スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レココレ選 70年代 ロック・アルバム・ベスト 100

早速、買ってまいりました「レココレ6月号」

70年代ロック・アルバム・ベスト100 … ある程度、予想はしていましたが、リアルタイムで聴かなかったから … という理由で、僕の25枚からバッサリ落としてしまった 1970~72年リリースのアルバムが、100枚中 44枚と、半数近くを占めているのには驚きました。

この3年間をリアルで聴いてらっしゃった方達は、相当濃密な時間を過ごされたのではないでしょうか。それは、音楽の話に限ったものではなく、その時代に思春期を迎え生きていた … という点においても、同様だったのでは...

話は変わりますが、僕の25枚の中で、レココレの100枚に入っているのは、ボブ・ディラン『欲望』と、ザ・バンド『南十字星』の2枚だけですか。まぁ、それは"らしい"という一言で軽く済ませてしまいましょう。

それにしても... (以下、ネタバレ有り)


60年代に引き続き、サンタナが選ばれていないというのは、どういう訳か...(デラニー&ボニーも蚊帳の外) 評論家の方達からは、よっぽど受けの悪いミュージシャンなんでしょうか?

『いとしのレイラ』、『All Things Must Pass』が選ばれていて、デイヴ・メイスン『Alone Together』('70)が外れているのは? これらは 3点セットだったはずなのに...

ジェフ・ベック2期グループから、どちらかが入ると思っていましたが...

エマーソン・レイク・&パーマーは、どこへ行ってしまったのでしょう。ELP は、他のプログレ・バンド達から馬鹿にされていたという話を聞きましたが、評論家の方達も?

オーリアンズは無理にしても、ドゥービーはどうなんでしょう? CSN&Y があるなら、ポコロギンズ&メッシーナが選ばれてもおかしくない … と思うのは贔屓し過ぎ?

ジョニ・ミッチェルが3枚も選ばれている内の 1枚くらいは、リンダ・ロンシュタットに差し替えてあげても良さそうなのに...

一過性で終わったといえ、70年代固有のブラス・ロックというスタイルを確立した、シカゴはどうなんだい?(あっ これは僕も選んでいなかった...)

それより、おいっ。バドカンが無いっ。駄目ですか...

そう熱くなってもしかたありませんが、評論家の方達が選び、それが本という形になって書店に並んでいるからこそ、茶々の一つ二つも入れたくなってしまうというものです。内面に訴えかけてくるミュージシャンももちろん良いですが、上記のような、単純に音を聞いて楽しめるミュージシャン達に、もっと陽の目を … なぞと、考えてしまいました。

レココレの「70年代ロック・アルバム・ベスト100」に選出されたアルバムのうち、僕が過去に UP したことのある記事の index を作ってみました。冒頭は、レココレ順位。●印の付いているものは、僕の25枚に選ぶことを当初検討していたアルバムです。

2位 ● Neil Young / After The Gold Rush ('70)
3位 ● John Lennon / Plastic Ono Band ('70)
4位   Carole King / Tapestry ('71)
8位   The Rolling Stones / Sticky Fingers ('71)
9位 ● Derek & The Dominos / Layla And Other Assorted Love Songs ('70)
10位 ● The Allman Brothers Band / At Fillmore East ('71)
14位   James Taylor / Sweet Baby James ('70)
16位   George Harrison / All Things Must Pass ('70)
17位   Led Zeppelin / Four Symbols ('71)
20位   John Lennon / Imagine ('71)
25位 ● Crosby, Stills ,Nash & Young / Deja Vu ('70)
26位 ● Van Morrison / Moondance ('70)
30位   Paul & Linda McCartney / Ram ('71)
35位   Dr.John / Gumbo ('72)
39位 ● Joni Mitchell / Blue ('71)
51位   Traffic / John Barleycorn Must Die ('70)
59位   Janis Joplin / Pearl ('70)
71位 ● Eric Justin Kaz / If You're Lonely ('72)
72位 ● Bobby Charles / same ('72)
76位 ● Nilsson / Nilsson Sings Newman ('70)
79位   James Taylor / Mud Slide Slim And The Blue Horizon ('71)
99位 ● Stephen Stills Manassas / Mananass ('72)
※ レココレには(1973)と記載されていますが(1972)の間違いでは?

ニルソンが選ばれていたのには嬉しく思い、マナサスがぎりぎりでひっかかっていたのにはホッとしました。

■ 過去記事
60年代 ロック・アルバム・ベスト 25
60年代 ロック・シングル・ベスト 30
70年代 ロック・アルバム・ベスト 25
70年代 極私的ベスト・シングル 30

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビューティフル・ソングス~ココロ デ キク

ごく当たり前に1曲目と2曲目目当てで買ったのですが、他は聴いたことのない曲が多いせいか、最初はあまりピンとこずやはり既視感ならぬ既聴感のある曲が多いほうが聴きやすいのかしらなどと思っていたのですが回数流して聴くうちに頭を離れなくなる曲がいくつか出てきて、...

コメントの投稿

非公開コメント

確かに微妙

60年代はともかく、70年代はちょっとどうかな~というセレクトでしたね。<レココレ
評論家選って言ってももっと統制をとるべきだとは思います。
確かに1アーティストで何枚も選ばれているのに、1枚も入っていない人がいるのもどうかと。しかも王道が少ない。
まあいまさらってことなのかも知れませんし。それだけ70年代は選びづらいってことなんでしょうけど。。
ピストルズの1位って。。

kura_moさん

佳作を多く出しているアーティストは票が割れて、結果的に100の中で多く顔を出すことになり、これぞっみたいな1枚を持っているアーティストの盤に票が集中し、それが上位に食い込んでしまうんでしょうね。

ちなみに僕は、ピストルズのアルバムは聴いたことがありません。

私も見たよ

私も昨日買ってきました。
1位のところに全く見覚えのないアルバムが来てて
ちょっとびっくりしました。
1回 聴いてみようかな と思うけど
これ うちのギター小僧の友達のギター小僧が
すきなのだ。

そーですか。72年までが44枚も・・・・。
75年以降急に新譜レコード買わなくなった
私にしたら知らないアルバムも多いなあ 
って思ったんですけど あたりまえか・・・。
でも 当時のNew Music Magazineが主に取り上げてた音楽を考えると
(エージ一派とか 言われてた。私もそうだったけど・・・)
これでもけっこう 幅広く頑張ってるんじゃないかな
とか 思っちゃいます。
他の音楽雑誌がやると きっとまた全然違う結果になってたと思う。

melonpanさん

こういうのって、選ぶ時期、選ぶ人によって内容が変わってしまいますものね。でも、多少の順位の変動はあったにせよ、選ばれる盤は結局同じなのかも... それにしても、サンタナがね~(しつこいって)
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。