スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mountain / Climbing ! ('70)

Climbing !

マウンテン 『勝利への登攀』

激しさの中に美しさが同居したアルバムです。

レスリー・ウエストの迫力満点、荒々しいヴォーカルによる「Mississippi Queen」「Never In My Life」、フェリックス・パパラルディの哀愁に満ちた歌声が魅力の「想像されたウエスタンのテーマ」「バンドの少年」。レスリーのヘヴィーなギター・リフと唸りを上げるフェリックスのベース。そこにメロディアスで澄み渡ったトーンのソロが切り込んでくる。

特に難しいことをやっている様子はないのに、こんなに響いてくるのは何でだろう。


もともとニューヨークはグリニッチ・ビレッジ周辺のフォーク系アーティスト達と交流が深かったフェリックスの存在が大きいためか、レスリーのアコースティック・ギターによるインスト「To My Friend」やフェリックスの弾き語り「The Laird」みたいな曲も。特に後者にはフレッド・ニールから受けた影響が感じられます。

そんなフェリックスが、何故クリームのプロデュースを務めたのか。また、自らマウンテンでハードな演奏をするようになったのか。その辺の経緯については勉強不足で詳しくありません。ご存じの方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

それに加えて日本的な...それもこう言っては何ですが歌謡ロック的な響きを感じる瞬間もあるんですよね。「ヤスガーの農場」なんて聴いてるとクリスタル・キングとかと、かぶってしまうんですよ。

何とも味わい深いバンドです。

■ member
Leslie West (g,vo)
Steve Knight (key)
Felix Pappalardi (b,p,g,vo)
Corky Laing (ds)

■ produce
Felix Pappalardi

tk2「想像されたウエスタンのテーマ」はジャック・ブルースの作品。オリジナルはジャックのファースト・ソロ『Songs For A Tailor』('69)にて。

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第2のクリームとよばれたマウンテン

Climbing!マウンテンというよりは怪物[:おばけ:]ギタリスト レスリー・ウエストが有名でとても日本では人気がありました。もちろん私も大好き[:ハート:] その巨漢な体にむちゃくちゃファッションセンスがよくって[:グッド:]、かっこいいんです。ギターも私流に言えばパワ

CLIMB THE MOUNTAIN

すいません、DIOライブレポ書こうと思いつつ、ちびっとヤボ用で忙しいので繋ぎと言っても過言ではナイ(笑)オススメシリーズ第5弾。

コメントの投稿

非公開コメント

そういえば…

何でだっけなぁ、、、昔々同じ疑問を持ってなるほど、って思った記憶はあるのですが、、、フェリックス・パパラルディとピート・ブラウンだっけなぁ、関係があったのは。メンバーとは大して関係なかったと思う。マウンテンはクリーム聴いてハードなギターになったんじゃないのかな?いかん、うろ覚えだ~~。スマンっす。

フレさん♪

そうですか。フレさんもでしたか。

考えてみれば、フォーク聴いているうちに物足りなくなっちゃってロック聴き始めた僕と... 同じ訳ないっ

Mountain!

ども。はじめまして(じゃないような気もしますが)。マウンテンいいですよね。大好きです。仰るとおり(ハードだけれども)メロディが日本的というか(とくにパッパラルディが歌う曲)、そんなとこが日本人の心に響くのでしょうね。

パッパラルディはプロデューサー業もやってたし、常に新しい音に敏感だったはずなので、最新のサウンド=クリームに興味を持ったのではないでしょうか。プロデューサーってことは、クリームとつながりのあるレコ社の重役かなんかとも知り合いだった可能性もあるし。以上勝手な推論でした(スミマセン・笑)。

yu-shio さん♪

いつも「似顔絵ロック」のBlogを楽しく拝見しております♪

リンク貼っていただいたマウンテンの絵も最高ですね~ 今後も期待しております!

ああ、マウンテン

この日本に、まだこれだけマウンテンを語れる人々がいるってだけで感無量です。
レスリー・ウエスト。割と最近(といっても90年代かな?)のソロ作を二枚持ってますが、ライヴではマウンテンのレパートリーをまだガンガンやってます。

フィルさん♪

フィルさんったら、大袈裟なんだから!

最近のレスリーって相変わらずウエスト太いのですかね?痩せたら痩せたで魅力が半減してしまいそうですが♪

いやあ、最近、周りにいないんですよ、
マウンテン語れる人なんて、さっぱりです。パッパラルディなんて言っても、「なにそれ?パパラッチ?」ってな具合ですから…
レスリーはウエスト太いですよ、やっぱり。でも老けましたね…当たり前ですけど。

フィルさん♪

フェリックス?
なにそれ?ガム?

というのも、もはや通用しないでしょうね~

マウンテンは見ました(自慢です)

マウンテンのジャケットがどれも最高ですよね。もちろん中味もですが。大好きです。

evergreen さん♪

この次のアルバムのジャケットも良いし、その次の絵文字も洒落てるんですよね♪

はじめまして

お邪魔しますm(__)m
本当に味わい深くて響く作品ですよね。
最近のレスリー、すっかり細くなってしまったようですが
体調崩されていたんでしょうか?
TBさせて頂きましたm(__)m

Aki さん♪

はじめまして。TB・コメントをありがとうございました。
今までの記事の中ではマウンテンに対するコメントが一番多く驚きました。今もって根強い人気があるんですね♪
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
04≪│2017/05│≫06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。