スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aztec Two-Step / same ('72)

Aztec Two Step

アズテック・トゥー・ステップ

まだBlogが流行り出す以前のこと。僕がお邪魔していたあちらこちらのホームページ管理人の方達が、このアルバムの素晴らしさをこぞって取り上げていらっしゃいました。

それに興味を持ち、アズテック・トゥー・ステップのOfficial Site で購入したCDジャケットには、メンバーであるレックス・フォウラーのサインとともに Enjoy ! というメッセージが書かれていました。こういうのって、単純ですが嬉しくなっちゃうんですよね。


この時期としてはちょっと時代遅れな感じもするフォーク・サイケ調の曲があったりしますが、「Baking」「So Easy」といった、るんるん弾むような快活で明るいハーモニーとアコギ・サウンドが魅力的。

イントロの美しさにうっとり... folky & mellow groove が心地良い「Killing Me」と、ランバート&ナッティカム みたいな木漏れ日フォーク「Strangers」が、僕の中で忘れられない曲となりました。

ふと気がつけば、ジョン・セバスチャンがハーモニカで参加していたり、ラヴィン・スプーンフルのメンバーだったジェリー・イエスターがプロデューサーだったり... これも何かの縁かな … と思ったり。

■ member
Rex Fowler (g,vo)
Neal Shulman (g,vo)

Doug Dillard (banjo)
John Sebastian (hca)
Jerry Yester (banjo,p)

■ produce
Jerry Yester

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AZTEC TWO-STEP / AZTEC TWO-STEP

知る人ぞ知る存在ながら、マニア筋には評価の高いフォークデュオ、アズテック・トゥー・ステップ。 本日記事にするのはレックス・フォーラーとニール・シャルマンによるこのデュオグループが72年にリリースしたデビューアルバム。彼らの存在を知ったのちょっと前で、気長...

コメントの投稿

非公開コメント

アズテック・トゥー・ステップもちゃんとした形でCD化して欲しい1枚ですね。東海岸出身のフォーキーなデュオがLAで録音。当時ジェリー・イエスター(元スプーンフル)がやってたローズバッド(クレイグ・ダーギーがいた)のメンバーが参加しています。誰が聞いてもまず"Killing Me"に触れてるのは正真正銘の名曲だからでしょう。ローズバッドは聞かれたことありますか?
http://d.hatena.ne.jp/Finyl/20060816#p2

フィニルさん

>Killing Me
ほんとにもう名曲ですね♪

>ローズバッド
いえいえ未聴です。クレイグ・ダーギーがいた… なんて話を伺うと興味が湧いてしまうわたしです♪

おひさしぶりです。

ご無沙汰しております。
わたしもこのアルバムを最近入手しまして、記事にしましたのでTBさせていただきました。派手さはないものの素晴らしいアルバムですよね。僕も「Killing Me」「Strangers」は大好きです

shintanさん

お久しぶりです。
TBありがとうございました!
僕も久しぶりに聴いてみることにしました。
ご挨拶が遅くなってしまいましたが、よいお年をお迎えください。
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。