スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hummingbird / We Can't Go On Meeting Like This ('76)

We Can't Go On Meeting Like This

ハミングバード 『密会』

今回取り上げるハミングバードは、ジェフ・ベック・グループ『Rough And Ready』('71) の記事を書いたとき、[ 似顔絵ロック ] の yu-shio さんや、[ 吉田英樹の音楽コラム ] の Hidekichi さんから、第2期 JBG 解散後のボビー・テンチ(vo)、マックス・ミドルドン(key)、クライヴ・チャーマン(b)が中心になって結成したバンドであることを教えていただき、とても気になっていたバンドでした。

そんな時、good 過ぎる timing で、そのハミングバードが残した3枚のアルバムが紙ジャケ CD 化される … ということを、【ここで】 hidekichi さんが告知していらっしゃったのを拝見し、即購入。

"良縁" と "好運" を感じた 1枚となったのでありました。

全10曲中、歌入りが6曲、インスト・ナンバーが4曲という構成。時にファンキー、時にメロー。メンバーそれぞれの見せ場も各所に配置され聴きどころは多いのですが、僕としては、ボビーのソウルフルな歌声が聞ける曲やファンキー・チューンの方に、ついつい耳が行ってしまいます。


【お気に入りの3曲】
★ Fire And Brimstone
バーナード・パーディが叩き出すタイトで跳ねたビート。クライブ・チャーマンの弾力性に富んだベース・ライン。ボブ・テンチのうなり声 … と、イントロからいきなりその気にさせられるアルバム・トップナンバー。サビの It was hailing fire and brimstone ♪ に続くリズム・パターンは何度聴いても痺れる。ボビーのブラック・フィーリング溢れる歌声も絶好調。曲全体の構成も良く練られており、もう格好良過ぎ。ちなみに曲名の「Fire And Brimstone」とは、聖書「創世記」などに記載のある成句で、地獄の責め苦、天罰 … といった意味があるようだ。

★ Trouble Maker
これまた、イントロのベース・ラインと女性コーラスからしてグイッと惹かれるボビーの歌入りナンバー。クライブのぶりぶりベースがボトムを引き締め、ボビーと女性コーラス隊のコール&レスポンスが雰囲気を盛り上げる。左チャンネルからかすかに聞えてくる、マックスが弾くクラビアの音色が絶妙に効いている。

★ Let It Burn
JBG 時代よりも数段歌唱力アップした、ボビーのソウルフルな歌声が絶品のアルバム・ラストナンバー。他メンバーも好演。

そして、インストでは...
☆ さそり:Scorpion
ジャケットに悩ましい姿で写る女性は、いいえ、私は蠍座の女~♪ だなんて歌いながら、真っ赤なルージュをひいているのだろうか。ツイン・ギターのリフをベースに、バーニー・ホランドのギター・ソロを大々的にフィーチャーした、スピード感溢れるインストナンバー。エンディング間際では、マックスが弾く柔らかい音色の流麗なキーボード・ソロも聞き物。裏でうねりまくるクライブの groovy なベースも凄い。

☆ Snake Snack
変拍子を織り交ぜながら進行する cool な funkness を感じるインストナンバー。マックスのシンセ... バーニーのギター・ソロ... クライブ&バーナードのボトム... と、メンバーがそれぞれの持ち味を十分発揮している。

その他... メロディアスで親しみやすいフュージョン風インストナンバー「The City Mouse」。イントロ部では Aaah ~ You should go back ♪ と「いとしのエリー」の出だしを口ずさみたくなるブルージーでいなたいスローバラード「砂の足跡:Heaven Knows (Where You've Been」などが good。
-----
9月12日に【再発】されるようなので、前回買い逃してしまった方はお忘れ無く。

■ member
Bobby Tench (vo,g)
Bernie Holland (g)
Max Middleton (key)
Clive Chaman (b)
Bernard Purdie (ds)

Robert Ahwai (g)

■ songs
All songs written by B.Tench, B.Holland, M.Middleton, C.Charman, Ian Samwell

■ produce
Ian Samwell
Hummingbird

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HUMMINGBIRD/ WE CAN’T GO ON MEETING LIKE THIS (紙...

第2期ジェフ・ベック・グループ解散後、メンバーのマックス・ミドルトン(Key)、ボブ・テンチ(Vo、G)、クライブ・チャーマン(B)が結成したハミングバード。1stは以前CD化されてましたが、初CD化となる2nd、3rdとともに紙ジャケリリースされましたね。このバンドは

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

 初めまして、Hummingbirdのコミュから伺いました。またまたHummingbirdファンが増えたようでうれしいですね。私もこのセカンドには特別思い入れが強く(76年当時リアルタイムでLPを買ったくちです)今でも最高作だと思っています。

 好みは様々かと思いますが、Gypsy Skysのシンセのイントロが終わってリズムが入るところのギタ-とベースの絡みがたまらなく好きです。

 あと、これはコミュ管理人さんからの受け売りですが、City Mouseのコード進行はあの名曲”Feel Like Makin' Love”と同じなんですね。(30年来聴いてきたのに私も気づきませんでした(恥))

foomingさん

こんばんは。初めまして。
わざわざこちらまでお越しいただき、コメントまで頂戴し有難うございました!

ハミングバードは噂通りの本当に格好良いサウンドで、即ファンになりました。

>City Mouseのコード進行…
なるほどっ!言われて納得♪

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。またのお越しをお待ちしております!

