スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cactus / same ('70)

Cactus

これを忘れていましたっ。順当に行けば、第2期ジェフ・ベック・グループ同様、このバンドも存在しなかったのでしょうか... 歴史の綾を感じます。カクタス 『ファースト・アルバム』

このアルバムを聴いてしまうと、ベック・ボガート&アピス(BBA)が(特にスタジオ盤の方は)たまらなく sweet に感じてしまうほど loud で heavy なサウンド。僕が持っているハード・ロック・アルバムの中では、最もやかましい部類に入りますが、それを突き抜けた痛快さ・爽快さが体に残る1枚。

ティム・ボガートの歪みまくり動きまくりのベース・プレイや、何個ものドラム缶を一気にひっくり返したようなカーマイン・アピスのドラミングはもちろんのこと、テンション上がりっぱなしのラスティ・デイ(vo)、キレっぱなしのジム・マッカーティ(g)と、それぞれが細かい計算を一切せず、本能の赴くままに暴れまくる破壊的な演奏ぶりに、ただただ圧倒されるのみなのです。


モビー・グレイプの雰囲気も漂わせる「My Lady From South Of Detroit」だけが異色の出来で、他はブルースを基調とした hard なナンバーが目白押し。ただし hard さが前面に出ているのでブルース臭は ほとんど感じさせません。

挨拶代わりのアルバム1曲目 … ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズも演っていた「Parchman Farm」の、メンバー全員で猛然と駆け抜けるようなプレイぶりがとにかく強烈。

ラスティの持ち味である暴力的なヴォーカルが最高にイカしたハード・ブギー・スタイルの「Let Me Swim」。ウィリー・ディクソン作「You Can't Judge A Book By The Cover」ではジミヘンばりに、スロー・ブルース「No Need To Worry」では bluesy にとキメるジム・マッカーティのソロが凄まじい。「Oleo」「Feel So Good」でのティム、カーマインそれぞれの壮絶なソロは『BBA Live』以上。
Moby Grape / Wow John Mayall & The Blues Breakers with Eric Clapton Beck Bogert Appice Live

サンクス・クレジットには、ジェフ・ベック、ロッド・スチュワート、レッド・ツェッペリンといった名前が並んでいますが、カクタスというバンドが持つ制御不能の荒々しさは、彼らを超えています。
Jeff Beck Group / Truth Led Zeppelin

■ member
Rusty Day (harp,vo)
Jim McCarty (g)
Tim Bogert (b)
Carmine Appice (ds)

■ songs
・ Parchman Farm (Mose Alison)
・ You Can't Judge A Book By The Cover (Willie Dixon)

■ producer
Cactus

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暑さは熱さで・・・CACTUS 1ST

CACTUS 1ST 1970年 台風が来てましたね・・・そのせいなのか・・・む~~~~~っとした空気に・・・じと~~~~~っと不快指数UP↑↑・・・私、おまけに風邪をひき・・・熱でふらふら~~お風呂に入って・・・おっと!大やけどしそう~~~温度調節だいじょうぶな

コメントの投稿

非公開コメント

カクタス最高です!

いやホント大好きです。
野獣ラスティデイを筆頭に、バカバカしいほどのハードさは笑えるほど素晴らしいです。最近出た再結成盤はタワーで試聴してみたら、わりと普通な感じだったのでパスしてしまいましたが。

こんばんは!
カクタス、いいですね! 10月リリースのリマスター紙ジャケは当然全買い予定です。

yu-shioさん・shintanさん

▼ yu-shioさん
>再結成盤
やはり、ラスティがいなければ... になっちゃうんですよね~

▼ shintanさん
>紙ジャケ
出ちゃうんですよね~ ここで一気に再評価ですね♪

いや~さすがですね・・・

TBありがとうございます。
いや~熱いですね・・・ほんと1曲目から大変、ベック様がほんと甘ったるく感じます(汗)
多分ちょっとむさくるしく感じちゃうのは(私自身)、ヴォーカルとギターのせいで・・・T&Aさんたちは・・・う~~んやっぱり・・・汗・・・

AGAINです・・・

いつも、「気になる記事に・・・」紹介ありがとうございます。oceanさんところから、めっちゃくちゃたくさんの方がウチに来てくださっていて、ほんとびっくりなんですよ。
ありがとうございます。

evergreenさん

ほんとうにもう、汗かきまくり!(きっと演奏している本人達も)カクタスで夏バテを乗り切ろう♪ って、その前に疲れ果てちゃいますかね(笑

>気になる記事
そういう分析結果が出ているんですか?! それは僕にとっても嬉しいこと。ああいうコーナーを作っている会があるというものです♪ こちらこそ、ご報告いただき有難うございました!
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
12≪│2017/03│≫10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。