スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Simon & Garfunkel's Greatest Hits ('72)

Gratset Hits

サイモン&ガーファンクル解散後に発売されたベスト集 『グレーテスト・ヒット』

… とは言っても、サイモンとガーファンクルの代表曲が漫然とパッケージされているだけではありません。

「The Sound Of Silence」から「I Am A Rock」へ... 「America」から「キャシーの歌」へと続けるなど、曲順に妙味が加えられており、また、曲によってはライブ・テイクを収録することによって、オリジナル盤を聞きまくった後でも、新鮮な気持ちで2人の音楽に触れることができるよう編集されているのです。

ライヴ・テイクは、アーティの歌声とポールのギターが至上の美しさを見せる「エミリー・エミリー」他、「59番街橋の歌(Feelin' Groovy)」「早く家へ帰りたい」「キャシーの歌」の4曲。いずれも伴奏はギターだけというシンプルなスタイルゆえに、曲と歌唱の素晴らしさが際立っています。


思えば、2度の来日コンサートともにチャンスを逃してしまいました。

1度目の1982年は、チケットをとることができず … 後楽園球場のゲート付近に立ち、中からこぼれてくる歌声と演奏に耳を傾けていました。テレビでも放映された『Concert In Central Park』が、その時の内容と近かったのかな?
Concert in Central Park

2度目は1993年。今度こそっ … と、気合いを入れてチケットを入手したものの … 体調を崩し入院。記念に保管してあるチケットを見てみると、日付は12月2日。座席はバルコニーの5列105番と106番。南こうせつさんが特別出演していたようです。話に聞くところによると、豪華なバック・バンドを配した1982年のコンサートとはうって変わり、2人だけのステージだったとか。これは『Live From New York City 1967』と似た雰囲気だったのだろうか?
Live From New York City 1967

などと、今となっては現存するライブ音源を聴きながら、その時の様子を想像するばかり。1994年に、ソロで来日したアーティを拝むことができたのは慰みでしたが、やはり2人が揃った姿を目にしたかったものです。

■ 過去記事
Bridge Over Troubled Water ('70)

■ 過去のライヴ情報
【1993年】【Art 1994年】


CD3枚組BOX『Old Friends』には、次のようなライブ音源が含まれています。

・ 「Red Rubber Ball」(『Live From New York City 1967』と同日録音)
ザ・サークルに提供した曲のセルフ・カバー。

・ 「Overs」「A Most Peculiar Man」「Bye, Bye Love」(1968年 Memorial Auditoriumでのライブ)
『Live From New York City 1967』と同様、伴奏はポールのギターのみ。ハーモニーに柔らかみが加わっており「Overs」は絶品。

・ 「Hey, Schoolgirl / Black Slacks」「That Silver Harired Daddy Of Mine」(1969年 Carnegie Hall でのライブ)
サイモンとガーファンクルとしてデビューする以前、トム&ジェリー時代のヒット曲「Hey, Schoolgirl」に、Joe Bennett作 R&R をメドレーで。もう1曲は、Gene Autry作 カントリー・ナンバーのカバー。2人のルーツを歌うコーナーだったのでしょうか。

Old Friends
Old Friends

----- 2007/7/7 追記 -----
サイモン&ガーファンクルの紙ジャケ・コレクション、新装版で再発

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ポールが爆笑問題の田中に似てる気が……

1度目は仕方ないとしても、2度目は……
相当に口惜しかったんじゃないでしょうか?
ボクは逆にライブを観た後に熱で倒れた事はありますが、全然幸せ者だと実感しました(^^;

動くS&Gと云えばモンタレーくらいしか観ていないのですが、再結成(?)で何度か来日してるんでしょうか?
もしまた機会があったら観てみたいですね。
その時は是非♪

PS
かなり遅くなりましたがリンクを設置しました
リンクさせて頂いてもよろしいですか?

kitaさん

はい。かなり口惜しかったです。動こうと思えば、充分動けるくらいの症状だったので、ベッドの上でじたばたしてました(笑

>爆笑問題の田中
田中ってどっちだっけ?(汗... なんて、検索してみたら、こんな写真を発見っ
http://www.titan-net.co.jp/profile/bakusho.html
『Bookends』のジャケを、ちょっと意識してる?(笑

リンクの件、了解いたしました。kitaさんとは、当Blog開設当時からお付き合いさせていただきありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします♪

リンク

完了しました、これからもよろしくお願いしますm(__)m

>『Bookends』のジャケを、ちょっと意識してる?(笑
ホントに似てますね、タートルネックとか立ち位置とか絶妙!
これで一ネタ更新できそうです(笑

俺も

死ぬ前に(どっちが?苦笑)一度は観ておきたいS&G。2004年のツアーDVDを観る限りだとまだまだ元気そうですし、もう一回くらい日本に来て欲しいですね。
しかしその2004年再結成でも新曲は1曲のみでしたね。。アーティが逮捕されたりでS&G新作は棚上げされたのでしょうか。ブライアン・イーノpro.のサイモン新作が唐突にリリースされましたが。。
俺が聴きたいのはこんなんじゃないYO!

kitaさん・kura_moさん

▼ kitaさん
太田が左手を頭に添えれば完璧だったのですが(笑
ネタ…楽しみにしています♪

▼kura_moさん
1982年から、ほぼ10年置きに再結成しているみたいなので、次は2013年頃…? もうさすがに...(笑

>ポールの新譜
僕も聴いてみたいと思っているのですが、kura_moさんは、お気に召さなかったのですか~?
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。