スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Orleans / Dancin' In The Moonlight ('06)

Dancin' In The Moonlight

オーリアンズ 『ダンシング・イン・ザ・ムーンライト』

【前回】にて 1972年代は一段落。これから 1973年代に移っていきますが、その前に... ここ数ヶ月の間に入手した新譜や、皆様から教えていただき、すっかり僕のお気に入りとなった CD を何枚か取り上げていきたいと思います。

まずは、『Ride』('96)以来 10年ぶりとなるオーリアンズの New CD 『Dancin' In The Moonlight』。これは昨年リリースされたもので、僕が持っている輸入盤よりも収録曲数が2曲多い国内盤は【Dreamsville Records から発売】されました。
Orleans / Ride ('96)
『Dancin' In The Moonlight』を初めて聴いたとき、耳馴染みのある曲が … と思っていたら、やはりそうでした。『Ride』収録曲のリメイクが --- いかにもオーリアンズなハーモニー・ワークと、ジョン・ホールの伸びやかなギター・ソロが聞き物の「Heaven」。見ること聞くことがショッキングなことばかりの現代から逃げ去って、過ぎ去りし良き時代に戻ってみたい … とラリー・ホッペンが語りかける「Yestertime」。アコースティック・サウンドに乗せた、ランス・ホッペンの真摯な歌声が胸に染み入る「In My Dream」。ジョン、ラリー、ランス 3人の歌い回しがスライ風で滅茶格好良いファンク・チューン「Get A Life」(『Ride』には Our mucical inspiration was Tower Of Power … と嬉しいコメントが)。ラリーの朗々とした歌声に聞き惚れる「Love's Not Just For Other People」 --- 5曲収められています。

『Ride』に比べると、丸みのあるサウンドに仕上がっていますが、アレンジはシンプルそのもの。弾力のある演奏ぶりも素晴らしいハーモニーも、昔のまんまそのまんま。『Ride』をお持ちの方は聴き比べを楽しんで... お持ちでない方が初めてそれらの曲を聴いても、きっとご満足いただけることでしょう。

...と言うことで【お気に入りの3曲】は、その5曲以外から...


★ Dancin' In The Moonlight
" Summer Of Love" と "Woodstock Festival" の 1969年に、ウェルズ・ケリー(ex-Orleans:1984年没 R.I.P.)の兄:シャーマン・ケリーが書き上げ、そのシャーマンとウェルズのケリー兄弟、ラリー・ホッペン、ボブ・レインバック達が結成したバンド:ボファロンゴ(Boffalongo)の 1st シングルとしてレコーディングした … とライナーに記載がある。曲が生み出されてから37年の時を経て、Boffalongo が発展して出来たバンド:オーリアンズが ここに同曲を収録。ランス、ジョン、ラリーと歌い回す3人の頭の中には、様々な想い出が走馬燈のように駆け巡ったたのだろうか。しかし、曲の方は " Summer Of Love" や "Woodstock Festival" とは無関係と思われるような出来映え。スティール・ドラムの音色も賑々しく、満天の月の下でどんじゃらほい … と、思わず腰をフリフリしたくなるような楽しさに満ち溢れている。

★ I Need A Break (From My Vacation)
ジョンがリード・ヴォーカル、ラリーがギター・ソロを取る、ブルースを基調としながらも粘って弾むリズムが groovy な1曲。グイグイと突き進んでいく曲後半では体温が上昇。

★ Issues
ピーター・オブライエンが小刻みに叩き出すタイトなドラミングに、歯切れの良いギター・カッティング、うねるベース・ラインが絡み合う … 曲の出だしからしてタワー・オブ・パワーしている、最高にご機嫌なファンク・チューン。サックス・ソロも渋くキメている。

美しいハーモニー・ワーク以前に、まず、こうした演奏能力を高く評価したい … と、初めてオーリアンズを聴いたときから、ずっと思い続けている。

■ member
Larry Hoppen (vo,g,b,key)
John Hall (vo,g)
Lance Hoppen (vo,b,g)

Lane Hoppen (b-vo)
Bob Leinbach (p,b-vo)
Peter O'brien (ds)
Charlie Morgan (ds)
Eric Parker (ds)

■ songs
All songs written by John Hall, Larry Hoppen, Lance Hoppen, Bob Leinbach
, except...
・ Dancin' In The Moonlight (Sherman Kelly)
・ I Need a Break (From My Vacation) (J.Hall / Pamela Melanie Hall)
・ Issues (J.Hall / Steve Wariner)

■ produce
Orleans

■ Special thanks to...
Yoshi Nagato and all our Japanese Fans

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

このアルバムは

未聴でした。Still The One Liveは買ったんですが。

でもnapsterは優れ物でしっかり入ってました。
あのコーラスは健在でしたね。

JOHN HALLは上院議員やりながら活動続けてるんですね。

Purple_Hazeさん

こんばんわ。

>napster
僕は利用したことがないのですが
このアルバム … 入っていましたか!?

最近は廃盤になっている CD が
DL のみで販売されているケースも多くなり
ちょっと見逃せなくなってきました。

それを CD に焼いて聞いてみても
僕の耳には、普通の CD と遜色なく聞えますので
意外なところで重宝しています♪

また、いろいろと教えてくださいませ!

"Dancing In The Moonlight"といえば、キング・ハーヴェストのことを書かなければ。元々は仰るとおりボファロンゴ(ヘンなバンドでしたよ。いかにもあの時代らしいサイケで混沌とした)のオリジナルでしたが、K・ハーヴェストが72年にヒットさせてます。Perceptionからの1stはCollectablesからCD化されてます。その後このバンドは、A&Mでもう1枚出しますが、そっちにはビーチボ-イズのメンバーも参加。1枚目にはケリーやランス・ホッペンも参加した覚え。但し正式メンバーだったのかはわかりませんが。
静止画ですが、
http://www.youtube.com/watch?v=hMc8naeeSS8
にて聞けます。

フィニルさん

本当に色々とお詳しいですね!
いつも勉強させていただき、有難うございます。

>キング・ハーヴェスト
早速、聴いてみました。
オーリアンズのバージョンより軽やかで、さらにウキウキ・ムードが漂っていますね~ これは nice です♪

おぉ!

これは、バリバリの新譜なんですね。

しかも John Hall も参加しているとはすばらしいです。

私は、アサイラムの2枚だけしか聞いたことがありませんが、それ以降の作品も聞いてみたくなってきました。

funky_alligatorさん

そうなんです。素晴らしいですよ!
徐々に聴き進めてみてくださいませ♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。