スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don Nix / Living By The Days ('71)

Living By The Days

バングラデッシュのコンサートにも登場したドン・ニックスの 『リヴィング・バイ・ザ・デイズ』

ドンの存在を知ったのはベック・ボガード&アピスの『Live In Japan』('73)から。「黒猫の叫び」「Sweet Sweet Surrender」が収録された『Hobos, Heroes And Street Corner Clowns』('73)の BBA とは違った甘い薫りのする雰囲気に音楽の深みを知ったのでありました。
Beck, Bogert & Appice Live

当時はようやくビートルズからエリック・クラプトン。ジェフやツェッペリンを通過していた頃。スワンプとはなんぞや?みたいな時期でしたから、知れば知るほどスワンパー達が多くのミュージシャン達に与えた影響に驚くばかりでした。


このアルバムは「名盤探検隊」シリーズで CD 化された時に入手。

1曲目「The Shape I'm In」(ザ・バンドのものとは同名異曲)荘厳で神聖な響きがするオルガンの音色に雨の降る効果音が重なる。寂しげなピアノのメロディが聞こえてきて「一文無しで Fairfax からやってきた...」とドンが歌い出す瞬間は何度聴いてもゾクゾクします。分厚いコーラスでぐっと盛り上げて、エンディングはまたピアノで終わるという構成もお見事。

「Olena」「Going Back To Iuka」のようなジャンプ・ナンバーから「She Don't Want A Lover」「Living By The Days」など哀愁を帯びたナンバーまで。感じるのは楽曲の良さ。ソング・ライターとしてもかなりの実力派。

そしてここでも、そこはかとない甘い薫りが。ゴリゴリ押すだけではないところが魅力です。

このCDも残念ながら廃盤の模様ですが、セルフ・リメイク盤が出ていました。
Going Down: The Songs of Don Nix
Going Down: The Songs of Don Nix


■ member
Don Preston (b-vo)
Jimmy Johnson (g)
Wayne Perkins (g,b-vo)
Chris Stainton (key)
Barry Beckett (key)
Donald"Duck"Dunn (b)
David Hood (b)
Roger Hawkins (ds)

■ produce
Don Nix

クラプトン・バンドでもお馴染みのクリス・ステイントンが参加。『Just One Night』('80)の「Tulsa Time」(イントロはレオン・ラッセル「A Song For You」を引用していました)でも聴かせてくれたピアノのコード連打で、ロジャー・ホーキンスのドラムと一体となりリズムをぐいぐいと引っ張っています。
Eric Clapton / Just One Night

「Going Back To Iuka」での"ダック"ダンのベース・ライン、ジミー&ウェインのダブル・スライド・ギターも凄いっ。

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Don Nix発見!

DVD「The Concert For Bangladesh」を見ていたら、後ろの方に上の絵のような人を発見。もしや!と思ってクレジットを見てみるとやっぱりドン・ニックスさんでした(むかし見たときは気付かな

DON NIX / LIVING BY THE DAYS

ベック、ボガード&アピス(BB&A)がカバーした「Sweet Sweet Surrender」や、これもBB&Aがライブ盤でカバーしているフレディ・キングの代表曲「Goin’ Down」の作者として、ドン・ニックスの名は以前から知ってましたが、なかなかソロアルバムを聴く機会がありませんで

コメントの投稿

非公開コメント

TBありがとうございます。このセカンドもよかったはずなのですが(なぜか発見できません・泣)、ファーストの方がずぶずぶですよ。あと最近発掘されたDon Nixを中心としたAlabama State Troupersのライブも南部臭プンプンでホント大好きです、、、と、こうやってみんなを沼に引きずり込むのです(笑)。

私のサイトにいただいたTBがなぜかこのエントリーにリンクしていません。ご確認くださいませ。

yu-shio さん♪

沼は深そうで怖いです♪

TB いただいたようですが、昨晩物凄く重い時間帯があったので、そのせいでリンクされなかったのかもしれません。
もしよろしければ再度チャレンジしてみていただけますでしょうか?

念のため yu-shio さんの Don Nix ページは → http://everydayrock.blog9.fc2.com/blog-entry-110.html です。

いやいや

言葉が足りなかったようですね。私のブログにあるoceanさんのトラックバックをクリックしても、このページ(今見ている記事)を表示しないんですよ。わかっていただけるかな?(笑)

それはともかく、最初は当方の記事はドン・ニックスその人ではなくバングラデシュの記事なので、TBはやめといた方がいいかな~なんて思ってましたが、せっかくなのでTBしちゃいました!

どうぞどうぞ♪

yu-shio さん。TBは遠慮無く。
似顔絵いつも楽しませてもらってます♪(もちろん文章もです)

しかし昨晩は重かった... 何だったのでしょう...

TBありがとうございました

おはようございます。
ドンニックスいいですよね。「Hobos, Heroes And Street Corner Clowns」も聴いてみたいんですがなかなか出会えませんね・・・

shintanさん

shintanさんのところへ、ダブって TB してしまい、たいへん失礼いたしましたm(_ _)m

>Hobos, Heroes And Street Corner Clowns
そうですね。なかなか見かけませんね~
ですが、密かに僕は持ってたりするのです♪
そのうち記事にいたしますね!
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
05≪│2017/06│≫07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。