スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【緊急アンケート vol.3】あなたにとっての Guitar Man とは?

僕は、今日の昼過ぎから月曜の夜まで留守をしますが、その間に皆様のお話を伺ってみたいと思っています。

今回のアンケート内容は...

「Guitar Man と言えば、皆様は誰を思い浮かべますか?」

...というものです。


「昔は弾いてたけど、今はさっぱり」という方。逆に「今でも現役バリバリで弾きまくってるぜ」という方は、ギターを弾き初めの頃、良くコピーをしたもんだ... とか、今でも影響を受け続けているんだ... などのギタリストを。

「音楽を聴くのは大好きだけど、ギターは弾けません」または「ギターには手を触れたこともありません」という方は、こんなして弾けたら楽しいだろうな... カッコ良いだろうな... 異性にもてるだろうな(僕はこれで弾き始めました)... 等々のギタリストを挙げてください。

ギタリストであれば、アコースティックでもエレキでも構いませんし、お国もジャンルも一切問いません。弾く専門のギタリストはもちろんのこと "歌うギタリスト" も大歓迎です。

ただし重要なポイントは "Guitar Man" という言葉が、その人に相応しいと思われること。

そこんとこ、よろしくです。

僕にとっての "Guitar Man" は … 家に戻ってからにすることとして、今回は皆様から始めてくださいませ。今回もお一人様 1ギタリストということでお願いいたします。ですが「あれもこれも好きだけど、やっぱりこいつだっ」という表現は、拝見している僕が個人的に楽しいので可とします。

初参加の方も含めて、たくさんのご応募をお待ちしております♪

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

あまりにベタですが

やはりエリック・クラプトンです。ジョン・メイオール&ブルース・ブレイカーズの曲は全曲必死でコピーしました。それからデレク&ドミノス時代のギターソロも好きです。それ以外ではピーター・グリーン、スティーブ・クロッパー、デュアン・オールマン、エイモス・ギャレット、ジョン・ホール、コーネル・デュプリーなどなど、きりが無いのでこの辺で。

ROCKERと言えばギタリスト。

こまったな^ですが・・・
ここでは、Oceanさんとこではまず登場しない人なんで・・・
ドイツのアシュラテンペル、マニュエル・ゲッチング様に1票。
これ反則なら・・・GUN、スリーマンアーミーのエイドリアン・ガービッツ様にしときます。
もしくは、今ならポーキュパイン・ツリーのスティーヴン・ウイルソンさんにしときます。

理由は全部かっこいいから・・・(エイドリアンはルックスはちょっと引くなあ~)

困ったな~

好きなギタリストと言えばデヴィッド・T、クラレンス・ホワイト、エイモス・ギャレットとでてくるのですが、『The Guitar Man』といえば、どうしてもブレッドのあの曲を思い出してしまうんですね。
歌詞のイメージで言えば3人の中ではクラレンス・ホワイトが近いのですが、ちょっと違う。
『主役の人気をさらい』『人々に愛する心を与え、歓喜の声を浴びる』『誰でも彼のようになりたいと思わせる』ギタリストって誰だろう?
ウ~ン・・・・・・・
キース・リチャーズ、リッチー・ブラックモア、ジミー・ペイジ?違うなあ。
とりあえず考え中ってことにしてください。
思いついたらまたカキコします。

直球勝負

愛するスティルスも影響を受けたというチェット・アトキンスです!

はじめてコメントします

オレにとってのGuiter Manは、ロビー・ロバートソン。あと、マーク・ノップラーなんかもいいですね。彼らの、テクニックではなく音色が好きです。それに、どちらかというとプロデューサー寄りの立場で、ギタリストとして主張しすぎないところもいいですね。
あ、でも「チェット・アトキンス奏法」は結構好きです。ご本人の演奏はあまり聴いたことはないのですが……
今後も、ちょくちょくこちらに寄らせていただきます。

「好きなギタリスト」でなく「ギターマン」とな!相変わらずニクイお題ですね。

ブレッドの歌詞に出てくるようなギターマンのイメージでいうならばやはりきらびやかなイメージですよね。
そういう点で言えばクラプトンとかなのかな。。
最近はギタリストが花形って感じのバンドも少ないですしね。
では年相応に(笑)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのギタリスト、ジョン・フルシアンテに1票。彼こそが現代の「ギター・マン」に相応しいんではないでしょうか。いいギタリストですよ。

またまた 悩ましい~

ほんまに 悩ましいじゃ ありませんか・・・。
Amos と言いたいところだけど なんか見てきたばかりで
その印象から行くと もはやギター仙人みたいだったので
ちょっとギターマン という印象とはちがうかな・・。
Clapton と言いたい所なんだけど
ここは あえて ギターマン!!の響きから
Jeff Beck! だっ!!

考えついたのが

ソロが始まると主役を食ってしまうジェフベックだったのですが、既に出てしまったようですね(笑)
それでは、ギター弾きはじめの中坊の時分にアイドルだったマイク・ブルームフィールドに1票。
あの頃の輝きは私の記憶に残ります。
永遠に。

アンケートvol.3に応募していただいた皆様

ただいま戻りました。いつもたくさんの、そして思い入れたっぷりのコメントをありがとうございます!

▼ Purple_Haze さん
>エリック・クラプトン
一番乗り、有り難うございます!それも、僕も大好きな … というより、僕の中では好きも嫌いも超越してしまったギタリストを挙げていただきました♪

Purple_Haze さんは、現役バリバリ派でしたものね? やはりかなりの影響度があったのでしょうか? 僕はエレキギターは弾きませんが、その歌声や、ルックス、ゴシップ・ネタなども含めて、クラプトンが第一人者かな~と思います。後には "Guitar Man" ではなく『Journeyman』になってしまいましたけどね(笑

他に挙げられたギタリスト達のお話も、ぜひ Purple_Haze さんの Blog でお聞かせください!

