スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chicken Shack / Imagination Lady ('72)

Imagination Lady

チキン・シャック 『イマジネイション・レイディ』

コージー・パウエル、カーマイン・アピスとツー・バスの使い手が続きましたが、チキン・シャックのドラマー:ポール・ハンコックスも、なかなか気持ち良くパタパタとキックしています (「Telling Your Fortune」ではドラム・ソロも披露)

1960年代後半にイギリスで巻き起こったというブルース・ロック・ムーヴメントについては全く疎く、クリスティン・パーフェクトがいた これ以前のチキン・シャックはもとより、ピーター・グリーン在籍時のフリートウッド・マックまでも、ほとんど聞いたことのない僕ですが、ジャケットの美しさと、ティム・ハーディン「If I Were A Carpenter」、ドン・ニックス「Going Down」と 2曲のカバーに惹かれ、このアルバムを手にしました。


ブルース基調の曲は7曲中3曲と少ないせいもあってか、ブルースという観点に立って聞くと物足りなさを感じるかもしれませんが、クリーム「White Room」と瓜二つのコード進行(もちろんワウ・ワウ・プレイも有り)で展開する「Daughter Of The Hillside」があったりと、ロック寄りからすると面白く聴くことができます。

逆に「Going Down」のギター・ソロはフレディ・キングのヴァージョンと近似しており、やはりルーツはそちら方面なのか … と感じたり。

しかし... 7曲中5曲までにワウ・ペダル使用と、1枚のアルバムでここまで多くのワウ・ワウ・プレイを聞くことができるものも珍しい。スタン・ウェッブは、ワウ・ペダルに対する何か強いこだわりがあったのでしょうか。

■ member
Stan Webb (g,vo)
John Glascock (b)
Paul Hancox (ds)

■ songs
・ If I Were A Carpenter (Tim Hardin)
・ Going Down (Don Nix)

■ producer
Neil Slaven

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

シブいアルバムに来ますね。チキン・シャック、僕もまともに聞いていないのですが、このアルバムやら、ライヴやらは何度もキングから再発され(LP)たので、覚えがあります。スタン・ウェッブという人は、チキン・シャックというバンドを持ちながら、平気でライヴァルバンドだった、サヴォイ・ブラウンに加わっちゃうくらい、ある種孤高の人です。
"Going Down"は、ドン・ニックスのいたモロクをオリジナルとしてますが、本当に数多くのカヴァーがあります。これはやはりベックの功績でしょうか?

このアルバムは

ブルースではなくハードロックですね(笑)。
スタンはほんとにフレディ大好きなギター弾きますよね。

フィニルさん・yu-shioさん

▼ フィニルさん
>サヴォイ・ブラウン
これがまた聞いたことありません(汗

今聴いている時点で最も古い「Going Down」のカバーは、フレディーのバージョンなのですが、まだまだ他にあるかもしれませんね。しかし... モロク…とは?

▼ yu-shioさん
ワウかけまくりなので微妙なフレージングはわかりづらいのですが、どちらかと言えば やはりハードですね(笑。
ブルース多めで新しめの『Stan The Man Live』というCDをチェックしようと思っていたのですが、いつのまにか廃盤になっていました...残念。
http://www.amazon.co.jp/Stan-Man-Live/dp/B000002XTY/ref=sr_11_1/503-4088804-5612758?ie=UTF8
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。