スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Emerson, Lake & Palmer 【DVD】 Beyond The Beginning

Beyond The Beginning

エマーソン・レイク&パーマー 【DVD】 『ビヨンド・ザ・ビギニング』

HMV の DVD 3枚で20%引きキャンペーン(既に終了)につられて、レインボードゥービー・ブラザースと合わせて購入した 3セット目。

ELP は 1992年・1996年と来日コンサートを見に行きましたが、キース・エマーソンとカール・パーマーのパワフルなパフォーマンスとは裏腹に、グレッグ・レイクは声がかすれてしまい、歌う姿も苦しそうでした。元気な二人に比べて、どことなく影が薄いように感じたのでした。

古い映像が記録された DVD ということで、期待に胸膨らませて見始めましたが、その内容は...


Disc 1
◆ Before The Beginning
ELP 結成前に3人が所属していたバンドの映像

・ The Crazy World Of Arthur Brown - Fire (Beat Club 1968)
奇妙な仮面をかぶったヴォーカルに目を取られていたら、カールまでが仮面を...

・ The Nice - America (Beat Club 1968)
演奏風景に当時のアメリカの様子を伝える写真がコラージュされている。'60年代の映像ってこういうの多いですね。

・ King Crimson - 21st Century Schizoid Man (Hyde Park 1969)
おおっ … と思ったのですが、演奏風景と観衆の様子にスタジオ盤の音がかぶさっているだけ。1コーラス目が終わるとそこで終了。グレッグの他、イアン・マクドナルドの姿も見えますが、ロバート・フィリップは姿を見せず。

◆ ELP In Pictures
さて、いよいよ ELP の映像

・ Take A Pebble (Beat Club 1970)
あのハープのようなハープシコードのような音はこうやって出してたのねと納得。グレッグが若々しくて可愛い。

・ Knife Edge (Brussels 1971)
長い髪を振り乱して叩きまくるカールが抜群に格好いい。エンディングでキースがオルガンを軽く飛び越え逆弾き奏法。僕が見に行ったコンサートではやっと飛んでました。

・ Rondo ~ Great Gates Of Kiev (Isle Of Wight Festival 1970)
ELP のデビュー・コンサート。バスドラを踏みながらシャツを脱ぎ、上半身裸になるカールに「お前はドン・ブリューワー(Grand Funk)か?」と声をかけたくなる。前から思っていましたがハード・ロックのノリですね。このあたりが他のプログレ・バンドから馬鹿にされていた要因の一つかもしれませんが、僕はこういうわかりやすい彼らが好きです。キースのラメ入り衣装も格好良すぎ。エンディングでは大砲を2発ぶっ放す。映像がぶつ切りなのが少し残念。

・ Rondo (Brussels 1971)
キースがオルガン振り回しまくり。

・ Tarkus - A Eruption (Tokyo 1972)
噂に聞く来日コンサート。雷の鳴る空に○○工務店の看板が見える。スタジオ盤よりスピード感がありテンションの高い演奏。これを生で見せられたら興奮するのは当たり前かも。観衆の様子も見える。

・ Hoedown (Milan 1973)
出ましたっ。イントロのシンセの音だけで鳥肌。これもかなり速いテンポでエキサイティング。宇宙人みたいな衣装を着たキースの鍵盤捌きをたっぷり堪能。

・ Tank (Milan 1973)
力こぶを一杯ためてカールが叩きまくる。映像が短く編集されているのが残念。

・ Lucky Man (California Jam 1974)
・ Karn Evil 9 - 3rd Impression (California Jam 1974)
Disc 2 に収録されているのに、Disc 1 にわざわざ入れる意図がわからず。年代順の流れを追いたかったのか?

・ Toccata (Aquarias TV Show 1974)
カールがTVショーに一人で出演。両手でドラを叩きながら、鐘からぶら下がっているひもを口にくわえ、それを打ち鳴らす。さすがにそこまでやるか?

・ I Believe In Father Christmas (Promotin Video 1975)
邦題「夢見るクリスマス」グレッグのソロ曲? グレッグお得意のギター弾き語りによるバラードですが、イギリスでは「ボヘミアン・ラプソディ」に次ぐ 2位にランク・インしたのだそう。知りませんでした...

・ Honky Tonk Train Blues Oscar Peterson's Piano Party 1975)
キースとカールがオスカー・ピーターソンのTV番組に出演。キースよりも初めて見るオスカーのピアノ・プレイに目が釘付け。

以下
・ Fanfare For The Common Man (Promotion Video 1977)
・ Pirates (Motreal 1977)
・ Tiger In A Spotlight (Pop Rock 1977)
・ Watching Over You (Memphis 1978)
・ Tarkus (Royal Albert Hall 1978)
・ Touch And Go (Budapest 1997)

◆ Bonus Footage
・ 1973年のリハーサル映像
他の二人にベースのフレーズ、ドラムのリズムを細かに指示するキースに、グレッグは反抗し、カールは対応しようと努力する。「俺は二人の調整役だった」と語るカールの言葉通りの雰囲気を感じる。

・ アルバム・カヴァーにまつわるヒストリー
『In The Court Of The Crimson King』『Tarkus』『Trilogy』のジャケット作成担当者は、アルバム・リリース後に亡くなってしまったそうです...

・ 1973年 カー・レースに出場した際の映像
秘蔵といえば秘蔵だけど... ちなみにグレッグが2位。キースはコースアウト。カールはスピンして入賞を逃す。

・ モーグ・シンセサイザーの開発者:ボブ・モーグ最新インタビュー
キースとカールはテクノロジーに興味を持っていたが、グレッグは全く … だったそうです。

Disc 2
◆ California Jam Festival
・ Toccata
・ Still... You Turn Me On
・ Lucky Man
・ Piano Improvisations
・ Take A Pebble
・ Karn Evil 9 - 1st Impression Part 2
・ Karn Evil 9 - 3rd Impression
・ The Great Gates Of Kiev
「Still... You Turn Me On」「Lucky Man」… もう、うっとり。大好きだった『恐怖の頭脳改革』を映像で見られるなんて嬉し過ぎ。キースのピアノ大回転もあり。

『Ladies And Gentleman』でもそうでしたが、3人のリズムは微妙に狂っています。でも彼らにとって You gatta see the show, It's Rock and Roll なんですね(この文句もプログレらしくない) 多少の荒々しさには目をつぶり、音に合わせて体を揺らすことを楽しんでくれ。そんな演奏ぶりです。

◆ Beyond The Beginning
メンバーとマネージャーによる、ELP 結成から解散までのドキュメンタリー映像。「カール・パーマーに声をかける前、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのドラマー:ミッチ・ミッチェルを誘っていた」など、ファンには興味深い話を聞くことができます。

1972年の来日時、ファンに取り囲まれ「ビートルズになった気分だった」とか、キースが「俺とグレッグの関係は、ジョンとポールみたいには行かなかった」とか... この頃のミュージシャン達って、ほんとうにビートルズのことを引き合いに出すことが多いですね。

レッド・ツェッペリンの DVD 並み … とまでは行かないまでも、なかなか興奮度合いの強い映像でしたよ。

■ member
Keith Emerson
Greg Lake
Carl Palmer

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。