スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Elton John / Tumbleweed Connection ('70)

Tumbleweed Connection

エルトン・ジョン 『エルトン・ジョン3』

ザ・バンドの『Music From Big Pink』('68) を聴いたエリック・クラプトンは「人生を変えられた」というほど衝撃を受けクリームを解散。その後、アメリカ南部の音楽に根ざすサウンドに移行していった。というのは有名な話(…と知って、それを聴き始めたのですが未だに難解に感じる私)ですが、エルトンの相棒:バーニー・トーピンも同様で『Big Pink』に影響され、このアルバムに提供する詩の構想を練ったそうです(ジャケットに写る写真も西部劇風です)


前作『Elton John』('70)には「君の歌は僕の歌」「Border Song」など、エルトン初期の代表曲が収録されていますが、アルバム全体の曲のバランスが悪く少し聞きづらい感がありました。

ところが、このアルバムからヒット曲らしいヒット曲は生まれていないのに、全体通して聴くと見事な統一感があることに気がつきます。これは、後の『Captain Fatastic And The Brown Dirt Cowboy』('75/最近こんなのも発売)にも通じるものがありますね(こちらにも何故かしらアメリカ西部を連想させる"カウボーイ"という単語入り)

ヒット曲が無いわりにカヴァーは多く、僕の手持ちからでも、ロッド・スチュワートが「Country Comfort」、ジェイムス・テイラーの妹:ケイト・テイラーが「Country Comfort」「名高き盗賊の伝説」(これが収録されている『Sister Kate』('71)にはロッドも唄ったマイケル・ダボ作「Handbags And Gladrags」のカヴァーもあるんです)、エルトンとバーニーへのトリビュート・アルバム『Two Rooms』('91)では、スティングが「遅れないでいらっしゃい」、フィル・コリンズが「布教本部を焼き落とせ」と、そうそうたるメンバーがこのアルバムから楽曲を取り上げています。

みんな好きだったんだろうな。

■ member
Lesley Duncan (b-vo)
Dusty Springfield (b-vo)
Caleb Quaye (g)
Dee Murray (b)
Dave Glover (b)
Nigel Olsson (ds)
Roger Pope (ds)


■ produce
Gus Dudgeon

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Tumbleweed Connection / Elton John

ビアノを弾きながら唄いたい。作曲は得意だけど、作詞はちょつと苦手。そんな英国の若者が、アメリカや西部に憧れを抱く作詞家Bernie Taupinと出会います。二人は意気投合し、強力なソングライティングチームの誕生となった訳です。ピアノ弾きの名前はReginald Dwight、後の

メイド・イン・イングランド

今月こそは計画的であったはずの出費関係も、給料日間際になってみれば見事なまでにスッカラカン。先週くらいからの追い込みがきいたんですよね。西新宿では新品結構買っちゃったし。しかし、聴きたいものというのは一つが失速してくると次の波という感じに次々と襲ってく..

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

素敵なブログですね。

私も先日このアルバムを聞いてブログに取り上げました。Elton Johnは初期の頃が大好きです。
トラックバックさせていただきます。

これからちょくちょくお邪魔させて頂きます。ヨロシクお願いします。

funky_alligatorさん♪

初めまして。
TBとご丁寧にコメントもありがとうございました。

僕の好きなバンド Tower Of Power には Funky Doctor と呼ばれているバリトン・サックス奏者がいますが、ワニさんですね♪

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
12≪│2017/03│≫10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。