スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phil Upchurch / Darkness, Darkness ('71)

Darkness, Darkness

またちょっと 寄り道。

ダニー・ハサウェイと共演していたギタリスト:フィル・アップチャーチ 『ダークネス・ダークネス』

こんなにざらりとした感触のギターを聴いたことがありません。ある意味、ダニーの歌声と同じ性質の音をしています。

若い頃はオーティス・ラッシュのバンドにベースで参加していたり、数多くのジャズ・マンとのセッションをこなした後、1960年代半ば頃には Chess の専属ギタリストとなり、ハウリン・ウルフ、マディ・ウォータースなどのレコーディングにも参加したという経歴から、ブルースともジャズともつかないプレイを聴かせてくれますが、やはりソウル … 物凄くソウルフルなギタリスト。

ソリッドで切れ味鋭く、癖の強いフレーズが次々と繰り出される様はスリリング。聴き手を選ぶかもしれませんが、この手触りは一度馴染むと癖になります。

曲は全てインスト。フュージョンか … などと手を出すと痛い目にあいますよ。けして BGM としては聴くことができませんから... くれぐれもご注意を。


■ songs
・ Darkness, Darkness (Jesse Colin Young)
・ Fire And Rain (James Taylor)
・ Cold Sweat (James Brown / A.Ellis)
・ Inner City Blues (Marvin Gaye / J.Nyx)
・ You've Got A Friend (Carole King)


■ member
Phil Upchurch (g)
Arthur Adams (g)
Joe Sample (key)
Ben Sidran (key)
Donny Hathaway (key)
Chuck Rainey (b)
Harvey Mason (ds)
Nick DeCaro (arr)


■ produce
Tommy LiPuma
Phil Upchurch

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近のお気に入り☆

マイ・ブームなんて言葉が流行って久しいですけど、私の最近のお気に入りがコレ。『ラスク』です。いま一番気に入っているお取り寄せの品です。このラスクは山形県に本社を持

コメントの投稿

非公開コメント

これは最初から最後まで弾きまくりの、きっついアルバムですね(笑)。たま~に聴くと満腹になります。

yu-shio さん♪

はい。僕もコメント書きながら聴いたら、お腹いっぱいになりました。でも、腹ぺこになるとまた聴きたくなっちゃうんですよ♪

はじめまして!

アルバムは違いますが、「フィル」繋がりでTBさせて頂きます。
私もこのアルバムはムチャクチャ好きな1枚!
ソウル・フュージョンの名盤ですよね~。
また、こちらのブログにはかなり私好みのアルバムばかり紹介していますので、これからもちょくちょくお邪魔させて頂きます☆
今後とも宜しくお願いしますね!!

Musicman さん♪

はじめまして。コメント&TBをありがとうございました。
僕も Musicman さんの Blog を拝見しに行きますね♪ 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
08≪│2017/09│≫10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。