▼ evergreen さん
>マニュエル・ゲッチング
>エイドリアン・ガービッツ
>スティーヴン・ウイルソン
うわぁ~ 困った... みんな知りません! あえて言うなら、ガービッツ様はジンジャー・ベイカーと一緒に演ったことがあるお方 … という程度の知識しかありません。

しかし...
>理由は全部かっこいいから
これには大賛成! ギターを弾いている姿が美しいギタリストって、やはり魅力的ですものね♪

▼ white さん
真剣に考えてくださった結果2度に渡るコメント。しかもブレッドが「Guitar Man」で歌っている内容までも加味していただき、心より感謝いたします!

>マイク・ブルームフィールド
クラプトンも憧れたというブルース・フィーリング。そして鋭角的なフレーズ。僕にとっても大いに刺激的なギタリストでした♪

▼ Chunky さん
>チェット・アトキンス
スティルスも影響を受けていたのですか~。僕はチェット・アトキンスと言えば、ジョージ・ハリスンを思い浮かべてしまうのですが、肝心のチェット本人の演奏を聴いたことがありません。逆に、初期ビートルズのジョージが弾くソロを聴いて、チェットもこう弾いているんだろうな~と想像しているだけなのです(苦笑

▼ 串屋さん
初めまして、ようこそです!

>ロビー・ロバートソン
>マーク・ノップラー
何とも渋系ですね~。「音色が好き」「ギタリストとして主張しすぎない」… わかります。特に前者は、僕にとっても重要なポイントです。それが長く聴き続けられる要因の1つだと思ってます。
ぜひ、またお越しくださいませ♪

▼ kura_mo さん
どもども♪

>クラプトン
『エリック・クラプトン・ソロ』の Deluxe Edition がリリースされ、デラニー&ボニー「Groupie (Superstar)」でオブリガードを入れていたのはクラプトンだった … ということが、はっきり判明し「あなたの弾くギターが とても甘く澄んだ音色を奏でてる。なのに その音はラジオから流れているだけ。あなたはここにはいないんだもの...」という同曲の内容に、クラプトンの姿がダブってしまいました。ニクイね~ このぉ~みたいな♪

で...
>ジョン・フルシアンテ
すいませんっ またまたわかりませんっ。降参ですm(_ _)m だけどあれですよ。レッド・ホット・チリ・ペッパーズを、レッチリと略して呼ぶのは知ってますよ!… って、全然自慢になってないし(笑

▼ melonpan さん
>Amos … ギター仙人
いきなり笑かしてくれて、有り難うございます! ほんとにそんなイメージですね~

>Jeff Beck
これまた、やられました! 今回のアンケートを思いついたとき、僕が初めに思い浮かべたのが『Guitar Shop』に勤めるギター職人:ジェフでした。ジェフには円熟という言葉が全く当てはまりませんね。ギター一筋うん十年。老いてなお盛ん。頭が下がります。


そして、僕にとっての "Guitar Man" は、ジェフを melonpan さんにとられてしまったので、ロイ・ブキャナンで … と思ったのですが... ちょっと待った! ロリー・ギャラガーがいるじゃありませんか。
ハゲチョビのストラト抱えて、激情の赴くままにギターを弾きまくったかと思えば、哀愁漂う歌声を聞かせてくれる。そして何よりも、ギターを弾くのが楽しくてたまらない! ファンの前で演奏することが何よりの幸せだ! と、まずは自分自身が演奏を楽しんでいる。そんなロリーの姿を見て、ファンのみんなも楽しい思いをする。そういった連鎖反応が素晴らしいな~ と思ってしまうのです。「Guitar Man」の歌詞の内容とも近いかな?
ということで、僕の "Guitar Man" は、ロリー・ギャラガーに決定です♪

今回もまたまた難問

この企画、どこまで続くのでしょう? oceanさん、楽しいでしょうネ おじさんも楽しい、そいでもって苦しい

さてと、Cornell Dupreeに一票です。
A・FrankrinとD・Hathawayのあのライブにテレキャスター弾いてるんだもんね…
ボクのシステム手帳には目の前でかいてもらった
直筆サインが収まってるんですねえ、これって
ちょいと自慢!? いやらしい!?
他のギタリストのこと書けなくなっちゃったよ~

今回も周回遅れになりますが、
最近見直しているピート・タウンゼントに1票です。

デフレおじさん・ジェイ加藤さん

こんばんは。

▼ デフレおじさん
このアンケート企画は、皆さんはどう感じているのかな? どう思っているのでしょう? など、僕がふと「皆さんだったら…」という疑問・質問を思いついた時に実施したいな~と考えています。
コメントの中に、皆さんの知られざる一面が見えたりすることもあり、毎回とても楽しく拝見しています。そして勉強になることも多々あるので、とてもタメになっています。これからも、どうぞお付合いのほどよろしくお願いいたします♪
そして、これは僕の専売特許じゃありませんので、皆さんの Blog でも実施していただければ、その時は僕もはせ参じて、苦しみながらコメントを捻くり出したいと思っていますので、もしよろしければ、ぜひご活用ください!

>Cornell Dupree
引っかかりのあるフレーズに独特のものを感じます♪

>直筆サイン
見てみたいですね~。今度、ぜひ公開してください!

▼ ジェイ加藤さん
>ピート・タウンゼント
フーのライブ盤(http://ocean461.blog23.fc2.com/blog-entry-154.html)と代表曲しか聴いたことがありませんが...。僕にとってのピートは、クラプトンが立ち直るきっかけを与えてくれた重要な "Guitar Man" であり "Gentleman" なのです。
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。