TBありがとうございました

こんばんは!
バーナード・パーティのキレのあるドラミングもあって、ファンキーかつソウルフルな素晴らしい内容ですね。これもいいですが、ジェフベックグループの音楽性と共通点の多いファーストも好きなんですよね。

3rdは買いそびれてしまったので、アンコールプレスではゲットしないと・・・

貴重な情報に感謝

再発が決まったんですね。うれしい!
今度こそ買い逃さないようにしなければ!!
興奮してご挨拶を忘れてました。
初めまして(笑)。
また、寄せてもらいます。

shintanさん・Kaorakさん

▼ shintan さん
TB返し有難うございました!

>ファースト
これだけ買いそびれていたので、今回の再発ですかさず発注かけました♪
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2539071

>3rd
こちらですね? ぜひ♪
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2539130

▼ Kaorak さん
初めまして。コメントを有難うございました。

熱狂的なファンが多く、初回の発売数量も予想を上回ったのでしょね~。僕は、なかなか"大人買い"ができなくて(笑 1st を買いそびれていたので、今回の再発はとても助かりました♪

また、ぜひお越しくださいませ!

毎度です!

おろろ、oceanさんこんなに登場させていただいてありがとうございます!foomingさんも登場してますますにぎやかになってきましたね。

ちょっと語らせて下さい!

1曲目の『Fire And Brimstone』のイントロはまるでリハーサルのようなラフな雰囲気からどんどん本気モードになって行くようでとてもスリリング!曲中よりもイントロの方が好きなぐらいです。HornもStringsもないシンプルな演奏がまたいいんですよね。同時期に『Stuff』が1stを発売しました。

それにしてもPrettyさんのDrs.のGrooveは凄過ぎる!

hidekichiさん

その節はたいへんお世話になりました。
そして夢のようなCD化!
素晴らしいバンドと巡り会うことができました。そして、素晴らしいお仲間とも♪

重ね重ね有難うございました!

再再発 なんですか

うわ、ほんとですか~?うれしいです。
私も ラジオで聴いてめちゃめちゃ気に入って
買いに行こう と思ったら すでに売り切れでとても悔しい思いをしていました。
こんどこそ 絶対 手に入れるぞ。

melonpanさん

まずは、この『密会』がお薦めですよ! … って、hidekichiさんからの受け売りですが(笑

でも、hidekichiさんがおっしゃっているとおり、まじに1曲目には、ぶっ飛ばされます。これだけでも買って損無しっ!

初めまして!

oceanさん、初めまして。kaorakと一緒にWonderful Rockをやっていますkazgaddと申します。彼から、すごくいいブログがあるから一度覗くように言われまして(笑)やってきました。非常に専門的で70年代ロック・ファンにはたまりませんね。いい勉強になります!Hummingbirdは実は、パーディーのドラムが勉強したくて買ったのですが、バンドとしても大当たりで、それ以後ずっと聞いています。
oceanさんのベスト3には残念ながら漏れていましたが、僕はThe City Mouseがお気に入りです。後半の「瞬発力溢れる」パーディーのドラムスが素敵です。ではまたお邪魔します。

kazgaddさん

初めまして。Kaorakさんから、当 Blog を紹介していただいたとのこと。とても光栄に思っております。[ Wonderful Rock ]殿もとても素敵な Blog で、早速リンクさせていただきました!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ところで
>The City Mouse
実は私、これまでにパーディーのドラミングに、それほど感心を持っていなかったのですが、このアルバムを聴いてみて吃驚仰天。キリキリと引き締まった跳ねたビートが、とても心地良く感じました。
僕のところで、これから登場するアルバムの中には、きっとバーディーが参加しているものがあるはずなので、もっと注意して聴いていこうと思っております♪

僕も買い逃したクチですが、「Daimond」は昔聞いてさっぱりだったので、ファーストのみ買おうかなあ、と思ってます。リンダ・ルイスもしっかり入ってます。マックス・ミドルトンのkbは、ミック・テイラーのソロ公演でみたことがありますがクールでしたよ。

この作品

アマゾンで発売日前に予約したのに、無残にも”入荷できませんのでまことに勝手ながらキャンセル~”うんぬんの不条理なメールを受け取りました。欲しかったのに(~_~)

私も買いのがしたクチです。フィニルさんと違って、『diamond』は気に入ってます(笑)。バーナード・パーディが参加している2ndの方が気になります。次に買い逃すといつになるかわからないので、1st、2ndも買うつもりですよ。

フィニルさん・Cottonwoodhillさん・P5さん

▼ フィニルさん
僕は前回 1st のみ見送った "大人買い"の出来ない中年でした(笑。今回の再発に伴い、リンダが参加している、それを予約注文しました。いずれ、ここで取り上げたいと思っています♪

▼ Cottonwoodhill さん
HMV … http://www.hmv.co.jp/product/detail/2539101
Tower … http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1546927&GOODS_SORT_CD=101
は、いかがでしょうか? きっとどこかで手に入れることができると思います!

▼ P5 さん
P5 さんの記事も楽しみにしております。その際は、コメント&TBさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

おおっ

(今回からは現在の名前で登場w)
Hummingbirdが再発されてたんですね!
おまけに私が大好きな2nd,3rdは初CD化ですか~(嬉)
このアルバムでは「さそり」「The City Mouse」が特に好きだったかも。。。
3rdの方が、もっとファンキーで私は好きだったかなぁ。

おり~ぶさん

ご存じでしたね? さすがリアル派っ!

これからも、コメントをビシバシとお寄せください。期待しております♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
06≪│2017/07│≫08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。