スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Stevie Wonder / Talking Book ('72)

Talking Book

スティーヴィー・ワンダー 『トーキング・ブック』

スティーヴィーの曲を初めて聴いたのは「You Are The Sunshine Of My Life」だったと記憶しています。正直 今ひとつ馴染めませんでした。

しばらくして BBA アルバム('73) に入っている「迷信」がスティーヴィーの曲だと知り このアルバムを入手。それでもやはり「迷信」以外の曲にはピンときませんでした。

改めてアルバムを聴き直すきっかけとなったのが、アート・ガーファンクルが『愛への旅立ち』('75)でカバーしていた「I Believe」。何処かで聞いたことがある曲だな … と思い作者名を確認したところ、そこにはスティーヴィーの名前が...

ジェフ・ベックとアート・ガーファンクルという、絶対に相まみえないであろう2人がカバーしている曲の作者 … というだけで、僕の中でスティーヴィーという存在が大きくクローズ・アップ。

あわててこのアルバムを聴いたときに やっと「迷信」「I Believe」以外にも、「You And I」「Blame It On The Sun」の美しさに深く感動し、「You've Got It Bad Girl」あたりの斬新なサウンド・クリエイトに感心したという、ちょっと遠回りしながらも思い出に残る1枚です。


先日 Hidekichi さんから ご指摘いただいたとおり、バジー・フェイトンが参加している「Lookin' For Another Pure」にはジェク・ベックも参加。右チャンネルから流れてくる コードを軽く刻む音がフェイトン。ソロと左チャンネルから聞こえるオブリガードとがジェフでしょう (ソロの途中で Doin' Jeff! というスティーヴィーのかけ声が入っています)

ここでジェフが弾いている、トリルしながら音を下降させるフレーズが『Blow By Blow』('75)収録のスティーヴィー作「哀しみの恋人達」でも使われているのが面白いところ。

考えてみれば、すでにジェフ・ベック・グループでジャズ・ソウル的なアプローチをしていたジェフにしろ、ロック者が聴いても感激するソウルを演っていたスティーヴィーにしろ、まさに混じり合って新しい音楽を生み出す存在だったのですね。

それにも増して、革新的なサウンドを生み出したスティーヴィーからお呼びのかかった バジー・フェイトン。そして「Tuesday Heatbreak」で、今聴くと いかにもっな音色のサックスを吹いているデイヴィッド・サンボーン。「迷信」で強烈なインパクトのホーンをキメているスティーヴ・マダイオ、トレヴァー・ローレンスと、フル・ムーン周辺、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド周辺のミュージシャン達は、当時かなり尖った連中だったのであろうことを想像してみたりするのです。

■ member
Stevie Wonder (syn,key,hca,vo)

Ray Parker, Jr. (g)
Jeff Beck (g)
Buzzy Feiten (g)
Steve Madaio (tp)
Trevor Lawrence (sax)
David Sanborn (sax)

* 「Maybe Your Baby」にはレイ・パーカー・Jr が参加。ウーマン・トーンっぽい音色でオブリガードを入れています。レイ・パーカーにはコード・カッティングの人というイメージがあるのですが、こういう単音フレーズも弾くんだ … と目からウロコ。

■ producer
Stevie Wonder

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Buzzy Feiton

Talking Bookの前作、Music Of My MindのSuperwomanでも弾いてますね。

Jeffのフレーズ私もそう思いました、きっと気に入ったんでしょうな。

Ray Parkerはこの時まだ20歳そこそこ。単音でのプレイはお世辞にも上手くないよね。んで、この曲Rufusが1stでカバーしてる。2ndでRayが制作に絡んでいるのとStevieがTell Me Something Good(スタジオに遊びに来て数分で作ったらしい)を提供しているのは関連性があるのかね?

Hidekichi さん♪

>Music Of My Mind
これは未聴。いずれ聴いてみたいです。

>Jeffのフレーズ
やっぱりですか? ジェフは手癖で弾くタイプではないので「哀しみの恋人達」で使おうと思って使ったのかもしれませんね。

>Rufus
Hidekichi さんのところで特集を組んでいただけますか? 勉強させてください♪

私もこのアルバムは大好きです。
ご多分にもれず、ジェフ参加の迷信を聴きたくて買いました(笑)

You Are the Sunshine of My Lifeのスティビーのドラム、結構難しいことをしてるんですよねぇ。

てつさん ♪

そうでしたね~ スティーヴィーはドラムも叩くマルチな人でしたねっ 流石はドラマー:てつさんならではの視点です♪

Rufus特集

了解しました、2~3日中に特集しちゃいます。1stは除けばAsk Rufusまではゴキゲンですよ!

Hidekichi さん♪

>Rufus 特集
これは楽しみ♪ リクエストに応えてくださりありがとうございますっ!
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。