スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jack Bruce / Harmony Row ('71)

Harmony Row

ジャック・ブルース 『ハーモニー・ロウ』

会社の先輩に、五つの赤い風船が3位になったときのポプコンに出場した … という方がいらっしゃいます。リード・ヴォーカル兼ベース担当だったという先輩に、審査員から「ベースを弾きながら歌を歌うと、リズムが狂うからやめた方が良い」という評が下され、結果は予選落ちだったそうですが...

ポール・マッカートニー、ジャック・ブルース、ジョン・ウェットン... 歌うベーシストと言えば、まずは3人の名前が思い浮かびます。彼らが弾くベースは 単にリズム・セクションとしての役割を超え、メロディー、ソロをも司る重要なパートを担っていたことが印象に残っています。

そしてもちろん、彼らはヴォーカリストとしても魅力的な存在。

1992年にサイモン・フィリップス(ds)を従えて来日したジャック・ブルースのステージを見た僕は、ベース・プレイ以上に その声の存在感に圧倒されたものでした。「Sunshine Of Your Love」を歌うクラプトンに Cream は感じられませんが ♪ It's gettin' near down ... と、ジャックが一節唸っただけで、その場所が colorful な光景に変わったのでありました。

ピアノの弾き語り「Can You Follow?」で静かに幕を開ける このアルバムは、ジャックにとってソロ3作目。ジャックのベースとピアノの他、クリス・スペディング(b)、ジョン・マーシャル(ds)というシンプルなバンド構成のもと、壮絶なライブとは裏腹に、緻密にコントロールされたスタジオ盤で魅せてくれたクリームの側面に近いサウンドを聴かせてくれます。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Rod Stewart / Every Picture Tells A Story ('71)

Every Picture Tells A Story

ロッド・スチュワート 『エヴリー・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー』

ジャケットに描かれている、マイクスタンドを握りしめて熱唱するロッドの姿には惚れ惚れしました。

ロッドのことを初めて知ったのは、このアルバム収録の「Maggie May」でした。何故かしら日本語読みすれば同じ "マギーさん" のことを歌ったジャニス・ジョプリンの「Me And Bobby McGee」を連想します。しゃがれた歌声、アコースティックなサウンドが良く似ていたからかもしれません。

曲の導入部には、シングル・ヴァージョンでは聴くことのできない、ちょっとしたアコギの間奏が入っており、これが効果的なアクセントになっています。エンディングのマンドリンの音色が、そのまま次曲の これまた名曲「Mandolin Wind」へとスムースに架け渡す役割を持っていて、曲の配置もお見事。

「Sailing」のせいか、人の曲を歌って有名になったイメージのあるロッド(確かにカバー曲が多い)ですが、アルバム1曲目の「Every Picture Tells A Story」も含めて これらの自作曲を聴いていると、もっともっと自分で曲を作れば良かったのにな … と思ってしまうほど、ロッドが優れたソングライターであることも証明しています。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Janis Joplin / Pearl - Legacy Edition ('05)

Pearl

ジャニス・ジョプリン 『パール ~レガシー・エディション~』 1971年に発売されたアルバムに、別ヴァージョンやカナダで行われたライブの模様を追加したデラックス仕様の2枚組 CD です。

洋楽を聴き始めた頃は、FM ラジオが一番の情報源で「FM レコパル」片手にエア・チェックにいそしんでいました。当時の FM は、今のように fade in - out を多用し、曲を流しっぱなしにするのではなく、DJ がアーティストや曲を丁寧に解説し「次の曲は…です」と曲が始まることをきちんと示し fade out することもなくまるまる1曲を放送... 時にはアルバム1枚丸ごと放送するなんてこともあったので、情報をキャッチするだけではなく、小遣いが少なくなかなかレコードを買うことができなかった少年時代には、音楽の録音手段としてとても大助かりだったのです。

何かのテーマに沿った特集番組も多く組まれていて(何の特集だったか忘れましたが)ジミヘン「紫のけむり」やプロコル・ハルム「青い影」と一緒にジャニス・ジョプリンの「ジャニスの祈り」を録音したカセット・テープがお気に入りで、それを繰り返し聴いていたものでした。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Van Morrison / Tupelo Honey ('71)

Tupelo Honey

ヴァン・モリソン 『テュペロ・ハニー』

ヴァン・モリソンは1970年『Moondance』をリリース後、生まれ故郷のアイルランドから NY のウッドストックへ移り住み、そこで『His Band And The Street Choir』を制作。翌年1971年に今度はカリフォルニアへ移動し、このアルバムの録音にとりかかりました。
His Band And The Street Choir

「カリフォルニアの青い空」なんて曲がありましたよね。会社の研修旅行で一度だけ西海岸へ行ったことがあるのですが、ほんとうに空が高くそして青く、風はさらさらとして実に気分の良いところでした。

ヴァンの歌声や曲調が明るく大らかに聞こえるのは、そんな土地柄が音楽に反映したのかな … と思ったら、この頃、ジャケットに写る馬に乗っている女性と結婚していたのですね。いずれにしても心身共に充実していたのでしょう。良い曲が多く揃っています。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Van Morrison / Moondance ('70)

moondance

ザ・バンドの『Music From Big Pink』('68) は、僕にはわかりづらいアルバムでしたが、1978年に映画公開された『The Last Walts』からは、ほんとうに色々教えていただきました。
The Band / Music From Big Pink ラスト・ワルツ〈特別編〉

ソロの途中でギター・ストラップがはずれ、見ているこっちの方が慌ててしまったエリック・クラプトンを初め、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ポール・バターフィールド、ボブ・ディランなどなど。初めて見る"動く"ミュージシャン達の姿を、映画館で食い入るように見つめていたことを思い出します。

そんな中に見知らぬお人が。小さくて、ずんぐりしていて。曲の終盤、短い手足を(失礼)精一杯広げながら、なんだか様にならない、ミュージシャンらしくないポーズを付けながらシャウトして、歌い終わるとさっさとステージの袖に引っ込んでいった人。

そう。「Caravan」を熱唱したヴァン・モリソンです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Rod Stewart / Gasoline Alley ('70)

Gasoline Alley

ロッド・スチュワート 『ガソリン・アレイ』

1曲1曲がじんわり染み入る曲ばかり。9曲中4曲がドラムレスという構成で全体的にフォーキーかつトラッドな風合いなので、第1期ジェフ・ベック・グループでの喉も張り裂けんばかりのシャウトにするロッドをリアルタイムで聞いてきたファンの方や、'70年代後半に大ブレイクを果たしたロッドから遡ってここに辿り着いた方は、さぞかし肩すかしを食らったことだろうと思います。

実際 僕は後者に属するのですが、初めて聴いたときは確かに物足りなかった。でも気がついてみれば、このアルバムから数枚が一番繰り返しターンテーブルに乗っていました。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Stephen Stills / same ('70)

Stephen Stills

スティヴン・スティルスの 1st ソロ 『スティヴン・スティルス』

ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトンの2人が1枚のアルバムにゲスト参加しているのは、このアルバムだけでしょうか。スティルス自身マルチなアーティストであるにもかかわらず 2人の超大物ギタリストを招いたのは、バッファロー・スプリングフィールドやアル・クーパー、マイク・ブルームフィールドとの『Super Sessin』('68)、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングを通じて培ってきた、ギタリストとしての意識の高さの表れ。個と個のぶつかり合い生まれるパワーとかエネルギーが好きだったのではないかな。と思っています。
Buffalo Springfield Again ('67) Al Kooper / Mike Bloomfield / Stephen Stills / Super Session

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
07≪│2017/08│≫09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。