スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Live】 Stephen Bishop 2004

日付:2004年11月19日 / 場所:DUO MUSIC EXCHANGE

公演開始時間ギリギリに会場に着いたわりには、一番後ろでしたが真正面の席に陣取ることができました。後ろ…とは言っても、小さい会場ですから BISH の動きが手に取るようにわかる、とても嬉しい距離でした。

夜の8時。ほぼ定刻通りにメンバーが入場。キーボードに Jim Wilson、ギター・ベースは名前聞き取れず。

何やら怪しげな司会者(メンバー紹介をするためだけに同行してきたのかな?)が「オスカーやグラミーに"ノミネート"された、素晴らしい Singer Song Writer!」と BISH のことを紹介。"ノミネート"のところで、会場は笑いに包まれ和やかな雰囲気に(そうなんです。BISH は"受賞"することはできなかったんです)

そこで BISH が登場。外見…変わりませんね。

まずはセット・リストを。


  1. Parked Car
  2. Rescue You
  3. One More Night
  4. It Might Be You
     "Tootsie Song" と紹介してました
  5. Little Italy
  6. Send A Little Love My Way
  ここでビリー・ホリディとダイアナ・ロスの物真似(大盛上り)
  7. Sex Kittens Go To Collage
  8. Promise Me The World
  9. Separate Lives
  --- 15 minute break ---
  10.Jim Wilson keyboard solo
  11.Sinking In An Ocean Of Tears
  12.Careless
  13.On And On
  14.Picasso Played A Blue Guitar
  15.Walking On Air
  16.Looking For The Right One
  17.Save It For A Rainy Day
     レゲ調に大胆なアレンジが施されていました
  --- encore ---
  18.Blue Window
  19.Red Cab To Manhattan
  20.Madge

「いや~たっぷり堪能したな」と席を立とうとしたところ BISH はなかなかステージを去ろうとしません。

「どうしたのかな?」と思っていたらBISH が「今日はDVDの録画日だから、これから本番中に上手く演奏ができなかった曲をやりなおすんだけど、みんなつきあってくれるかな?」

これにはみんな一斉に「Yeah!」

いやはや、ここからがまた楽しかった。

曲と曲の途中で、スーパー・トランプやボブ・ディランの物真似。ベンチャーズの「パイプライン」まで飛び出す始末。

「ケアレス」や「哀愁マンハッタン」でお馴染みの「口ラッパ」あれは、ミュート・トランペットの真似だと思っていたら「トロンボーン」だと言っていました。以前、レコーディング中に、他のスタジオで録音中だったクインシー・ジョーンズが BISH のスタジオを覗き込み「素晴らしいトロンボーン奏者がいるみたいだけど、誰だ?」と言ったそうで、「それは俺だよ」と BISH が答えると「Hey man!」と笑いながら去っていった... そんなエピソードも、とても興味深く聞くことができました。

「マッジ」の弾き語りは、それはそれは感動ものでしたが、あれを歌いながら弾くというのはさすがに難しいらしく、何回もトチッては演奏し直し…を繰り返していました。

ギターはオーケストラの伴奏に匹敵する…なんて表現する方もいらっしゃいますが、BISH のギターはまさにそれですね。

コンサート終了後は、会場で販売されていた「Demo 3」を購入した人を対象にサイン会。既に BISH のサイトで手に入れてましたが、サインも欲しいし握手もしたいミーハーな僕は列に加わりました。

順番が近づいてきたら、緊張のせいか汗ばんでしまい「My Name is …」と「Thank you」しか言えず… BISH はアルバム・ジャケットに、僕の名前と「Domo!」を書き込んでくれ「Thank you for coming!」と微笑みながら暖かく大きな手で握手をしてくれました。

その時、既に11時。僕の後ろにはまだまだ長蛇の列が。「BISH が床につくのは何時くらいになるのかな?」などと思い、心に暖かいものを感じながら、家路についたのでありました。

Duo Music Exchange Presents”World Premium Artists Series 100’s”スティーヴン・ビショップ Live! Fear Of Massage - demo 3 -

■ 過去のライヴ情報
【1994年】【2002年】

テーマ : ライヴレポ・感想
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。