スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Turley Richards / Expressions ('71)

Expressions

ちょっと 1971年 Live 盤シリーズから寄り道。

キャロル・キング「Child Of Mine」の素晴らしいカヴァーが収められているターリー・リチャーズ 『エクスプレッションズ』を Pick up。

1999年に「名盤探検隊」で世界初 CD 化された時に購入。ターリーのことは良く知りませんでしたが、セクションのメンバーがクレジットされていたのでついつい手を出してしまいました。

ライナーによると、1941年 ウエスト・バージニア出身。1964年にニュー・ヨークへ移りグリニッジ・ヴィレッジを音楽生活の基盤にしたシンガー・ソングライター。ローラ・ニーロとツアーを共にしたこともあったようです。

果たして内容は...


ラス・カンケルの腰の入ったドラミングで曲が始まる 1曲目「Beautiful Country」 黒っぽい強靱なターリーの歌声と、ライブで演奏したら観客と大合唱間違いなしのメロディアスでキャッチーな La-la-la というコーラス。これで心をぐっとわしづかみにされた後が、冒頭の「Child Of Mine」

キャロルの初ソロ『Writer』('70)に収録されていたこの名曲を、こうも懐深く歌われるとたまりません。子供に … というよりも、愛する人に向けて唄っている印象を受けます。これは感動の名唄。

R&B スタイルの「Stoned On Love」、「Child Of Mine」と同タイプのバラード「Place For My Mind」など … その後もタフで優しい男の魅力いっぱいの作品がバランス良く配置されています。

アルバム全体の完成度という意味では次作の『West Virginia Superstar』('78)に一歩譲るような気もしますが、出だしの「Beautiful Country」「Child Of Mine」 この 2曲の印象がとても強く、僕にとって忘れがたい CD となりました。

■ songs
All songs written by Turley Richards
except ...
・ Child Of Mine (Carole King/G.Goffin)
・ It's All Over Now Baby Blue (Bob Dylan)
・ My World Is Empty Without You (Holland/Dozier/Holland)
   The Supremes のヒット曲

■ member
Danny "Kootch" Kortchmar (g)
Leland Sklar (b)
Bryan Garofalo (b)
Russ Kunkel (ds)
Jim Horn (fl)


■ produce
Paul Harris
Lewis Merenstein

キーボードのメンバーがクレジットされていませんが、ジョン・セバスチャン『Real Live』『デイヴ・メイスン&キャス・エリオット』、いずれ取り上げるつもりの『オハイオ・ノックス』などに参加していたポール・ハリスがプロデュースを努めていることから、ポールがキーボードを担当したのでは?と想像しているのですが...

しかし、セクション … こういうソウルフルなヴォーカルのバックで都会的なサウンドを響かせるのが巧い。

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。