スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Derek And The Dominos / Layla And Other Assorted Love Song ('70)

Layla

デレク&ザ・ドミノス 『いとしのレイラ』

既に多くの方達がコメントされているこのアルバムを前にすると、何を書こうか構えてしまいますね。

ここでは初めて聴いたときの想い出などを...


ビートルズ「While My Guitar Gently Weeps」のギター・ソロにいたく感動し、エリック・クラプトンの存在を知りました。

「彼のことをもっと知りたい」

そう思っていたとき、父親が僕に手渡してくれた社内割引販売レコードのリストを眺めていたら、そこにクラプトンの名前が載っているではありませんか。当時クラプトンのレコードを配給していたポリドールは、父親の勤務する(していた)会社の関連会社だったのです。

嬉々としながら初めの一歩。注文したのが、ヤードバーズ時代~デレク&ザ・ドミノスまでの代表曲を収録したベスト盤『エリック・クラプトンの歴史』('72)。2枚組でしたので割引は助かりました。

ベスト盤では物足りなくなり、次に目を付けたのが、この『いとしのレイラ』 レコード屋さんへなだれ込み即入手したい気持ちをぐっと抑え、やはり父親に注文を出しました(2枚組でしたから...)

その後も、クリーム、ブラインド・フェイス、ソロなど、購入するたび父親に頼んでいたせいか、ロックには全く興味の無い人なのに、昔売上に貢献した僕に対する恩返しのつもりなのか、テレビ欄や新聞・雑誌などで「エリック・クラプトン」の文字を見つけると、僕に「おいおい」と声をかけてくれるので、とても助かっています。

閑話休題

「クラプトンって素晴らしいな」

実はそう思う前に不思議でしょうがなかったのがデュアン・オールマンの弾くギター・フレーズ。

「一体全体どうやって弾いているんだろう?」

写真とか映像とかも今に比べて入手しづらい時代でしたし、情報だって今みたいにネットでさくさく検索することもできませんでしたから、音を聴いているだけでは判断つかないことが多かった。オールマンのギターだって、どう弾いたら「I Am Yours」みたいなフレーズが生まれるのかさっぱりわかりませんでした。特にタイトル・ソング「Layla」のギター・ソロなんて、しばらくの間「えらくキーの高い女性ボーカルだな」と、本気でそう思っていたほどでした。

ある時、やっと何かの雑誌で「スライド・ギター」というキー・ワードを見つけ、早速何かの瓶を切り指にはめ、アコースティック・ギターで試してみたのですが音程が取れず、自分の弾いている音を聞いているうちに気持ち悪くなってしまった想い出があります。

「デュアン・オールマンって凄いギタリストだな」

ビートルズからクラプトン。クラプトンからオールマンへ。「Little Wing」からジミヘンへと。ミュージシャン同士の繋がりが、僕と音楽との関わり合いをどんどん広げていってくれました。

ちなみに、オールマン・ブラザース・バンドもジミヘンもポリドールでした。売上に貢献したことは言うまでもありません。

■ member
Eric Clapton (g,vo)
Duane Allman (g)
Bobby Whitlock (key,vo)
Carl Radle (b)
Jim Gordon (ds)

■ produce
Tom Dowd
Derek And The Dominos

History Of Eric Clapton

『歴史』のライナーにこんな逸話が載っていました。

デレク&ザ・ドミノスのコンサート開演前。

司会者がバンドのことを単に「エリック・クラプトンです」と紹介したとき、クラプトンはマイクに歩み寄りこう言ったそうです。

  エリック・クラプトンからメッセージがあります。
  今日、彼はここに来られません。
  しかしバンドが来ています。
  デレク&ザ・ドミノスです。

このアルバムを聴きながらこの話を思い出すたび、クラプトンがデレク&ザ・ドミノスでやりたかったことがわかってくるような気がするのです。

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デレク&ザ・ドミノス (Derek & The Dominos)

LaylaDerek & The Dominos Polydor 1996-09-02売り上げランキング : おすすめ平均Amazonで試聴するクリーム解散からブラインド・フェイスでの短い活動を経て、ディラニー&ボニーを介して知り合った南部のミュージシャン、カール・レイドル、ジム・ゴードン、ボビー・

