スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The 5th Dimention / Greatest Hits on Earth ('72)

Greatest Hits on Earth

フィフス・ディメンション 『グレイテスト・ヒッツ』

フィフス・ディメンションをリアルタイムで聴いた方達の中には、彼らが歌っている曲から、ローラ・ニーロや、ジミー・ウェッブを知った … という音楽ファンが多いと伺っております。

僕が洋楽に興味を持ち始めた 1972年後半~1973年の初め頃、フィフス・ディメンションの曲は、ラジオ等でも依然として on air され続けていたと記憶しています。ですが当時の僕には、作曲者がどうの、セッション・ミュージシャンがこうの … といった知識欲は全く無く、聴いていて心地良い彼らの音楽を単純に楽しんでいました。

その後、多少のうんちくを垂れるようになってから、ローラ・ニーロはブラッド・スウェット&ティアーズ「And When I Die」から、ジミー・ウェッブはアート・ガーファンクル「All I Know」から教えていただいたわけですが、ローラとジミーのことを調べ始めると、なんだっ フィフス・ディメンションはローラとジミーの曲を歌っていたのか … と、リアル世代の方達とは別の手順で、相互関係を知ることになったのでした。
Blood, Sweat & Tears / same ('69) Art Garfunkel / Angel Clare ('73)

フィフス・ディメンションの男女混声による高度なコーラス・ワークは、ロジャニコや、ママス&パパスと並び賞賛されるに値するものと信じて疑いません。
Roger Nichols & The Small Circle of Friends ('67) The Mama's and The Papa's / If You Can Believe Your Eyes and Ears ('66)

...と言いながら、オリジナル盤は聴いたことが無く、この『グレイテスト・ヒッツ』しか持っていない僕ですが、その充実した内容は僕を十二分に満足させてくれました。


ローラ・ニーロと、ジミー・ウェッブの曲は元ネタの良さもありますが、それを鮮やかなコーラス・ワークで歌いきるフィフス・ディメンションの素晴らしさは言うまでもなく。他の曲で...

【お気に入りの3曲】
★「One Less Bell To Answer」
しっとりとムーディーに歌い上げるマリリン・マックーにうっとり。ちなみに彼女... フィフス・ディメンションに加入する前は、トップ・モデルとして名を馳せていたそうだ。天は二物を与えた...

★「Puppet Man」
'60年代後半のサイケな面影を少し残した1970年のヒット曲。ぱぱぱ~ぱぱぱ~ぱぱぁぱぱぁぱ~ ぱぺっまぁ~んっ♪ … の輪唱ハモが最高にイカしてる。一度耳にしたら、こびり付いて離れないこと必至。

★「恋をみつけよう:Together Let's Find Love」
後に夫婦の関係となる、マリリンとビリー・デイビス・Jr の燃え上がるようなデュエットに胸も焦がれる。

■ member
Lamonte McLemore (vo)
Marilyn McCoo (vo)
Ron Townson (vo)
Florence Larue (vo)
Billy Davis, Jr. (vo)

■ songs
・ Stoned Soul Picnic (Laura Nyro)
・ Wedding Bell Blues (Laura Nyro)
・ Save The Country (Laura Nyro)
・ Up, Up And Away (Jimmy Webb)
・ One Less Bell To Answer (B.Bacharach / H.David)
・ Puppet Man (Neil Sedaka / H.Greenfield)
・ Together Let's Find Love (J.W.Alexander / W.Hutchison)

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

大好き!

5th Dementionは やっぱし最初の「輝く星座」が一番好きやけど
あとに続くヒット曲も みんな良い曲 洗練されたコーラス アレンジ で ものすごく好きな曲たくさんあります。
ローラニーロのことを知ったのは 多分5thDementionがきっかけだったかも。。。

5D大好き!

オリジナル・アルバム1枚も持っていないのですが大好きです。
このベストの中では、
『(Last Night)I Didn't Get To~』
『Up、Up And Away』
『Together Let's Find Way』
がお気に入りですが、他の曲もいいですね。
アソシエイションのカバーも。
ちなみに私の持っているベストは
http://www.amazon.co.jp/Very-Best-5th-Dimension/dp/B00000JR4J/ref=sr_1_1/249-5159709-9237101?ie=UTF8&s=music&qid=1181635857&sr=1-1
です。
22曲入りでお買い得でした。

melonpanさん・whiteさん

こんばんわ。お二人とも「大好き!」で、僕も嬉しいです!

▼ melonpanさん
>輝く星座
誰もが一度くらいは耳にしているはずの曲だと思います♪

>ローラ・ニーロ
そうでしたか!… って、ばれちゃうじゃありませんか(笑

▼ whiteさん
>アソシエイションのカバー
「Never My Love」ですね♪

しかし、LP時代は収録時間の制限があったからあれですが、最新の CD ベストとなると詰め込めるだけ詰め込みました … みたいな感じで、物凄いボリュームですね~。だけど、LP時代の10曲程度が、体に無理なく聞き飽きなくて良いです♪

こんにちは

このグループは聴いたことなかったんですが、先日オリジナルアルバムを安く入手できました。聴きこんだら記事にしようと思ってます。

良いですね

久しぶりにコメントさせていただきます。
「Aquarius」や「Wedding Bell Blues」が大ヒットしていた頃にラジオでよく聴いていましたが、実際にアルバムを買ったのはほんの2年前です。2枚組36曲入り編集盤でしたが、ほぼ全曲が気に入りました。
活動後期のヒット曲は、ソロ・ヴォーカル&バック・コーラスというスタイルが多くなって、ダイナミックなハーモニー・サウンドは少なくなりましたが。
『エド・サリヴァン・ショー』のオムニバス・ビデオに収録されていた「Stoned Soul Picnic」のすごく楽しそうな表情の振り付けが印象に残っています。

shintanさん・プーニールさん

▼ shintanさん
Up されるのを楽しみにしております!
記事を拝見したら、欲しい CD がまた増えてしまうかもしれません♪

▼ プーニールさん
お久しぶりです!お元気でお過ごしでしたでしょうか?ここを憶えておいていただき、たいへん嬉しく思いました♪

>活動後期のヒット曲は…
僕が選んだ「恋をみつけよう」が、まさにそんな感じでした。マリリン・マックーとビリー・デイビス・Jr.の二人は、後にバンドから独立したんですよね?

>振り付け
歌と一体となった振り付けは、この手のグループに無くてはならないものですね。動く彼らは見たことがないので、チャンスがあれば、ぜひ見てみたいと思っています♪

プーニールさんは Blog 再開されないのですか?
それは別にしても、またぜひお立ち寄りください!
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
03≪│2017/04│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。