スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Band / Cahoots ('71)

Cahoots

… となると、これも、きちんと記事にしなければ... ザ・バンド 『カフーツ』

『Stage Fright』('70)とともに、何故『Cahoots』を 1970年~1971年通過時点で取り上げなかったのかと問われれば、好きな曲はあるのに『The Band』('69)で感じた "自然さ" が足りなかったから... 人工的なサウンド作りのように感じられてしまったから... その辺りに戸惑いを感じながら、ついつい次へ次へと進んでしまったという訳なのです。

ですが、このアルバムには、ヴァン・モリソンとロビー・ロバートソン共作による、ヴァンとリチャード・マニュエルのデュエット曲「4% Pantomime」が収録されているので、ここでやらなきゃ何時やるんだ … みたいな勢いで、久しぶりで『Cahoots』を聴き込むことにしました。

その「4% Pantomime」では、「Oh, Richard」「Oh, Belfast Cowboy」(ヴァンは、北アイルランドのベルファスト生まれ)と互いを呼び合いながら、どうやら二人はポーカー・ゲームに興じているようです。エンディングでは、片手にウイスキーのボトルを持ち、もう一方の手で互いの肩をがっしり組んで La La La La La La ~♪ と、スキャットしている姿が目に浮かぶようです。

《The Last Walts》を見た感じでは、二人とも同じくらい(少し低め)の身長でしょうか。さぞかし微笑ましいレコーディング風景だったことでしょう。(Richard Manuel died on March 4, 1986 in Winter Park, Florida... R.I.P.)


1曲目「Life Is A Carnival」は、『Rock Of Ages』('72)のライヴ・ヴァージョンの方が体に馴染んでいる分、好きかな。お次は、ボブ・ディランの「傑作をかく時」か … ということで、早速...

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Van Morrison / His Band And The Street Choir ('70)

His Band And The Street Choir

さらりシリーズ第3弾。これは【ここで】さらり... やはり捨てがたい... ヴァン・モリソン 『ストリート・クワイア』

『Moondance』('70) と 『Tupelo Honey』('71) の間に位置するこのアルバムは、当時の交際相手:ジャネット・プラネットとともに、ウッドストックへと移り住んだ 1970年にリリースされています。

環境の変化と、ジャネットへの(からの)愛情がそうさせたのか、『Moondance』のピリリと張り詰めた緊張感は若干薄れ、どこかしらゆったりとした安らぎと余裕が感じられます。

それらは、ヴァンらしい R&B、R&R スタイルの曲の合間に挟み込まれた、逆にヴァンにしては珍しいアコースティックな仕上がりの曲 … ヴァン自身が吹くサックス・ソロも聴き物の「Crazy Face」... 切々としたラヴソング「I'll Be Your Lover, Too」... トロピカル・ムードも漂う「Virgo Clowns」などの雰囲気から感じ取ることができると思います。

ヴァンはきっと、私的に幸せの絶頂にいたんだろうな...

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Delaney & Bonnie & Friends / To Bonnie From Delaney ('70)

To Bonnie From Delaney

さらりシリーズ第2弾。このアルバムは【ここで】さらりだったので、やはり取り上げることにしました。デラニー&ボニー&フレンズ 『デラニーよりボニーへ』

エリック・クラプトンが『ソロ』('70)で独り立ちし、レオン・ラッセルが、デラニ&ボニーの "フレンズ" を引き抜き、ジョー・コッカーのサポート・バンド:マッド・ドッグス&イングリッシュメン結成('70) したため、新フレンズのメンバーを集めた D&B が、ニューヨークのデッカ・スタジオと、マイアミのクライテリア・スタジオの2ヶ所でレコーディングを行ったアルバムです。

そんなこんなの思いもあったのでしょうか。「どんなに頑張ってみても、俺には不運とトラブルがつきまとう...」とデラニーが歌う「不運とトラブル:Hard Luck And Troubles」で、アルバムは幕を開けます。ですが、それを嘆く風もなく、熱くシャウトするデラニーには爽快感さえ覚えます。

「何かをきっかけに、苦労と努力が報われるときがやってきた」。そうなんです。いつまでも落ち込んでいるよりは、明るく振る舞っている方が、幸運は早くやってくるものだ … そんなことを、デラニーが教えてくれたのでありました。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Rita Coolidge / same ('71)

Rita Coolidge

以前【ここで】さらりと流してしまったので、やはりきちんと押さえておきましょう。リタ・クーリッジのデビュー・アルバム 『リタ・クーリッジ』

ジャケット後方に写る藪の中から出てきたような、野性味溢れる風貌のリタ・クーリッジ。リタが見つめる先に動いているのは、草原をしなやかに疾走している豹(ヒョウ)なのかもしれません。

その豹の動きが、リタに乗り移ったのでしょうか。ここで聴けるリタの歌声は、ワイルド かつ しなやか... 動物的な感覚を受けるのです。

トレイシー・ネルソンのことを、エリック・カズを歌うために … だなんて、少し大袈裟に表したこともありましたが、同様に「マーク・ベノを歌うために生まれてきた女性シンガー」と、リタを表しても差し障りないでしょう。