Derek And The Dominos

Derek And The Dominos写真は「Live At The Fillmore」1-Live At The Fillmore2-Layla And Assorted Love SongsDerek And The Dominos(デレク・アンド・ドミノス)は1970年にデラニー&ボニーのツアー参加メンバーらを中心に結成されたEric Clapton(エリック・クラプトン)(※)

Yardbirds "Roger The Engineer"

 ちょっと名前が出たので久々に気になって聴いたのがヤードバーズの「Roger The Engineer」。自分が昔々に手に入れたのはジャケットが青いバージョンのエドゼルからリリースされたモノラル

Derek & The Dominoes / The Layla Sessions : 20th Anniversary Edition ('70/'90)

毎日おいらさんとことlenmacさんとこを廻るのが日課なのだけど、オールマンズと、メイオールがらみでクラプトンが取り上げられていた。で、それぞれ名盤なのにどっちも持ってないや。あらら。 ってことでデレク&ドミノス『いとしのレイラ』、ちょっとひねってボックス・セ

CDプレーヤー

最近お邪魔したブログでも話題になってましたがCDの寿命ってどれぐらいなんでしょうかね?そこでも書いたのですが、私の持ってるCDの場合、1980年代半ばの生産のものに何枚か劣化しているものが有ります。その1曲だけが聴けないことが多いので、他の曲は大丈...

じっくり、ゆっくり歴史的名盤を! DEREK & THE DOMINOS”LAYLA"

いとしのレイラ1970年私が、"レイラ”をこうして書く・・・無茶です、お許しください、皆様!ギターのこと、何もわかりません。何処から書いてよいのやら・・・でもちょっと書いてみたい・・・それは、”レイラ”が素晴らしいラヴソングだから・・・でも、そのほかの曲

デレクアンドドミノス『Layla and Other Assorted Love Songs』

Derek and the Dominosのアルバム『Layla and Other Assorted Love Songs(邦題:いとしのレイラ)』。1970年発表。 エリック・クラプトンという人は英国人のはずですが、なぜか世間的にも僕的にも彼はアメリカ人だというイメージがあります。ま、長い間アメリカに住ん...

コメントの投稿

非公開コメント

これは

かなり聴きこみました。今でも聴きますが、その後のメンバーの歩みを知ると少し複雑な気持ちです。
本当はそんなこと関係なしに音楽にのめりこめた時代が良かったのかな?

sken さん♪

そうですよね~ 音楽の聴き始めは音だけに集中してましたからね。時代も時代ですから、今後色々なことが起きていきます。
でも、これは受け入れていかなくては。永遠だと信じられるもの(そうたくさんはありませんが)であれば、それを好きでい続けたい … なんて思っています♪

TB,ありがとうございます。

この記事いいお話ですね~
アイ・アム・ユアーズの高音部ギターを追っかけちゃいますよね~神格化されてるのもわかるような気がする、耳にいつまでも残る音だよね。
内ジャケの写真がまたいいです。^^~~♪

evergreen さん♪

>内ジャケ
スタジオの様子が伝わってきますよね~

そうそう。Windows95の時だったかな?「ドミノ」ゲームが標準で付いていまして、これを初めて聴いた頃に抱いた「ドミノって倒す以外にどうやって遊ぶんだろう?」という長年の疑問が解明したことを覚えています♪

コメント&TB有難うございました。トリプルギターでの来日、いよいよですね。英国でのセットリストをみると、Got To Get Better in Little Whileが入ってて驚きましたわ。今後ともよろしくです。

michanさん

>セットリスト
デレク・トラックスのタメとも思われますが、ドミノスの曲が多めですね~ 「Anyday」なんかも楽しみです♪

シンさん

初めまして。ブログ拍手を有難うございました。

もしよろしければ、本文の方にコメントを入れていただき、その後、ブログ拍手からメアドを教えていただけますでしょうか?

よろしくお願いいたします♪
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
03≪│2017/04│≫05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。