スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Malo / same ('72)

Malo
Malo/Malo

年々、暑さが厳しく感じるのは、地球温暖化のせいなのか... 単に自分の体力が落ちているせいなのか...。暑いっ 暑いっ … と汗かきながらも、夏が大好きな僕ですが、ここ数年はさすがに参りました。ですが、涼風が通り抜け、秋虫達の歌い声を耳にし始める時期になると、あぁっ。夏も もう終わりか … と、一抹の寂しさを感じてしまいます。

夏よ Come back to me! … という思いと共に取り出したのが、カルロス・サンタナの弟さん:ホルヘ・サンタナ率いるマロの 1st アルバム『Malo』

ロックにラテンのテイストを取り入れたのが、カルロス・サンタナであり、スティブン・スティルスであったりしたわけですが、マロの場合は、ラテンにロックのダイナミズムを取り入れた... なんだ、同じじゃないか … と思われるでしょうが、その辺りのニュアンスが微妙に違うのです。

ギターやヴォーカルなど、何か特定のものが極端に目立つのではなく、ホーン・セクション、パーカッション隊などが渾然一体となって織りなす原始的・熱情的・官能的なサウンドは、カルロスやスティルスのものとは異質の手触り。

あ~ちぃ~ちぃ~ あ~ちぃ~っ … と、体温が上昇すること請け合いです。


【お気に入りの曲】
★ Pana
つま先だって踊りたくなってしまうほど軽快なアルバム・トップナンバー。曲後半の艶やかなホーン・アンサンブルと、延々と繰り返されるパーカッシブなピアノ・リフに身を委ねていると忘我の境に入る

★ Just Say Goodbye
ここは夢の世界か … と思わせる幻想的なイントロから、ベースとパーカスがリズムを刻み始めると、曲は一転、激しさを増し、ホルヘとアベルが肉感的なギター・ソロを取り合う。その後、スローダウンしながら静かにエンディングを迎える … と、組曲風の構成がお見事。

★ 「Cafe」「Nena」
上に書いたとおり、ホーン、パーカッション、ツインギター … と、マロが織りなすバンド・アンサンブルが最高潮の盛り上がりを見せる。僕の体内に潜んでいる可能性があるヒスパニックの DNA が騒ぎ出す。

★ Suavecito
火照った体をクールダウンするため、シーブリーズを軽く叩いた時のような心地良い感覚と香りがしてくる、優しさを伴ったスローナンバー。夏の終わりが近づいた夕暮れの海岸を、のんびりと散歩したくなる。

そして、もう1曲...
☆ Peace
ギターとホーンがユニゾンで繰り返す激しいリフと、扇情的なヴォーカルが印象的な、アルバム中、最もロック色濃厚なラスト・ナンバー。曲中盤のインスト部では、カルロスに通じるスピリチャルな感覚もあり。

■ member
Arcello Garcia, Jr. (vo)
Jorge Santana (g)
Abel Zapate (g,vo)
Richard Kermode (key)
Pablo Tellez (b)
Richard Spremich (ds)
Luis Gasca (tp,vo)
Roy Murray (tp,tb,fl,sax)

■ guests
Richard Bean (per,vo)
Coke Escovedo (per)
Victor Pantoja (per)

■ songs
・ Just Say Goodby (Rogers Grant / Buth Grant)

■ produce
David Rubinson

/

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Malo『Malo』

Carlos Santanaの弟Jorgeによる躍動のラテン・ビート☆Malo『Malo』♪ 発表年:1972年 ez的ジャンル:チカーノ系ラテン・ソウル/ロック 気分は... :アミーゴ☆ 最近の僕にとってのメキシカンな話題3つ。 最近久々に奇才Robert Rodriguez監督の映画「デスペラード」を観

カルロスの弟バンド MALO”Malo”

MALO”Malo”(未開封新品)1972年 輸入盤はこちら、しかも試聴あり カルロス・サンタナの弟ホルヘ・サンタナのバンドです。 もう、そっくりさんで見分けつきませんが、どっちかというと、ちょっと線が細いかな?女性的というか、・・・ なかなかいいで?...

コメントの投稿

非公開コメント

ああ、

Maloいましたね。知ってたけどちゃんと聴いた事が
ありませんでした。

なんと、napsterに入ってました。
結構いいかも(^^♪

ocean様

こんばんは。
マロのこのアルバムのカッコよさは尋常じゃ
ないですよね。
サンタナも初期の3枚は大好きだけど、温度感
は明らかにマロの方が熱いですね。
一般的なラテン・ロックのイメージより、かなり
ラテン色が強いので最初に聴いた時は戸惑ったけ
ど、聴きこむにつれマロ・ワールドに引き込まれ
ていったのを思い出します。

Purple_Hazeさん

>napster
など、最近は'70年代の曲も DL できるところが多くなってきましたね。昔から考えると、信じられないようなことです!

おやじ様

こんばんわ。エアコン無しの夜を過ごしております♪

>温度感
高いですね~! これを聴いた後では、サンタナに湿り気を感じるほどです。やはり、ホーンの音色とパーカッシブなピアノが効いているせいかもしれませんね。

Maloいいですねぇ!
当方のエントリーをTBさせていただきました。

本作では特に「Nena」、「Suavecito」の2曲が大好きですね。

本家Santana以上にの弟分グループのAztecaやMaloが好きですね。Coke Escovedoのソロ作もよく聴いています。

最近再発されたJorge Santanaのソロ『Jorge Santana』(1978年)をこの夏よく聴いていました。AOR系の軟弱な作りですが、それが結構良かったりします(笑)

ezさん

コメント&TB 有難うございました。

>Jorge Santanaのソロ
これはもう、ジャケットを眺めているだけで素敵な気分になりますね(笑。もちろん中身の方も素敵♪

>Azteca
未聴でしたので、機会があったらチャレンジしてみようと思います。

情報を有り難うございました!

ホルヘ・サンタナといえば

ホルヘ・サンタナとえいば、例のあのヒップジャケのソロ作品がどうしても欲しくて現在通販で物色中です。

Cottonwoodhillさん

>例の…
気になりますよね~ ジャケットのその中身が... あいやっ サウンドがですよね!(笑)

マロ好きですね・・・

サンタナとどうしても比べちゃっていけませんが、
こちらの方が繊細と言うか・・・
いやいや詳しくないんで・・・
この辺のジャンルはコアなファンの方がいらして
凄いですよね~
音楽の知識は果てしない・・・ほんといつもそう思います。

MALO

Maloが大好きなんです!かっこいい!
仲間を探してMALO4枚アルバムの
全曲カバーを目標とするコピーバンドMOLOを
結成しました。

Mixiにも「MALO共和国」というコミュを
作っています。よかったら覗いてください。

Re: MALO

黒獅子ニックさん
はじめまして。コメントをいただきありがとうございます。

Malo の全曲カバーだなんて、凄いですね!

早速「MALO共和国」にUPされていたLIVE映像を拝見しました。
とても格好いいです!

それしても良く大勢のアミーゴが集まりましたね?!
志を同じくする仲間と知り合い、音を奏でる...
なんて素晴らしいことなんでしょう。

今後も頑張ってください!
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
12≪│2017/03│≫10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。