スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Movie】 Tom Dowd & The Language Of Music

The Language Of Music

「トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男」を見てきました。

これはすでに 【DVD】Tom Dowd & The Language Of Music として発売されていた内容が一般公開されたもの。DVD は輸入盤しか見あたらず、日本語吹き替えか字幕がないと会話が理解できないから辛いな … と購入を躊躇していたので、この企画は願ったり叶ったりでした。

プロデューサーといっても実際にどういう仕事をしているのか... スタジオでボリューム・コントロールのレバーを上下している人 … くらいにしかイメージしていませんでしたし、エリック・クラプトンが「正直言って裏方には興味なかった」と語っていたのと同様、僕の聴いてきたアルバムには producer や engineer として Tom Dowd の名前が目に付くな … 程度にしか思っていませんでした。

だけど、それはちょっと認識違いだったようでした。


「Layla」を再生しながら「ここのトラックはデュアンのギター。ここからピアノが入ってくる」と、嬉々としてレバーを上下しているトムの姿を見ていたら、「トムは技術的なことよりも、どう聞こえるか常に意識している」というレイ・チャールズの言葉が真実味を帯びて伝わってきました。

クリームが「Sunshine Of Your Love」をスタジオで演奏したとき、まだしっくり馴染んでいなかったので、ジンジャー・ベイカーに「原住民のビート:ダウンビートを試してみたらどうだい?」と提案したのがトム・ダウドで、例の1拍目にアクセントのあるドラミングが完成した... とか、「俺たちのほとんどの曲はトムがいなかったら完成しなかったよ」と、オールマン・ブラザーズのディッキー・ベッツが語るシーンを見て、トム・ダウドはサウンド作りという役割を超えて曲作りにも大きく貢献してきた人だったんだな … と認識を新たにしました。

演奏映像の方は、ブッカーT & ザ・MG's をバックに歌うオーティス・レディングの姿には圧倒されたましたが、その他はオールマンズもレーナード・スキナードも ちらり程度。デレク&ザ・ドミノスの映像にいたっては全く無し。

それよりも、トム・ダウドはスタジオにこもって音を作る人ではなく、ミュージシャン達の良き相談相手になり、その持ち味を引き出しながら、メンバー達と一緒になってサウンド作りをした人... と人物像がわかっただけでも、見に行った価値があったと思うのです。

これから、トム・ダウドが関わったアルバムを聴くときの態度が変わっていきそうです。

ちなみに... 会場の UPLINK X は映画館ではなくスタジオのような雰囲気で、50名ほどで満席になる程度の広さ。ホームシアターのようなセットで上映されるので、スクリーンの大きさとか音響に多大な期待をされないよう。とは言っても、とてもリラックスして見ることができました。

チケットは開演1時間前に会場受付で購入し、それと同時に整理券を渡される。開演15分前から整理券番号順に入場する … というシステムでした。

ブロガー割引もあるようなので、足を運んでみてはいかがでしょう。

-----
「似顔絵ロック ~ Portrait in Rock」の yu-shio さんによる「トム・ダウドさんエライ!」も、ぜひご覧になってください。

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Tales Of Brave Ulysses ( 英雄ユリシーズ ) / Cream

「裏方には興味がなかった」という、いかにもな演出のクラプトンのセリフに続いて、核実験の衝撃映像と共に『英雄ユリシーズ』がガンガン鳴りだすのが、映画『トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男』のオープニングだ。いつもは訳詞を読んでもちっとも意味の分か..

コメントの投稿

非公開コメント

おおっ、これは必見ですね。時間が合えばキャンペーンサイトへのトラックバックかけたいのですが・・。
それにしても、コルトレーンを手がけていたことは結構大きなトピックだと思ったのですが、ポスターの写真がモノクロで小さいのが悲しい・・・。

ジェイ加藤さん♪

僕は後日キャンペーンを知ったので、ちょっとだけ残念でした。ジェイ加藤さんはぜひぜひ♪

>コルトレーン
僕も南部系に強いエンジニアとばかり思っていたら、多岐にわたる活動をしていたんですね~

これは、

僕も見に行きますよ!楽しみです。
でもいつまでやってるのかな~。

yu-shio さん♪

下記のようなスケジュールになっているようです。

・東京(UPLINK X)は4月いっぱい
http://www.uplink.co.jp/x/log/001174.php

・大阪(第七藝術劇場)はこれから上映
http://www.nanagei.com/movie/next.html

ぜひぜひ♪

早くみたいな

さっそく見てこられたのですね。
大阪は なんか昔アングラ劇場だった小さな所で
やるようです。ピーターバラカンさんが ラジオで
何度もこの話をされるので 早く見たくてたまりません。
昼間事務所が夜 スタジオになった とか そんな話
きいてると たまんなくなります。
レココレ4月号も特集組まれてましたが
これみてると アトランティックで 作られた音は
ほとんど トムさんが かかわっているのですね。
とか言いながら Coastersのちょっとえぐい
R&Bなどを 聴いている私です。

ありがとうございます

東京は4月いっぱいですね。
行きます行きます。

▼ melonpan さん
>アトランティック
そうでしたね。南部系というよりもアトランティックの作品にかかわっていたんですよね~

melonpan さんも yu-shio さんも、ご覧になったらぜひ感想などお聞かせください♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
06≪│2017/07│≫08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。