スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

James Gang / Straight Shooter - Passin' Thru ('72)

Straight Shooter - Passin' Thru

ジェイムス・ギャングと言えば、ジョー・ウォルッシュとトミー・ボーリンが在籍していたバンドとして名が知れていますが、ジョー脱退後でトミー加入前の間っこだって忘れちゃいけません。

...なんて、偉そうなことは言えません。「似顔絵ロック ~ Portrait in Rock」の yu-shio さんに ここで 教えていただくまでは、その時代の『パッシン・スルー』『ストレイト・シューター』(共に1972年リリース)は全くノーマーク。つい最近、2枚のアルバムが1枚のCDにパッケージされたものを入手した次第です。


ジョー脱退後は、ロイ・ケナー(vo)とドメニク・トロイアーノ(g)が加入。それまでのトリオから4人編成のバンドへとチェンジ。

サウンド面も、『Passin' Thru』では、ストレートでわかりやすいアメリカン・ロック... 『Straight Shooter』は、ジョー在籍時の「Funk #48/#49」を延長した Funk 路線... へと大幅にシフト。

ジョー在籍時には、ジョーのアコースティック路線にはついて行けてなかった感のあるデイル・ピーターズのベースも生き生きとうねっていますし、この時期がバンドとして一番まとまっているような気がしました。

トロイアーノが弾く「Madness」「I'll Tell You Why」あたりのソロは、フレーズの切れ目が不安定な音で終わる ロリー・ギャラガーの音使いに良く似たジャズ的な色合いがあり面白い。「Getting Old」では SSW 然としたアコギ弾き語りも聴かせてくれます(yu-shio さんがおっしゃるとおり、歌はけっして上手くはないけれど...)

「Madness」「Get Her Back Again」での、ロイの screaming shout は一聴の価値有り。初めて耳にしたとき 笑ってしまったほど強烈。

色々と調べてみたら、トロイアーノは同じカナダ人であるロビー・ロバートソンに憧れていて、ロビーの後釜としてロニー・ホーキンスのバンドに雇われていたこともあったり、この2枚のアルバムを残しジェイムス・ギャングを脱退した後の1974-75年にはゲス・フーにも在籍し、数枚のソロ・アルバムもリリースしているようです。

トロイアーノは、ガンとの長い闘病生活の後... 昨年 2005年5月25日 この世を去っています。R.I.P.

■ member
Roy Kenner (vo)
Domenic Troiano (g,vo)
Dale Peters (b,b-vo)
Jim Fox (ds,key,b-vo)

■ producer
『Passin' Thru』 Keith Olsen
『Straight Shooter』 James Gang

■ guest
『Passin' Thru』
Weldon Myrick (steel-g)
David Briggs (key)
William D. "Smitty" Smith (key)

■ 過去記事
Live In Concert ('71)

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[今日聴いたもの]ジェームズ・ギャング

asin:B000002R2Y:image ■Passin’ Thru / James Gang 今日もoceanさんのブログに便乗。言うまでもなくジョー・ウォルシュ、ドミニク・トロイアーノ、トミー・ボーリンという「3大ギタリスト」を輩出したジェームズ・ギャングは、70’sのアメリカのハードロックを代表するバ

コメントの投稿

非公開コメント

Passin' Thru

僕としてはこちらの方が、印象深いです。初めて買った輸入盤でした。A面はハードロック、B面はソフトなメロディアスというつくりですが、どちらもいいです。トロイアーノと言う人は、クロスオーヴァー華やかな頃一度復活してます。
こんなアルバムを取り上げてもらってうれしいです。

フィニルさん ♪

こちらの方こそ嬉しいですっ! みなさんに聴き漏れていたアルバムを教えていただいて感謝 感謝♪

>クロスオーヴァー華やかな頃一度復活
ほうほう。70年代後半ですね? 先日のダニー・カーワンに引き続き、このあたりも聴いてみたくなってきました。

ジョー・ウォルシュが居ね!

20年も昔ですが、「Passin' Thru」はアナログ盤の中古で入手しました。ジョー・ウォルシュ脱退後のアルバムって事を知らずに買いましたので、ライナー見て「ジョー・ウォルシュが居ね!」とがっかりしたんですが、聴いてみると、なかなか良くって、当時は結構愛聴しました。
いいアルバムですよね。

Passin' Thruは、、

聴いたことがないのですが、Straight Shooterはファンキーでいいですね。しかしギャング。思ったより人気あるのか、、、な?(笑)

▼ bugalu さん
やってしまいましたね?(笑
昔は情報を取るにも一苦労でしたから そういうことってありましたよね。でもそれが幸いして 聴いてみたら愛聴盤になったりして。そういうことも含めて楽しいことでした♪

▼ yu-shio さん
...ありますね♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。