スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linda Lewis / Second Nature ('95)

Second Nature

リンダ・ルイス 『セカンド・ネイチャー』

これは、リンダ・ルイス『Lark』を取り上げる直前に、偶然好運にも中古ショップで入手することができた1枚。1983年に『A Tear And A Smile』リリース後、12年の間隔を経てリンダが発表した作品です。

その間、リンダは何も音楽活動をしていなかったわけではなく、他のアーティストのアルバムやツアーにゲスト参加しながら復活のタイミングを計っていたようで、ジャミロクワイが1993年にシングル・カットした「Too Young Too Die」(僕は未聴)あたりが、それを示す良い例だ … と、ライナーに記載があります。ジャミロクワイのファンの方がいらっしゃいましたら、その曲におけるリンダの歌声が、どんな役割を果たしていたのか … など、フォローしていただければ幸いです。

さて、この『Second Nature』のクレジットに目を移してみますと、リチャード・ベイリー(ds)、マックス・ミドルトン(key)、ロバート・アーワイ(g)と、第2期ジェフ・ベック・グループハミングバードと縁のあったアーティストの名前を見つけることができます。

リンダの 3rdアルバム『Fathoms Deep』('73)には、先のリチャード、マックス、ロバートの他、ボビー・テンチ(g)、クライヴ・チャーマン(b)が参加。これがきっかけとなり、ハミングバードを結成。リンダの 4th『愛の妖精』('75)には、『Fathoms Deep』の面子に加えて、ハミングバードの正式ギタリスト:バーニー・ホーランドも参加。そして、ハミングバードの 1st『Hummingbird』('75:未入手)では、リンダが1曲でリード・ヴォーカルを取る … という流れ。当時から、リンダとハミングバード周辺のミュージシャン達は、固い音楽の絆で結ばれていたようです。
Not A Little Girl Anymore

そんな旧友達と、ブラジルのセッション・ミュージシャン達に囲まれて制作された『Second Nature』は、『Lark』と『Fathoms Deep』を掛け合わせ、そこに 1990年代風 mellow groove サウンドとブラジリアン・テイストを付け加えたような内容になっています。

もちろん、リンダのレインボウ・ヴォイスは不変。

それらが渾然一体となって、僕の耳に体に、心地良く響いてくるのです。


【お気に入りの数曲】
★ What's All This About?
ブラジリアン・タッチのリズミカルでダンサブルな曲。そのリズムに良く乗ったリンダの歌声はチャーミング。リチャードのタイトなドラミングがサウンドを引き締め、B.J.コールのペダル・スティールが良い加減の緩みを演出している。

★ More Than Enough
これもまた軽いブラジリアン・テイストが利いたスローナンバー。Sylvain Luc なるブラジルのセッション・ギタリストが弾くアコギの音色が、夕暮れの浜辺の風景をイメージさせる。リンダの歌声は、浜に打ち寄せるさざ波のように、静かな押し引きを繰り返している。

★ For Lover's Sake
ワウを効かせたギターのカッティングが心地良い mellow groove な1曲。幅広い声域を活かしたリンダの歌いっぷりに惚れ惚れ。マックス・ミドルトン参加曲「Moment Of Diamond」も同タイプの peaceful groove なナンバー。リンダの新しい魅力を引き出すことに成功している。

★ Love Plateau
時折入るホーンが楽しさを盛り上げるボサノバ・タッチの曲。これと同タイプの「Love Inside」と、今までのリンダには見ることが出来なかったサウンドにチャレンジしている。軽やかなリンダの歌声が、それに実に良くマッチ。

★ Sideway Shuffle
細かく刻まれたリズムの上を、リンダの歌声がラップ気味に舞う...。アルバム中、最も Funk 指数が高い、リンダ流 Hip Pop とでも言えそうな曲。

その他... 『Lark』で聴かせてくれたアコギ弾き語りスタイルの「Born Persormer」「Sweet To Do Nothing」があることも、お忘れ無きよう。

■ member
Linda Lewis (vo,g)

B.J. Cole (pedal steel-g)
Robert Ahvai (g,b)
Max Middleton (key)
Richard Bailey (ds)

■ songs
All songs written by Linda Lewis

■ produce
Will Nott
Marc Bethoumieux

■ 過去記事
Lark ('72)

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ヘイ・ナ・ナ♪

これは思い出深い1枚。大学時代、ジャミロクワイからの流れで買った1枚です。
当時彼女のことはまるで知りませんでしたし、今でもこのアルバムとライブ盤(あ、今見たら「Lark」もあった)しか持っていませんが、アルバム自体の素晴らしさからか、手放さずに所有している1枚です。復活後の彼女はあまり評価されていないと思うのですが、このアルバムは最高だと思います。俺は「Lark」より好きです。
今思えばブラジリアン・フレイヴァーとかって彼女のこのアルバムから知った部分が多いかも。
久々に聴き返します♪

kura_moさん

ヘイ・ナ・ナ♪ … あの曲ノリノリですよね~!

>ジャミロクワイからの流れで…
やはり kura_moさんの世代は、そうなのですね~。いずれにしても、リンダはそうした世代とは無関係に素晴らしいアーティストであることに間違いありませんっ。

>ブラジリアン・フレイヴァー
これと同時期のケニー・ランキンが、やはりそうした傾向に走り始めたのは、偶然ではないような気もします。

聞き返したら、kura_moさんの記事もよろしく♪

ocean様

こんばんは。
リンダのこのアルバム、かなり売れたらしく
ブコフの250~750円コーナーでよく
見かけるのがちょっと悲しいけど(笑)、結構
好きなアルバムです。

「サイドウェイ・シャッフル」はこのアルバムの
バージョンもカッコイイけど、個人的にはシング
ルでリリースされたオリジナル・バージョンのマ
イルド&キュートなリンダのヴォーカルが大好き
です。

復帰後のリンダのアルバムでは「キス・オブ・ライ
フ」も「ラーク」を彷彿とさせるシンプルなナンバ
ーが収録されたりしていて結構気にいってます。

おやぢ様

僕は500円でgetしました(笑。

>「サイドウェイ・シャッフル」
シングル・ヴァージョンがあるのですか~。それは聴いてみたいものです!

>「キス・オブ・ライフ」
これを期に Wish List に入れました。これも、いずれ聴いてみたいと思っています♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。