スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paul Simon / same ('72)

Paul Simon

ポール・サイモン 『ポール・サイモン』

1970年、サイモン&ガーファンクル解散後のポール・サイモンにとって初となるソロ・アルバム … ですが、S&G の 1st『水曜日の朝、午前三時』('64)が、一般的な評価もセールス面でも思ったような成果を上げることが出来ず、失意に暮れたポールはイギリスへ渡り、そこで録音した弾き語り集『The Paul Simon Songbook』を 1965年にリリースしていますから、事実上は 2nd … ということになりますか...
Simon & Garfunkel / Wednesday Morning, 3 AM The Paul Simon Songbook

それは別にしても、僕にとってのポール・サイモンとは、ジェイムス・テイラーと肩を並べる愛すべきシンガー・ソングライター。二人のベクトルの向きはちょっとだけ異なりますが、二人からはニューヨークの薫りがして... JT はザ・セクション、ポールは後にスタッフをバックに従え、バンド・サウンドにこだわりを見せた... と、共通点は少なくありません。

また、二人とも徐々にアコギの弾き語りスタイルから離れて行きますが(それはそれで良し)、特に初期の数枚では、その歌声と歌っている内容... ギターの音色とテクニック... そしてそれら全ての調和... という点において、僕の中で JT とポールは、並み居る他の SSW 達から頭八個分くらい抜き出ている存在なのです。

さて、この『Paul Simon』。「コンドルは飛んで行く」を昇華させた、ケーナの響きが郷愁を誘う「ダンカンの歌:Duncan」など、ポールがS&G 時代に取り組もうとしたサウンドを多少引きずりながらも、レコードでは A面トップに、他のアーティストに先駆けてレゲエのリズムを大胆に取り入れた「母と子の絆:Mother And Child Reunion」(シングル・カットし大ヒット)を、B面トップには、アコースティックなサウンドにラテンのテイストを加えた「僕とフリオと校庭で:Me And Julio Down By The Schoolyard」をと、リズムが強調された曲を配置し、新生面を強くアピールしていこうとするポールの意欲・意気込みが感じられるアルバムとなっています。

これを初めに'80年代に入ると、ポールは次第にリズムの権化となっていくのですが、その辺りはまたいずれの機会に...


【お気に入りの3曲】
★ お体を大切に:Run That Body Down
ポールが S&G で最後に味わった、どうしようもない倦怠感を、夫婦間の会話形式でを用いて表現している。サウンド面では一転、ジャジーなバックビートが心地良い。

★ 休戦記念日:Armistice Day
スライド、チョークアップ、チョークダウンを織り交ぜ、音に強弱を付けながらのフィンガー・ピッキングが素晴らしい。エレキのカッティングが切り込んでくる中盤からは、ジャジーな雰囲気に曲が変化。そうした曲構成からも、ポールの高い才能を感じる。「平和の流れる街:Peace Like A River」もまた、ポールの cool なフィンガーピックに痺れる1曲。JT は分散和音、ポールは単音使いが上手いギタリストだと思う。

★ Congratulations
愛し合うことの難しさを、誰かに問いかけている歌。ラリー・ネクテルが弾くキーボードの柔らかい音色がゴスペル・ライク。ポールの視線の先にいるのは神様なのだろうか。

そして、もう1曲...
☆ Paranoia Blues
ゲスト参加した、ステファン・グロスマンの強烈なスライド・プレイに刺激されたのか、ポールの力強く唸るような歌声が印象に残る。

■ member
Paul Simon (vo,g)

David Spinozza (g)
Stefan Grossman (bottleneck-g)
Larry Knechtel (p,key)
Mike Mainieri (vib)
Joe Osborn (b)
Ron Carter (b)
Hal Blaine (ds)

■ songs
All songs written by Paul Simon, except...
・ Hobo's Blues (P.Simon / Stephane Grappelli)

■ producer
Paul Simon
Roy Halee

■ 過去記事
Bridge Over Troubled Water ('70)
Simon & Garfunkel's Greatest Hits ('72)

■ 過去のライヴ情報
【S&G 1993年】
----
【S&G 1969年の未発表ライヴをCD化!】というニュースが飛び込んできました。これはちょっと見逃せないところです。
----- 2007/7/7 追記 -----
ポール・サイモンのオールタイム・ベスト、日本発売決定

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

絶好調ですね ☆

ここんとこ、お元気なご様子
一時期、読めなくなって寂しく感じておりましたが、ここんとこ絶好調じゃありませんか?

好きな3曲というフォームも誕生して同時代を別の視点で書いていただけるので、楽しみで楽しみで… ありがとうございます。そして頑張って下さいね!

デフレおじさん

おはようございます。こちらはやや曇り... これからしとしとやってきそうです。

>一時期
曇っていた僕の心も、今ではすっかり晴れ模様 … なんて洒落たものではなく、単に時間の余裕が出来ただけなんです(笑。それにしても、空梅雨には困ったものですね。ですが、こちらはいつも日本晴れっ と行けるよう、更新していきたいと思っています♪

>好きな3曲
全曲コメントするのがめんどくなっただけです(笑。コンパクトにすっきりと … を目標としているのですが、まだダラダラ癖が出てしまい、ついつい話を引っ張ってしまうことも...。

力強く心温まるご声援ありがとうございました! デフレおじさんも、あちらでどしどし記事書いて、当方にもコメントをお寄せいただくことを、心より願っております♪
もちろん僕もそちらに伺いますので、今後とも末永いお付合いのほど、よろしくお願いいたします!

「Me And Julio Down By The Schoolyard」の持つ小粋なグルーヴ感がたまりません。DJでも使わせていただいております♪
こういうセンスがサイモンならではだと思います。
ギタリストとしての腕ってあんまり語られないですよね。バックミュージシャンが凄腕すぎるせいでしょうか?笑

kura_moさん

>「Me And Julio Down By The Schoolyard」
>小粋なグルーヴ感
はい。フィンガー・ピッキングも難しいですが、実際に弾いてみると、そのグルーヴ感が実に難しいんです。ただ、ちゃららっちゃゃららっ … てストロークしただけじゃ、ポールにはなれないんですね~ 悔しいことに、これがまた。

>バックミュージシャン
もありますが、ポールの場合 S&G は騒がれているのに、ソロ作はあまり話題にあがらないんですよね。それがまた、悔しいっ!
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
10≪│2017/11│≫12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。