スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Free / Fire And Water ('70)

Fire And Water

JT が「Fire And Rain」ならこちらは...『ファイアー・アンド・ウォーター』 フリーです。

クイーン+ポール・ロジャース公演でも演奏された「All Right Now」や、フリーのヘヴィーな代表曲「Fire And Water」「Mr.Big」などが収められていますが、デビュー・アルバム『Tons Of Sonbs』('69)とそれに続く『Free』('69)と比べると、全体的に物静かな雰囲気に包まれています。


ポールの熱いシャウトも、クラプトンでさえ教えを請うたというポール・コソフのチョーキング・ビブラートも控えめ。逆にとても丁寧に歌い演奏しているので、「Heavyload」「Don't Say You Love Me」など、曲の出来の良さと相まって彼らの上手さが引き立って聞こえます。

この後『Highway』('70)をリリース。物静かさがさらに深みを増し侘び寂びの世界へと変化していきますが、フリーの元来の魅力である荒々しさが感じられず、僕としては少し印象の薄いアルバムでした。

翌年の1971年にフリーはいったん解散。それぞれの道を歩み始めます。が...

■ member
Paul Rodgers (vo)
Paul Kossoff (g)
Andy Fraser (b)
Simon Kirke (ds)

■ produce
Free

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fire and Water/FREE (フリー)

Brian May meets Paul Rodgers

 未だ冷めやらぬ昨日のクイーン+ポールのライブですが、おかげでその原点のDVDをまた見てしまいました。

ポール・ロジャースが世に出たあの”FREE\"

Fire and Water今、QUEENと一緒に活動しているポール・ロジャースの出世バンド、FREEの”FIRE&WATER”(1970年作)。当時20歳前後という若いメンバーで、しかもルックスが抜群、演奏もやたら重々しく、とにかくめちゃめちゃカッコよくて、当時グラ

Free - Tons of Sobs

 A Happy New Year! 明けましておめでとうございます。いつも見に来られている方々全てが今年も良い年になりますように。そしてロックに邁進しましょう~(笑)。 そんなことで挨

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

リンク、コメントありがとうございました。こちらからも早速貼らせて頂きました。(^^♪
このところ諸事情によりブログの更新が滞っていましたが、そろそろ少しずつ復帰して行こうと思っています。今後ともよろしくお願いします。
(でも以前よりペースは落ちるかも。。。。)

axisさん

こちらこそありがとうございました。
こちらもゆっくりのんびりペースでやっています。継続は力なりの精神で頑張ってまいりましょう(って少し大袈裟?)

こめんとありがとうございます。
フリーいいっすねぇ~、名曲の嵐のこのアルバムはもう最高。ライブもよかった!

フレさん♪

こちらにもコメントありがとうございました。

ライヴはまた物凄いですよね~
それがリリースされた'71年までもう一息。近々レヴューできると思いますので、その時はぜひコメントをお願いいたします♪

 フリーを聞いたのは、そうだな~、17か18才ぐらいだから、もう30年前だな。40
代半ばのおじさん(じっちゃんか)にとっては、よくこの「オールナイトナウ」をコピー
したものです。ポールコゾフの弾くコード
は、普通のコードフォームじゃなくて、あれ
ってのが多かった。(押える指のポジションが違うので、苦労しました)あと、ビブラートの凄いこと!エリッククラプトンが「君
、どうやっているんだい?」と聞きにきた
という逸話があるとか。でも、ライブは良いのだけど、スタジオアルバムはどれも、何だかおとなしい感じがする。ライブの音源がもっと出て来てほしいバンドのひとつ
です。

吉岡さん♪

>ビブラート
クリス・スペディングの『Chris Spedding』収録「ギター・ジャンボリー」という、クリスがジミヘンやらクラプトンやら代表的なギタリストの音色・フレーズを延々と物真似していく曲があるのですが、ポール・コゾフの部分ではチョーキング一発のみ。ひっくり返って笑えますよ♪(試聴できるサイトが見つかりませんでした…)

>ライヴ音源
バドカンとともに、今後の発掘を期待したいです!

アンディ・フレイザーが好きでした

いいですよね、このFREE.コゾフさんはざんねんでしたが。FREDDIEのファンでしたが、QUEENとポールだったらほんとうれしいですもん。

evergreen さん♪

最近ケーブルTVの音楽チャンネルで「Mr.Big」の演奏風景を見たのですが、みんな若々しくてカッコ良いの何のって♪

みなさん、いろいろな方法(実際のライブやケーブルTV等)でフリーやバドカンの映像を見たことがあってとてもうらやましいです。先日のクイーンの埼玉スーパーアリーナにはいったのですが、フリーは見たことなく、バドカンはNHKBSで見たロックンロールファンタジーしかありません。なんかビデオとか、DVDとかあったらほしいなあと思っています。最近、BADCOアンソロジーを輸入盤でゲットして聞いています。

Tommy さん♪

はじめまして。コメントありがとうございました。

Free のライヴDVDはまだ出ていないようですが、もし発売されたらぜひ見てみたいですね!
バドカンの DVD は、こんなのが出ています → http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=708065
オリジナル・メンバーはポール・ロジャースとサイモン・カークのみですが、ベースにはチャーのサイケデリックスでベースを弾いていたジャス・ロックリーが。ゲストとしてニール・ショーンとスラッシュが参加していますよ。
チャンスがあったらご覧になってみてください♪
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
10≪│2017/11│≫12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。