ここでは、スティヴン・スティルスの鮮やかなフィンガー・ピックを伴奏に、涼しげに歌うリタの歌声が印象的な「友の微笑み:Second Story Window」。スプーナー・オールダムの厳かなピアノ、オルガン・プレイをバックに、静かながらも包容力豊かに歌い上げる「(I Always Called Them) Mountains」… と、2曲のマーク作品を取り上げ、見事に自分のものにしています。

アート・ガーファンクルとジミー・ウェッブの関係がそうだったように、自ら曲を書かないシンガーにとって、自分の歌声や、持ち合わせている精神性と相性の良い曲を書くソングライターと出会うことは、何物にも代え難いことだっただろうと思います。その出会いによって、自分の音楽人生がより豊かなものになるかどうかが、かかっていたのですから...

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Marc Benno / same ('70)

Marc Benno

マーク・ベノのデビュー・アルバム 『マーク・ベノ』

このアルバムも記事にし忘れ。[ ホーム&ヒューマン・ナビ ] の white さんが【こちら】で紹介していらっしゃったのを拝見し、はたと気がつきました。

忘れかけていた物を思い出させてくれる...。皆様のおかげと感謝しております。

さて。この『Marc Benno』は、リタ・クーリッジがデビュー・アルバム『Rita Coolodige』('71)で取り上げていた「Second Story Window」、2nd『Nice Feelin'』('71)の1曲目を飾った「Family Full Of Soul」、タイトル・ソングとなった「Nice Feelin'」と、3曲のセルフ・テイクを含んだ、マーク・ベノのデビュー・アルバムです。


各曲ともに、リタのアルバムの中においてハイライト・ソングとなっていましたが、アコギ弾き語りに、ブッカー・T・ジョーンズの明るいキーボード・サウンドと、ライ・クーダーのスライド・プレイが色を添える「Second Story Window」。リタ&プリシア・クーリッジがハーモニーに加わっただけでスワンプ臭・ゴスペル臭ぷんぷんの「Family Full Of Soul」「Nice Feelin'」と、マーク本人の "ほにゃらか" バージョンも、かなりいけてます。

だけど、それだけで終わらないのが、このアルバムの素晴らしいところ。white さんがおっしゃるとおり、2nd『雑魚』の影に隠れがちですが、聴きどころ満載のアルバムなのです。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Don Nix / In God We Trust ('70)

In God We Trust

ドン・ニックス 『イン・ゴッド・ウィ・トラスト』

ジェシ・エド・デイヴィスエリック・クラプトン … と、ジョージ・ハリスン『The Concert For Bangladesh』 繋がりで、ドン・ニックス...。否。[ 3度のメシよりCD ] の shintan さんが 【こちら】 で『In God We Trust』を取り上げていらっしゃったのを拝見し、記事にするのをすっかり忘れていた … というのが真相。

これは、ドンのデビュー・アルバム。録音はマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオ。例によって例の面子が、手堅い演奏でバックアップしています。

ゴリゴリと押されまくると、つい引いてしまう悪い癖を持った相撲取り … のような僕ですが、スマートで、そして甘い薫りが漂うドンの歌声が好き。ソングライターとして、アレンジャーとして高い能力を持ったドンが好き。そして「ワニが出没する場所」で暮らしているような風貌のドンが好き。このジャケットに写るドンのポーズを物真似したのは、きっと僕だけではないと思います。

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Eric Clapton <Deluxe Editon> ('06)

Eric Clapton <Deluxe Edition>

エリック・クラプトン 『エリック・クラプトン・ソロ <デラックス・エディション>』

これまた、今さら … ですが、エリック・クラプトン 1st ソロ『Eric Clapton』('70)の<Deluxe Edition>。トム・ダウドによる既発表ミックス(以下[TD])盤1枚に、デラニー・ブラムレットによる未発表オリジナル・ミックス(以下[DB])盤1枚を追加した CD 2枚組。それぞれのディスクには計7曲のボートラが追加され、昨年2006年に発売されました。

両ミックスの違いを徹底検証っ … とまではいきませんが、僕が聞き比べて感づいたことを、下記に列挙してみました。(曲順は既発の〔TD〕に準じた)

続きを読む

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

Profile

ocean

Author:ocean
◆ 2009年10月
Sony DSC-HX1 写真を撮り始める
◆ 2010年4月
PENTAX K20D でデジタル一眼デビュー
◆ 2014年6月
PENTAX K-5IIs へ機種変更
◆ 2014年10月
OLYMPUS OM-D E-M10 追加入手

その他、中学生の頃に井上陽水、The Beatles、Eric Clapton で音楽の素晴らしさに目覚めて以来、ず~っと聴き続けています♪

カウンター
Calendar
12≪│2017/03│≫10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Tag Cloud
Categories

openclose

Recent Comments
Last.fm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。