スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nilsson / Nilsson Sings Newman ('70)

Nilsson Sings Newman

ニルソンのデビュー・アルバム『Pandemonium Shadow Show』('67)を聴いたジョン・レノンは、その内容の素晴らしさに感激し、ニルソンにそれをこう伝えたとか。「It's John... John Lennon. Just wanted to tell you that your album is great! You're great!」(そのアルバムには「She's Leaving Home」と「You Can't Do That」の秀逸なカヴァーが収録されており、特に後者はビートルズ・ファンならば一聴の価値有りですぞ)

と言うわけで。前置きが長くなりましたが、今回はニルソン4枚目のアルバムとなる『ランディ・ニューマンを歌う』


ランディ・ニューマンは1968年に『Randy Newman』でデビューを果たし、このアルバムと同年1970年には『12 Songs』をと、ここまでに2枚のアルバムをリリースしているシンガー・ソング・ライター。『12 Songs』収録曲「Mama Told Me (Not To Come)」がスリー・ドッグ・ナイトに歌われ全米No.1に。1978年には自身が歌う「Short People」で全米2位を獲得しています。

ランディの歌声は、ぼそぼそとつぶやくようでぶっきらぼう。どことなく皮肉っぽいニュアンスもあります。

ニルソンのそれはランディとは逆に、一聴するとソフトな耳あたりだけど明瞭。このアルバムでニルソンは、ランディが曲で伝えたいニュアンスを極限にまで強調し、また、ランディの描いた曲の主人公に成りきり凄まじいまでの表現力で歌いきっています。

聞こえてくるのはランディの弾くピアノの音色と、ニルソンの多重録音による歌声だけ。1曲の時間はほとんどが2分台。全10曲でたったの26分。そんな短時間でも役を演じきるニルソンに拍手喝采。もちろん劇作家であるランディが作る楽曲の素晴らしさがあってこそ。

名作家と名役者がコンビを組んだ寸劇に酔いしれます。

■ member
Randy Newman (p)

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
09≪│2017/10│≫11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。