スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nilsson / Son Of Schmilsson ('72)

Son Of Schmilsson

ニルソン 『シュミルソン二世』

初期の作品ではビートルズの楽曲を好んで取り上げ... ジョン・レノンからは電話を通じて直々に称賛の言葉を受け... バッドフィンガー「Without You」をカヴァーし、それが大ヒット... と、間接的にビートルズ周辺と関わりのあったニルソン。

ついにこのアルバムでは、ジョージ・ハリスンが George Harrysong 、リンゴ・スターが Richie Snare (もう一人のドラマー Barry Morgan なる謎の人物もリンゴか?それともアラン・ホワイトか?)の変名でゲスト参加し、これをきっかけにビートルズのメンバーと親交を深めるようになります。また、ビートルズ周辺人物として、ベースにクラウス・ブアマン、ジョージの『All Things Must Pass』('70)をバックアップしていたホーン・セクションの2人 … ジム・プライス(tp)、ボビー・キーズ(sax)が参加しています。

それじゃあ、ビートルズっぽいサウンドになったのか … 全くなりません。初期のアルバムで聴かせてくれた、ノスタルジックなメロディあり。前作『Nilsson Schmilsson』('71)で見せた Rock/R&B スタイルの曲ありと、飛びっきりのニルソン・ワールドで、僕たちをたっぷり楽しませてくれるのです。

この後のニルソンは、映画好きのリンゴに誘われて、リンゴ監督によるアップル映画《吸血鬼ドラキュラ二世》の主役に抜擢され、このアルバムのジャケットに写るドラキュラ姿そのままで登場。リンゴ自身も魔術師役で出演しているようです(残念ながら未見)
Music from the Apple film : Son Of Dracula (original soundtrack) ('74)

そして「失われた週末」… ニルソン、リンゴの2人に、オノ・ヨーコと訳ありで別居中だったジョン・レノンを加えたメンバーで飲み歩き、どんちゃん騒ぎを繰り返す日々。ジョンもニルソンも荒んだ生活を送り、それが音楽活動にも影響を及ぼす結果となるのです。

その辺の話は、またの機会にして...


【お気に入りの3曲】
★ 思い出:Remember (Christmas)
ニルソンお得意の郷愁を誘うメロディ。シンプルな言葉遣い。圧倒的な歌唱力・表現力に胸打たれる。ニッキー・ホプキンス(p)が控えめながら好演 … 特にエンディングが良い。

★ ラジオをかけろ:Turn On Your Radio
高らかに歌い上げたと思えば、グッと落とす。そのあたりがニクイ。囁くように歌うニルソンは、僕の側にいてくれるようだ。ニルソンの曲で Best 10 を選べと言われれば、この曲をそこに入れたい。チャーミングな「宝くじの歌:The Lottery Song」にも心惹かれる。

★ 傷ついた心:You're Breakin' My Heart
前作における新生面を引き継ぐ R&R/R&B スタイルの曲。ジョージが軽くスライドを決め、ニッキーがピアノの鍵盤を転がしている。楽しさ満点だ。

そして、もう数曲...
☆ Spaceman
デヴィッド・ボウイ「Starman」... エルトン・ジョン「Rocket Man」... そして、ニルソン「Spaceman」と、1972年の宇宙物3部作が完結。しかし、この年は実際に相当数のロケットが飛び立ったのだろうか。こうも曲が揃うと偶然とは言えないような気がする。また、エルトンの『Honky Chateau』では一旦手を引いたポール・バックマスターが、こちらでお仕事。スケール感のあるオーケストレーションが効果絶大。

----- 2007/6/23 追記 -----
その後の調べで、この前年 1961年4月12日 … 人類初の有人衛星、ソ連宇宙船ボストーク1号が、ガガーリン飛行士を乗せ地球一周に成功 … したことがわかった(Wikipedia より)
-----

その他、『The Point』('71)で聴かせてくれたトーキング・スタイルのカントリー調ナンバー「Joy」、ニルソンの別の一面である狂気の表情を見せる「待ち伏せ:Ambush」、次作『夜のシュミルソン』('73)への橋渡しになるようなゴージャスな雰囲気のラスト・ナンバー「世界のなかで最も美しい世界:The Most Beatiful World In The World」等々、捨て曲一切無し。

「Take 54」では、ローウェル・ジョージが華麗なスライド・プレイを披露(数あるローウェル参加曲の中でも名演の一つに入ると思う)。「ぼくの家の玄関で:At My Front Door」では、ピーター・フランプトンが sharp なソロを取る … と、米英のギタリストによる競演を楽しむことができるという、素敵なおまけ付き。

■ member
Harry Nilsson (vo,key)

Lowell George (g)
George Harrysong (g)
Peter Frampton (g)
Chris Spedding (g)
Red Rhodes (pedal steel)
Nicky Hopkins (p)
Klaus Voorman (b)
Richie Snare (ds)
Barry Morgan (ds)
Ray Cooper (per)
Milt Holland (per)
Richard Perry (per)
Jim Price (tp)
Bobby Keys (sax)
Paul Buckmaster (Orchestral Arrangements)

■ songs
All songs written by Nilsson, except...
・ At My Front Door (E.Abner / J.Moore)
・ I'd Rather Be Dead (Nilsson / Richard Perry)

■ producer
Richard Perry

■ 過去記事
Nilsson Sings Newman ('70)
Harry Nilsson's Works in 1971

----- 2007/7/4 追記 -----
ニルソンのデビュー40周年記念、RCA期の作品群が紙ジャケ化

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

久々にこのLPを引っ張り出しました。僕はニルソンのノスタルジック路線というのが、最高に苦手で、そういう作品が多いというイメージがあって、ニルソンはこのLPしか持ってません。買ったわけは豪華ゲストと安かったからです(^^; 一番印象的なのはニッキー・ホプキンスのピアノで、さすがキンクスに"Session Man"という曲を贈られただけの事はありますね。歌を引き立たせるプレイでありながら、妙に耳に残るフレーズもあります。"Turn On Your Radio"と"You're BBreakin'My Heart"は、ベストトラックですね。ジョージとかリンゴとかあまり意識したことはなかったです。バリー・モーガンは"Melting Pot"のヒットを出したブルー・ミンクのdsですが、このグループはスタジオ職人の集団なので、セッション多いです。

フィニルさん

>このLPしか
なるほど、そう言うわけでしたか~。それなら、この1つ前『Nilsson Schmilsson』('71:http://ocean461.blog23.fc2.com/blog-entry-135.html)もいけるかも知れませんよ。

>バリー・モーガン
さすがにお詳しいですね~! 勉強になり、有り難うございました!
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
12≪│2017/03│≫10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。