スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blood, Sweat & Tears / New Blood ('72)

New Blood

ブラッド・スウェット&ティアーズ 『ニュー・ブラッド』

BS&T は 2ndの『Blood, Swaet & Tears』('69)を聴いて感激したものの、1st は僕には馴染めず、『3』('70)と『4』('71)は何故か印象希薄で手放してしまい、それから追い続けることはありませんでした。
Blood, Sweat & Tears ('69)

ところが昨年でしたか...。中古ショップで、この CD を見かけ、ジャケットの美しさ(サイズが小さくなっても綺麗なものは綺麗)もさることながら、ボブ・ディラン、キャロル・キング(ザ・シティ)、それに加えて、当時ちょうど愛聴していたハービー・ハンコックの曲なんぞも取り上げられていることにそそられ、これは一丁、聴いたろかいな … と購入したものです。

オリジナル・メンバーは、スティーヴ・カッツ(g,vo)、ジム・フィールダー(b:ex-Buffalo Springfield)、ボビー・コロンビー(ds)、チャック・ウィンフィールド(tp,flh:2nd から参加)の4人が残っているのみで、他はアルバム・タイトル通り … New Blood … 全て新顔に入れ替わっています。

ある意味、ホーンセクション以上にバンドの看板だった、ソウルフルでブラック・フィーリング溢れるヴォーカリストのデヴィッド・クレイン・トーマスが抜け、替わりに加わったジェリー・フィッシャーの歌声は適度に黒っぽく、適度に白っぽい中庸系。ホーン・セクションは、チェイスばり … とまではいきませんが、どちらかと言えばハイ・ノートの素早いパッセージを得意としているメンバーが集まっているようです。

そんなことで、全体的な印象は、あっさり・すっきり・ゴクゴク飲み干せる系。これが、僕の性に合いました。ブラス・ロック絶滅かっ … の時代に、jazz/fusion 風のサウンドにシフトし、良いアルバムを残していたんだな … と感心したのでありました。


【お気に入りの3曲】
★ Down In The Flood
クリーム「Crossroads」っぽいリフをベースに、のっしのっしと進行していくアルバム・トップナンバー。大胆なアレンジが施されているので、クレジットを見ずに聞いたら、ボブ・ディランの曲だとは気がつかないかも。ホーンの絡み具合も鮮やか。
Cream / Wheels Of Fire ('68)’ Bob Dylan's Greatest Hits, Vol. 2 ('71)

★ Snow Queen
キャロル・キングがザ・シティ時代に残した『夢語り』('68)収録曲のカヴァー。リズムにちょとした仕掛けを加えた groovy な仕上がり。もちろん、歌裏や曲中盤のホーン・アンサンブルもばっちり決まっている。
The City / Now That Everything's Been Said

★ 処女航海:Maiden Voyage
ラストナンバーは、なんとっ ハービー・ハンコック『処女航海』('65)タイトルソングのインスト・カヴァー。オリジナルのフレディ・ハバードによるトランペット・ソロを、ここではギター・ソロにスキャットをかぶせた形で表現している。なかなかの大健闘だが、やはりオリジナルには敵わないか...
Herbie Hancock / Maiden Voyage

そして、もう1曲...
☆ Velvet
2nd でも「Sometimes In Winter」1曲だけリード・ヴォーカルを取っていたスティーヴ・カッツが歌うナンバー。この人の ほのぼの木訥とした歌声を聴いていると、BS&T におけるカッツの役割って一体何だったのだろう … と考えてしまう。ソロ・アルバムを出せるほどの実力があったかどうかは計り知れないが、BS&T サウンドの中でカッツの歌声だけが異様に浮いているので、もしかするとソロ路線で行った方が、カッツのためには良かったのかも知れない。案の定、カッツより弾けるギター・プレイヤーが加入したため、この後、カッツは BS&T を脱退。エリック・カズ達とアメリカン・フライヤーを結成したことは、皆さんご存じの通り。
American Flyer ('76) / Spirit of a Woman ('77)

その他、長めのギター・ソロ、トロンボーン・ソロが'60年代しているオリジナル曲「Alone」のホーン・アンサンブルもお見事。
-----
こうなると、この次の『No Sweat』('73)は、どんな塩梅なんだろうか... タイトルからして、さらにあっさり系なのだろうか … と、気になっているところです。
BS&T / No Sweat ('73)

■ member
Jerry Fisher (lead-vo)
Greg Wadenius (g,vo)
Steve Katz (g,vo)
Larry Willis (key,vo)
Jim Fielder (b,vo)
Bobby Colomby (ds,per,vo)
Dave Bargeron (tb,tuba,per,vo)
Lou Marini Jr (sax,fl,vo)
Lew Soloff (tp,flh,vo)
Chuck Winfield (tp,flh,vo)

■ songs
songs written by Lou Marini Jr, Dave Bargeron, except...
・ Down In The Flood (Bob Dylan)
・ So Long Dixie (Barry Man / C.Weil)
・ Snow Queen (Carole King / G.Goffin)
・ Maiden Voyage (Herbie Hancock)

■ producer
Bobby Colomby
Bill Schnee
Tim Geelan

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

確かに

私も2ndが一番好きです。

正直メンバーが大幅に入れ替わって
しまった事もありこのアルバムは
聞いた事がありません。

でもボブ・ディランからハービー・
ハンコックといった選曲のおもしろさは
気になりますね。

1st いいんだけどなあ

セカンドは名盤の誉れ高い、私も大好きなアルバムなのですが、同じくらいファーストが大好きです。
聴き方を少しチェンジすればチューニングが合うと思いますよ♪

Purple_Hazeさん・whiteさん

▼ Purple_Haze さん
そうなんです。選曲の妙という奴なんです。で、カバー以外のオリジナル曲も佳作揃いなので、聴き疲れしませんよ♪

▼ white さん
>1st
ホーンはイケてるんです。が... 白状しますと、アル・クーパーの声が馴染めなくて手放してしまったのです。しかし、もう一回チャレンジしてみようかな?

ALはいいんだけどなあ

もし、再チャレンジするのでしたらアルのソロアルバムから回り道するのもいいですよ。
おススメは『Naked Song』です。
私の過去記事はこちら
http://home-and-human-navi.blog.ocn.ne.jp/genki100/2007/01/__359e.html

whiteさん

おすすめ有難うございます!

ですが... 「ジョリー」が聴きたくて『Naked Song』を購入したこともありました。結果は、やはり手放してしまいました...

みんなが良いというのに、どういう訳か馴染めない人って、けっこういまして。ふと思い浮かんだ中では、ボズ・スキャッグスとか。曲は良いと思うのですが、声が馴染めないのです。

う~ん。何故か理由はわかりません。これはもう生理的な問題でしかないかな?と思っています。
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。