スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Simon & Garfunkel / Bridge Over Troubled Water ('70)

Bridge Over Troubled Water

サイモン&ガーファンクルのラスト・アルバム 『明日に架ける橋』

中学1年生の時、3年生を送り出す卒業式のテーマ・ソングが「明日に架ける橋」。3年生の二人組(その内の一人は『Deja Vu』を借りた友人のお兄さんでした)がステージの上で演奏していた曲が「The Boxer」と、このアルバムを聴くとあの時のしめやかな雰囲気と晴れやかな光景を思い出します。


その他「The Only Living Boy In New York」「Song For The Asking」がお気に入り。

ビートルズの「Let It Be」と「明日に架ける橋」… 厳かなピアノで始まりエンディングで盛り上がるという似た曲調の両曲。ともに"Lady Soul"アレサ・フランクリンにカヴァーされていることも見逃せません。

だけど、今聴くとアルバム全体に他のS&Gアルバムには無い騒々しさを感じ、『ジョンの魂』を聴いた後だけに余計にそれが耳についてしまいました。

■ member
Larry Knechtel (key)
Hal Blaine (ds)
...

■ produce
Simon & Garfunkel
Roy Halee

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぬかるみに嵌って

今日は朝からS&G三昧、それこそ飯も食わず!あっ、でも風のハルカは観た、真矢みき大好き♪ボク等の世代だと、おそらく小学生時代の音楽の教科書に載ってたはず。ボクの教科書には『The Sound Of Silence』と『Scarborough Fair/Canticle』があった。日本語の歌詞...

SIMON AND GARFUNKEL / BRIDGE OVER TROUBLED WATER...

本日記事にするのは、70年のグラミー6部門を受賞したサイモン&ガーファンクルの名作「明日に架ける橋」。再現度を増した再紙ジャケが8日にリリースされましたが、、同じ2001年リマスター音源のプラケは所有してたものの、躊躇なくこのアルバムは予約しちゃいましたね。アル

コメントの投稿

非公開コメント

レリビ~♪

いつもコメント&TB有り難うございますm(__)m
こちらTBさせて頂きました♪

な~んか無性に聴きたくなって大人買いしちゃいました(^^;
意外と知ってる様で知らない、でもやっぱり聴いた事のある曲が多い人達ですね。
でやっぱりフォークだロックだとジャンルの有無を云わさない力強さと美しさがあるなと。
うん凄い人達だと改めて感じました。

oceanさんのレビューを読んでたら無性にLet IT Beが聴きたくなったので聴いております♪

kita さん♪

僕も最近、中古でオリジナル・アルバム5枚全部入りの BOX を手に入れ。久々に流しました。

>力強さと美しさ
ですね~♪

時代も超えてますね。

おはようございます。TBありがとうございました。
確かにアルバムトータルで見ると、ブックエンド(特にA面)のような統一感はないですよね。でもヒット曲や代表曲が多いし、けっこう好きなアルバムです。

shintanさん

TBとコメントを有り難うございました。

この後の2人(特にポール・サイモン)のソロ活動と繋げて聴いてみると、S&G ラスト・アルバムが、ソロの原点 … みたいな感じに仕上がっているのも興味深いところです♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
10≪│2017/11│≫12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。