc1 に1971年リリースの Original Mix が、その Alternate Mix が Disc2 に収録された2枚組 CD です。

「ロック好きの行き着く先は…」のフレさんが ここで 取り上げられていたのを拝見し、紹介漏れしていたことに気がつきました。

ライナーによると、ハウリン・ウルフは「イギリスの若僧にまともなブルースの演奏なんてできるはずがない」と思っていたようですが、逆にイギリス勢は、ハウリンがロンドンにやってきたっ … と大騒ぎ。スタジオには下記メンバーの他、ミック・ジャガーやリンゴ・スター以外のビートルズのメンバー、アラン・ホワイトなども顔を出すほどだったとか。

それでも当初、ハウリンは不機嫌そうで、体調の方もトイレで倒れるほど思わしくなかったのですが、徐々にメンバーと打ち解けて(Disc1 の「The Red Rooster」、Disc2 の「Who's Been Talking?」では、ハウリンからギターやリズムについて教えを乞いながら、それを必至に習得しようとするメンバーの様子が録音されています)セッションを終えると充実感に浸っていたようです。


本場のブルース・ミュージシャンと直接スタジオを共にして、相当な刺激を受けたのでしょう。クラプトンは全編に渡り、例のハーフ・トーンで 時として尖った、時として流麗なプレイを披露しています。

特に1曲目「Rockin' Daddy」での、アタックの強いフレーズと美し過ぎるチョーキング・ビブラートは聞き物。数あるクラプトンのゲスト参加曲はおろか、クラプトン自身が残してきた曲の中においても 最も優れた部類の演奏だと思います。

ハウリンの声は、亡くなった僕のお爺さんとそっくりで、それを思い出すと懐かしく暖かい気分に...

■ member
Howlin' Wolf (hca,g,vo)

Eric Clapton (g)
Steve Winwood (key)
Ian Stewart (p)
John Simon (p)
Bill Wyman (b)
Klaus Voorman (b)
Phil Upchurch (b)
Charlie Watts (ds)
Ring Starr (ds)

■ produce
Norman Dayron

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Muddy Waters - Fathers And Sons

 ブルースセッション系が気に入ってしまったので、早速もう一枚、今度はマディ・ウォーターズのセッション名盤「Fathers And Sons」を久々に聴いてみちゃいました。タイトル通り父ちゃ

コメントの投稿

非公開コメント

おーっと!
これ、次に買おうと思っていたタイトルです。品薄になってきたようなので。輸入盤にしようかと思っていたのですが、ご指摘のようなくだりが読めるのなら国内盤にしようかな。
それにしてもbluesコーナーはどの店もわかりづらいところにあって、初めての店だとなかなか見つかりません。

早まった・・・

へ~~、Disk2では そんなの場面まで入ってるんですか?
わたし このデラエディがでる 直前に早まって
1枚物買っちゃいました。
くっそ~~~。
でも どっちにしろ 私の愛聴盤には変わりないんですけどね。

▼ ジェイ加藤さん
Amazonの輸入盤価格よりも国内盤(直輸入盤の国内仕様)の方が安いしBill Dahl なる人物が書いた、ことの経緯の対訳文も読めるので国内盤が断然お薦めだと思います♪

▼ melonpan さん
「Red Rooster」のハウリンによるドブロ指導は、melonpanさんがお持ちのものにも入ってますよね? Mark Roberty著「エリック・クラプトン/レコーディング・セッション」によると、ハウリンはクラプトンの手首を掴み「この手をこうやって動かすんだ!」と、正しく弾くということに関して、一歩も譲ろうとしなかった … そうです。

Disc2の「Who's Been Talking?」では、カリプソやボンゴのビートのように叩け!と言われたチャーリーが、恐る恐るリズムを刻み始める様子が録音されていますよ♪

感謝です

文中に取り上げて頂けるとは…感謝です。そしてお互いに忘れていた物を思い出すというテーマに沿って共存できていることを実感しました(笑)。
このアルバムは若き日のロックミュージシャンの熱きブルース魂を込めた傑作と思います。ひたむきな姿勢が心打ちますね。

このセッション前から欲しかったんですが、まだ入手してないんですが、ますます欲しくなりました!
ハウリン・ウルフは手を抜いたり妥協したりすることは絶対に許さない男だったから、このセッションでの熱のこもりようが分かります。いい緊張感でロンドン若造は演奏したんでしょうね(笑)

▼ フレさん
重ね重ねありがとうございました。ほんとうに皆さんのおかげで思い出しっぱなしです♪

>ひたむきな姿勢
これですねっ これ!…と自分にも言い聞かせる(笑

▼ おかぴーさん
それはもう、クラプトンはびびりまくってハウリンの顔をまともに見られなかったらしいですよ(あの顔は、誰もがびびるか...)
ぜひぜひ聴いてみて感想なぞ おかぴーさんのところでも up してください♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
06≪│2017/07│≫08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。