スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Richie Furay / The Heartbeat Of Love ('07)

The Heartbeat Of Love

【スティーヴン・ビショップの新譜】に続いて、嬉しい便りが届きました。

リッチー・フューレイの New CD 『ザ・ハート・オブ・ラヴ』 がリリースされたのです。

これは昨年【リッチーの official site】 only で発売されていたよう(それは露知らず)でしたが、今年に入り大手ネット・ショップでも購入できるようになり、即 get。

結論から申し上げますと、近年では、1997年に『In My Father's House』。2005年には、ジム・メッシーナ、ラスティ・ヤング、ポール・コットンらの旧友を迎えて制作された『I Am Sure』とリリースしてきたリッチーですが、この『The Heartbeat Of Love』は、それらを遙かに超えてしまい、僕の大大大好きな『I Still Have A Dream』('79)と肩を並べる作品になった … と、ここはもう、はっきり言い切ってしまいましょう。
In My Father's House I Am Sure I Still Have A Dream

ニール・ヤングとケニー・ロギンズという、意表を衝く 2人組をゲスト・ヴォーカルに迎えた「Kind Woman」。ジェシ・フューレイ・リンチ(名前からしてリッチーの娘さんでしょうか?)とのハーモニーも微笑ましい「Let's Dance Tonight」など、バッファローやポコ時代の曲の再演には、とても懐かし嬉しい気持ちで胸がいっぱいになりますが、それ以上に、その他新曲の出来映えが素晴らしく良いっ。そして、リッチーの声に伸びとハリが戻っているっ … 以上の2点を持って、先のように言い切ってしまったわけです。

そして、リッチーをそのように奮い立たせたのは、リッチーの友人だという Peter Van Leeuwen なる人物の存在が大きな要因だったようです。
Poco / Keeping The Legend Alive
ライナーによれば、2004年にナッシュビルで行われたポコのライヴ『Keeping The Legend Alive』にゲスト参加したリッチーが、そこで「Let's Dance Tonight」のリハーサルを終えたとき、「これは、僕が大好きな曲の1つだよ」とリッチーに声をかけたのが Peter Van Leeuwen。「「Let's Dance Tonight」を別の手段でレコーディングする機会を持てたら良いな」と答えたリッチーに、その願いを実現させるための動機付けと手助けを与えたのが Peter Van Leeuwen だった … ということのようです。

良き友の力を得たリッチーのもとには、さらに旧友達が集まること、集まること。ラスティ・ヤング、ティモシー・シュミット、ポール・コットン … といったポコ勢の他、スティヴン・スティルス、ニール・ヤング … のバッファロー・スプリングフィールド勢。そして、リッチーを慕って来たのか、ケニー・ロギンズ、アル・パーキンス、ダン・ダッグモア...

彼らの厚い友情を無にせず、このアルバムを素晴らしい内容に仕上げたリッチーの力量は、まだまだ衰えていない... 未だ健在! … それを証明したリッチー渾身の会心・快心作です。


【お気に入りの3曲】
★ Forever With You
イントロのアカペラ・ハーモニーに、いきなりグッと引き込まれるアルバム・トップナンバー。明るく朗らかなリッチーの歌声は絶好調。Forever With You … だなんてリッチーから言われたら、それだけで十分安心していられる。

★ My Heart's Cryin' Tonight
ティモシー・シュミットの Oooh ~♪ が聞えてきただけで、胸キュン・ホロリとなってしまった。リッチーとティモシーの声は、なんでこんなに素晴らしくハモるのだろう。クロスビー&ナッシュや、ロギンズ&メッシーナに対抗して、フューレイ&シュミット結成 … だなんて夢の実現は無いものだろうか … と真剣に考えている。ジム・ホーンのサックスが 2人をムーディーに照らしている。

★ Heartbeat Of Love
ポール・コットンをゲスト・ヴォーカルに迎えたタイトル・ナンバー。わかる人にはわかるはずのリッチー節が満載。この他「Only To You」「Real Love」といった、ポジティブなラブ・ソングを歌わせたら、リッチーの右に並ぶ人は多くいても、出る人はあまりいない。リッチーの口から "Love" "Dream" という言葉が発せられるとき、それは真実を物語っている。

その他... 初期ポコを彷彿とさせる軽快・爽快なカントリー・ロック「Dean's Barbecue」には、、ラスティ・ヤングとアル・パーキンスがゲスト参加。リッチーの新しい息吹を感じる、スティヴン・スティルス参加の「Callin' Out Your Name」は、ブルース・ホーンズビーのスタイルに良く似た曲。リッチー・ハイトーン復活のジャンプ・ナンバー「Crazy For You」「You And Me」。リッチーの切ない歌声に胸が詰まる「In The Still Of The Night」など... 捨て曲一切無し。

■ member
Richie Furay (vo)

Jesse Furay Lynch (b-vo)
Dan Dugmore (g,steel-g)

■ guest
Timothy B.Schmit (b-vo)
Neil Young (b-vo)
Kenny Loggins (b-vo)
Paul Cotton (b-vo,g)
Stephen Stills (b-vo)
Al Perkins (g)
Rusty Young (dobro)
Jim Horn (sax)

■ songs
All songs written by Richie Furay, Scott Sellen, Jim Mason
・ Kind Woman (R.Furay - Buffalo Springfield)
・ Let's Dance Tonight (R.Furay - Poco)
Buffalo Springfield / Last Time Around ('68) Poco / Crazy Eyes ('73)

■ produce
John Macy
Richie Furay
Executive producer:Joe Reagoso

■ 過去記事
Poco / same ('70)
Poco / Deliverin' ('70)
Poco / From The Inside ('71)
Poco / A Good Feelin' To Know ('72)
60年代 ロック・アルバム・ベスト 25
70年代 ロック・アルバム・ベスト 25

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

おっ

先を越されてしまいました。
『I Still~』と肩を並べると言われれば聴くしかないでしょう!

whiteさん

こんばんわ。

絶対にもう~っ ぜひぜひっ!!

まさに捨て曲なしの超傑作

ついに手に入れました。

さすがにoceanさんが大プッシュするだけあり、素晴らしいアルバムでした。
ひょっとして『I still~』以上かもしれません。
当方も記事にしました。

http://home-and-human-navi.blog.ocn.ne.jp/genki100/2007/08/post_5c3b.html

whiteさん

こんばんは。お知らせ有り難うございます!

>ひょっとして『I still~』以上
うんうん! whiteさんがおっしゃる「今」の作品だから、本気でそう思える瞬間があります。

今年度 No1 アルバムは、今の時点でリッチーで決まり!
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。